【遊戯王 高騰:八汰烏(やたがらす)の骸(むくろ)】バージェストマの影響かな?

公開日: : 遊戯王 高騰情報

八汰烏(やたがらす)の骸が高騰しています。バージェストマのドローソースとして最近使われています。

スポンサーリンク

八汰烏(やたがらす)の骸(むくろ)の平均価格<9月20日現在>

目次

ウルトラでは、1枚約300円~400円くらいです。
シークレットはあまり出品されていないのですけど、ヤフオクではだいたい1500円くらいです。

レアリティにこだわらなければ、ノーマルが断然安いです。

img_8145-2

八汰烏(やたがらす)の骸(むくろ)
通常罠
次の効果から1つを選択して発動する。
●自分のデッキからカードを1枚ドローする。
●相手フィールド上にスピリットモンスターが表側表示で存在する場合に発動する事ができる。自分のデッキからカードを2枚ドローする。

バージェストマのドロソとしてかなり使い勝手が良いそうです。

このカードもドロソとして、優秀ですね。

img_8148-2

強欲な瓶
通常罠
➀自分はデッキから1枚ドローする。

効果はほぼ同じなんですが、来月発売のレイジング・テンペストに収録される新規テーマ霊魂鳥の影響もあってか、八汰烏(やたがらす)の骸(むくろ)の方が最近注目されています。

最近ドロソで高騰したカードと言えば、命削りの宝札ですね。

命削りの宝札の平均価格<9月20日日現在>

1枚約1500円くらいします。

IMG_4905 (2)

命削りの宝札
通常魔法
「命削りの宝札」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①自分は手札が3枚になるようにデッキからドローする。このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。このターンのエンドフェイズに、自分の手札を全て墓地へ送る。

このカードはガエルバージェストマで採用されているカードですね!

バージェストマでは、このカードのドロソも注目れています。

img_8149-2

積つみ上あげる幸福
通常罠
チェーン4以降に発動できる。デッキからカードを2枚ドローする。同一チェーン上に複数回同名カードの効果が発動している場合、このカードは発動できない。

img_8146-2

無謀な欲張り
通常罠
自分のデッキからカードを2枚ドローする。その後、自分のドローフェイズを2回スキップする。

個人的に一番強いと思ったのが無謀な欲張りですね。
ドローフェイズ2回スキップというデメリットに目が向くかもかもしれませんが、2ドローはさすがに強いし、そのあとの展開においてもかなり有利に進められると思います。

ドロソとは関係ないが注目されているカード

img_8147-2

和睦の使者
通常罠
このターン、相手モンスターから受ける全ての戦闘ダメージは0になり、自分のモンスターは戦闘では破壊されない。

バージェストマの罠紹介みたいな感じになってしまいましたが、バージェストマの影響で八汰烏(やたがらす)の骸(むくろ)が高騰していることが伝えたかったことです。

今日はここまで

ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    このカード群全て活路エクゾでつかえますね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 最果てのパラディンの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「最果てのパラディン」というラノベをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、『このライトノベルがすごい!2018』で第14位にランクインしています。 今回はこの […]

    青春ブタ野郎シリーズの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「青春ブタ野郎シリーズ」というラノベをご存じでしょうか? この作品は『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「青春ブタ野郎シリーズ」の評価や感想を書いていこうかと思います。 この作品を知らない人はぜひとも […]

    転生したらスライムだった件の評価と感想

    「転生したらスライムだった件」という漫画を知っていますか? この作品は”小説家になろう”で投稿されており、それが小説として書籍化され、さらにその作品が漫画となって書籍化されました。 今回はこの作品を知らない人のために、こ […]

    りゅうおうのおしごと!の評価と感想 アニメの展開はどうなる

    「りゅうおうのおしごと!」に関する評価や感想を述べていきたいと思います。 また、アニメの展開はどうなっていくのかもネタバレ要素ほぼほぼなしで書いていこうと思います。 アニメは2018年1月8日からとこれから楽しみであり、 […]

    やがて恋するヴィヴィ・レインの評価と感想

    「やがて恋するヴィヴィ・レイン」というライトノベルを知っていますか。 この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 『このライトノベルがすごい!2018』でも第11位にランクインしています。 今回はこの作品を知ら […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑