【遊戯王 値上がり:火之迦具土<ヒノカグツチ>】霊魂鳥の影響でしょう。

公開日: : 最終更新日:2016/09/27 遊戯王 高騰情報

火之迦具土<ヒノカグツチ>が最近、値上がりしています。霊鳥魂の発表によりじわじわと注目されています。でも本当に使えるのかといったら謎です。再録はかなりされています。最初に収録された「メソロジカル エイジ-蘇りし魂-」は15年前に発売されたパックです。

スポンサーリンク

火之迦具土<ヒノカグツチ>の平均価格(9月27日現在)

1枚約250円~300円くらいです。
霊魂鳥の発表前は、100円もしなかったカードです。

img_7930-3

火之迦具土<ヒノカグツチ>
星8 炎族 炎属性 攻2800 守2900
スピリットモンスター
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時に発動する。次のターンのドローフェイズのドロー前に相手は手札を全て捨てる。

戦闘ダメージを与えることで、相手の手札を全て捨てさせるのだが、スピリットはエンドフェイズに手札に戻ってしまうため、かなり出すのが難しい。

だが、一応出せなくもないです。

img_8153-2

霊魂鳥神ー彦孔雀
星8 鳥獣族 風属性 攻3000 守2500
儀式・スピリットモンスター
「霊魂の降神」により降臨。このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
➀このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドのモンスターを3体まで選んで持ち主の手札に戻す。その後、手札からレベル4以下のスピリットモンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。
➁このカードが特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動する。このカードを持ち主の手札に戻し、自分フィールドの「霊魂鳥トークン」(鳥獣族・風・星4・攻守1500)2体を特殊召喚する。

このカードを出せれば、2体モンスターがそろうので出せなくもないですが手札をかなり使います。

決まれば、手札に戻したカードもろとも全て墓地送りに!

他にも利点もあるっちゃありますね。

トレード・インのコストにできます。
この点は非常に使えますね。彦孔雀もレベル8なので、その点は相性が良い。

霊魂の降神のリリース要員として使えるのも良いかな。墓地からでもリリースできるし!

といっても本当に霊魂鳥(エスプリット・バード)に入るのかは分かんないですね。個人的には1枚もっておこうかなと思っています。

<追記>死皇帝の陵墓などでも出せますが、堕天使やKozmoなどもあるため、そこまで採用しようと思わないかな

今日はここまで

ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 転生したらスライムだった件の評価と感想

    「転生したらスライムだった件」という漫画を知っていますか? この作品は”小説家になろう”で投稿されており、それが小説として書籍化され、さらにその作品が漫画となって書籍化されました。 今回はこの作品を知らない人のために、こ […]

    りゅうおうのおしごと!の評価と感想 アニメの展開はどうなる

    「りゅうおうのおしごと!」に関する評価や感想を述べていきたいと思います。 また、アニメの展開はどうなっていくのかもネタバレ要素ほぼほぼなしで書いていこうと思います。 アニメは2018年1月8日からとこれから楽しみであり、 […]

    やがて恋するヴィヴィ・レインの評価と感想

    「やがて恋するヴィヴィ・レイン」というライトノベルを知っていますか。 この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 『このライトノベルがすごい!2018』でも第11位にランクインしています。 今回はこの作品を知ら […]

    ワンパンマンの評価と感想 アニメの続きはどんな展開!?

    「ONE PUNCH-MAN(ワンパンマン)」という作品をご存じでしょうか? 管理人はアニメから見始めたのですが、予想外の面白さで、アニメの続きも漫画で読んでいます。 今回は、そんな「ワンパンマン」のアニメの感想と評価を […]

    月とライカと吸血姫の評価と感想

    「月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)」というライトノベルを知っていますか? この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 ちなみに、『このライトノベルがすごい!2018』で第3位に輝いた作品です。 今回は、この […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑