【安くて強いデッキ:「銀河巨神竜」デッキを紹介】「リンク紹介」対応、おすすめデッキだぜ!

公開日: : 遊戯王 デッキ紹介 ,

今回は管理人がはまっている「銀河巨神竜」のデッキを紹介していこうと思います。たぶんエクストラを除けば、安く作れると思います。

「リンク召喚」で「銀河眼」は少なからずダメージをくらったのですが、まだまだ戦えます。フリー用なのですが、そこそこ強いかなと思っています。コンセプトは強いエクストラモンスターを出せばいいです

1体しか出せないのですが、「ノヴァインフィニティ」や「ダークマター」出して墓地のドラゴンを落とせば相手に妨害できるので、まあまあ強いです。

では、紹介していきます!

スポンサーリンク

銀河巨神竜デッキ

基本的に後攻をとっており、後攻から一気に攻めていくデッキです。(※環境関係なく作っているので、そこはスルーしておいてください。)

最近まで、このデッキはずっと放置していて使っていなかったのですが、《戦線復帰》が収録されてこれは「使えるな!」と思い、作り直すことに・・・

メインデッキ(40枚)

モンスターカード(16枚)

銀河眼の光子竜×2枚
銀河戦士×3枚
銀河の魔導師×3枚
 巨神竜フェルグラント×1枚
アークブレイブドラゴン×1枚
白き霊龍×1枚
 青眼の白龍×1枚
 太古の白石×1枚
海亀壊獣ガメシエル×2枚
古聖戴サウラヴィス×1枚

魔法カード(21枚)

銀河遠征×3枚
トレード・イン×3枚
復活の福音×3枚
チキンレース×3枚
竜の渓谷×1枚
テラ・フォーミング×1枚
簡易融合×1枚
竜の霊廟×1枚
ツインツイスター×2枚
  ソウル・チャージ×1枚
死者蘇生×1枚
ハーピィの羽箒×1枚
ブラック・ホール×1枚

罠カード(3枚)

戦線復帰×3枚

エクストラデッキ(15枚)

No.95ギャラクシーアイ ズ・ダークマタードラゴン×1枚
ギャラクシーアイズFA・ フォトン・ドラゴン×1枚
銀河眼の光波刃竜×1枚
No.62銀河眼の光子竜星×1枚
No.107銀河眼の時空竜×1枚
銀河眼の光波竜×1枚
No.38希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1枚
超銀河眼の光子龍×1枚
サイバー・ドラゴン・ノヴァ×1枚
サイバー・ドラゴン・インフィニティ×1枚
セイクリッド・トレミスM7×1枚
セイクリッド・プレアデス×1枚
No.23冥界の霊騎士ランスロット×1枚
重装機甲パンツァードラゴン×1枚
蒼眼の銀龍×1枚

以上がデッキ構成です。続いては・・・

デッキの考察についてしていきます。レッツゴー・・・

銀河巨神竜デッキに関する考察

「銀河巨神竜」についてぐだぐだ考察していきます。でば、いごう。

モンスターカードに関して

「銀河眼」の枚数

  • 銀河眼の光子竜×2枚
  • 銀河戦士×3枚
  • 銀河の魔導師×3枚

銀河戦士と銀河の魔導師は確実に3枚欲しいところです。(ノーマルだから軽く手に入れられると思う。)

召喚権は基本《銀河の魔導師》にしか使わないです。《遠征》サーチやランク8要因になるので、かなり重宝する1枚です。

銀河戦士》は言うまでもないのですが、「ノヴァインフィニティ」になるためです。【※《増殖するG》うたれたらつらい】

「巨神竜」の枚数

  • 巨神竜フェルグラント×1枚
  • アークブレイブドラゴン×1枚

2枚しか入っていません。これくらいでちょうど回ります。

「青眼」の枚数

  • 白き霊龍×1枚
  • 青眼の白龍×1枚
  • 太古の白石×1枚

「青眼」のギミックの方が多いじゃんってなりますが、「銀河巨神竜」と言わせてください。お願いします。

基本的に、《霊廟》や《ダークマター》、そのほかにも《トレード・イン》で落とせるので、文句なしに採用。《白石》が最終的に強い。

エキストラの皆さん

  • 海亀壊獣ガメシエル×2枚
  • 古聖戴サウラヴィス×1枚

後攻とるので、《ガメシエル》さんを採用、レベル8というものなお良し。

サウラヴィス》は手札誘発としても最高なのですが、《ダークマター》でこのカードを落とすこともできるので採用!(※蘇生制限で蘇生できない・・・

魔法・罠カードに関して

  • 銀河遠征×2枚
  • トレード・イン×3枚
  • 復活の福音×3枚

ここらへんの魔法カードが「銀河巨神竜」の強みですね。

  • チキンレース×3枚
  • 竜の渓谷×1枚
  • テラ・フォーミング×1枚

フィールド魔法も欠かせないですね。たまに手札事故が起きるので、《チキンレース》を採用しています。

  • 簡易融合×1枚
  • 竜の霊廟×1枚
  • ツインツイスター×2枚
  • ソウル・チャージ×1枚
  • 死者蘇生×1枚
  • ハーピィの羽箒×1枚
  • ブラック・ホール×1枚

あとは見ての通りかな・・・

簡易融合》は、《銀河戦士》が1枚の時や、《銀河戦士》が1枚だけ余ってしまったときに《プレアデス》→《トレミス》につなげていきます。

罠カードに関して

  • 戦線復帰×3枚

このデッキを作り直すきっかけを作ってくれたカード、基本的に《巨神竜フェルグラント》や《白き霊龍》を出しています。

リビングデッド》だと破壊されると、モンスターも吹っ飛ぶので、このカードは、かなりありがたいカードになりました。感謝するよ、ナースのおっさん。守備表示で出しても、上記の2枚は守備が高いので、あまり気にしない。

基本的に相手ターンにうつか、自分ターンに《銀河戦士》作ってランク5の流れですね。

エクストラに関して

基本的に出せれば強いモンスターしか採用していません。(※「超銀眼」は、他に何入れるかおもいつかなかったので、適当に採用しています。なくても良いカード)

「銀河眼」→ダークマター枠

  • No.95ギャラクシーアイ ズ・ダークマタードラゴン×1枚
  • ギャラクシーアイズFA・ フォトン・ドラゴン×1枚
  • 銀河眼の光波刃竜×1枚
  • No.62銀河眼の光子竜星×1枚
  • No.107銀河眼の時空竜×1枚
  • 銀河眼の光波竜×1枚
  • 超銀河眼の光子龍×1枚

言うまでもなく、結構出します。以上

  • No.38希望魁竜タイタニック・ギャラクシー×1枚

ランク5も強いぜ!

  • サイバー・ドラゴン・ノヴァ×1枚
  • サイバー・ドラゴン・インフィニティ×1枚
  • セイクリッド・トレミスM7×1枚
  • セイクリッド・プレアデス×1枚

銀河戦士》、または《簡易融合》から出てきます。ほぼほぼ出てくるエクシーズモンスターと言っても過言ではないでしょう。

このデッキの強みですね。ただただ《銀河戦士》が強い。

  • No.23冥界の霊騎士ランスロット×1枚

簡易融合》から・・・

  • 重装機甲パンツァードラゴン×1枚

白石》+《青眼の白龍》とシンクロ

  • 蒼眼の銀龍×1枚

基本的に相手妨害のカードばかりの採用になっています。

以上がデッキ考察です。

まとめ

以上、「銀河巨神竜」に関するデッキ紹介でした。

まあ、使っていてなかなか面白いデッキなので、ぜひ作って見てください。多分安く作れる思うので・・・(※ほぼほぼストラクと再録カードだけです。メインデッキは・・・)

何かわからないことはコメントtwitterで聞いてください。答えられる範囲でお答えします。【※返信が遅れたら、すみません】

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    エクストラだけで5kは確実に行くな

  2. 匿名 より:

    トレミスはガイドラの方がいいかと
    高いですが

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

  • 「赤の魔導書」をよろしくお願いします。

    管理人はとにかくアニメとマンガとライトノベル、そして遊戯王カードのイラストを見るのが大好きです。

    好きだからこそ、伝えていきたくて「赤の魔導書」というブログを開設しました。

    「相互リンク」受付中です。

  • 遊戯王あんてな
  • ロゴ

  • ロゴ

PAGE TOP ↑