タブー・タトゥー 11話感想 セーギVSカル、運命の決着に終止符を

タブー・タトゥー11話の感想です。いよいよ最終局面ですね。果たしてどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

img_7844

セーギがいよいよアリヤのいる遺跡に突入した時、そこに待ち構えていたのはカルだった。
セーギはボイドを使おうとするも、呪文が起動せず・・・

カルはBBによって呪文が使うことができなくなり、そのためにノイズキャンセラー(呪文を起動することをできなくさせる)を手に入れた。
心技体を極めた、最強の無能者と・・・

img_7846

「俺に敗けても惚れんじゃねえぞ、こんなガキに」

img_7847

一方、玉城はというと、かなり強い。

img_7848

そしてイジ―は2体1でかなりてこずっている。
もうここからは下ネタの連発である・・・

img_7850

そこに助っ人がきて、イジ―はリサ相手に一発お見舞いし、イルを倒す。
あれだけ強かったイルがあっけなくやられてしまったことは驚きですね。

img_7851

そしてイジ―はラーカーにも一発の銃弾を、そしてそれは毒弾
こいつって海馬瀬戸の声の人って今、知ったんですけど・・・

img_7852

タマキーーーー
ファッキンヘッドもろとも相手を撃破

img_7854

アリヤが神になることはアリヤと姉妹は融合し、アリヤの人格自身も失われることになるらしい。
そしてその思考は、絶えず上書きされる。

自分もまた人間であり、憎い存在なのであり、アリヤ自身も人間ではなくなる。

img_7857

セーギとカルは互角の戦いを繰り広げるのだが、ここで一気にカルは勝負に出る。

img_7858

img_7859

そしてセーギもカルに対して正々堂々、真正面から・・・
BBの支えもあり、カルに重い一撃を!!

img_7860

そこに遺跡を吸収したアリヤが現れる。
ラスボスにふさわしい

img_7862

セーギはアリヤに立ち向かっていくも、全然歯が立たない。
アリヤは何個の能力を使えるんだ?

この羽根は天使を模しているのかな?

img_7863

憎悪を持った時点で、セーギはアリヤの能力を使えないらしい。
はっきり言って、天と地ほど力が開いています。

img_7865

イジ―達はセーギの元に駆け付けるのだが、そこで目にした光景はセーギがもうやられている姿であった。

次回は最終回です。
セーギVSアリヤの決着はどうなってしまうのでしょうか?

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

  • 「赤の魔導書」をよろしくお願いします。

    管理人はとにかくアニメとマンガとライトノベル、そして遊戯王カードのイラストを見るのが大好きです。

    好きだからこそ、伝えていきたくて「赤の魔導書」というブログを開設しました。

    「相互リンク」受付中です。

  • 遊戯王あんてな
  • ロゴ

  • ロゴ

PAGE TOP ↑