*

「どろろ」感想と評価 2019年冬アニメのダークホース!

「どろろ」というアニメをご存じでしょうか?

この作品は、『MAPPA』が制作したアニメであり、原作は『サンデーコミックスです。

今回は、「どろろ」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「どろろ」の評価と感想

画像は【TVアニメ「どろろ」公式twitter】より引用

2019年冬アニメのダークホース! 世界観の素晴らしさ、ダーク感を醸し出す演出は最高の一言!

手塚治虫」先生の「どろろ」。

文句なしに面白い……、面白すぎるし、クオリティがかなり高い!

原作は未読で2019年アニメで初めて見たのですが、あの世界観、あのダークファンタジー感を醸し出す演出は最高でした。

最初「どろろ」っていうタイトルに「んっ?」となりましたが、次第に「どろろ」から見えてくる視点とそこがいかに悲しい世界なのかが分かってきます。

また、一話ごとに人間性を取り戻していく「百鬼丸」の心情をうまく表現しているのもこのアニメの魅力。

身体のあちこちが欠けている「百鬼丸」……、そんな彼が話数を重ねていくにつれ取り戻していく自分の身体と感情、そして弱くなっていく「百鬼丸」。

特に第五話の「守り子唄の巻・上」と第六話の「守り子唄の巻・下」は印象に残っていますね~

ほぼほぼ一話完結のアニメであり、毎話毎話引き込まれるはずですので、気になった方はぜひ見てみて下さいな!

そんな「どろろ」の評価は、10点中10点です。

ここから「どろろ」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「どろろ」の主なストーリー

醍醐の国の主「醍醐景光(だいごかげみつ)」は、ある寺のお堂で十二体の鬼神像に領土の繁栄を願い出た。

それと引き換えに、生まれた「景光」の赤ん坊は身体のあちこちが欠けており、忌み子として母親と引き離され捨てられてしまう。

時は流れ、鬼神は「景光」との約定を果たし、国には平安が訪れた。

一方、「どろろ」という幼い盗賊はある日、「百鬼丸」という男に出会うことになる……、のだが……。

それは、鬼か人か

その男は両腕に刀を仕込む全身作り物の身体であり、その見えない瞳で襲い来る化け物を見据えていた。

「どろろ」の登場人物

登場人物:声優

  • 百鬼丸(ひゃっきまる):鈴木拡樹
  • どろろ:鈴木梨央
  • 醍醐景光(だいごかげみつ):内田直哉
  • 多宝丸(たほうまる):千葉翔也
  • 寿海(じゅかい):大塚明夫
  • 琵琶丸(びわまる):佐々木睦
  • 縫の方(ぬいのかた):中村千絵

アニメーション会社

  • MAPPA

以上、「どろろ」の紹介でした。

気になった方はぜひアニメの配信や円盤を借りるなどをして見てみて下さい!

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,250人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑