【《混沌の使者》効果判明】カオスソルジャーの欠点は解決していない!

公開日: : 最終更新日:2016/10/05 レイジング・テンペスト

《混沌の使者》の効果が判明しました。このカードは遊戯王レイジング・テンペストに収録されるカードです。待望のカオスソルジャー強化ですが、既存のカオスソルジャーとかみ合わない点もあるのは事実です。

スポンサーリンク

目次

混沌の使者の効果

image

《混沌の使者》
レベル4 戦士族 闇属性 攻1500 守0
効果モンスター
➀自分・相手のバトルフェイズにこのカードを手札から捨て、自分フィールドの「カオスソルジャー」モンスターまたは「暗黒騎士ガイア」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで1500アップし、このターンそのモンスターと戦闘を行う相手モンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ元々の攻撃力になる。
➁自分・相手のエンドフェイズにこのカードが墓地に存在する場合、自分の墓地からこのカード以外の光属性と闇属性のモンスターを1体づつ除外して発動できる。このカードを手札に加える。

混沌の使者効果考察

戦闘補助としてはかなり優秀なモンスターです。「カオスソルジャー」モンスターだけでなく、「暗黒騎士ガイア」モンスターまでもターン終了時まで1500アップし、そのモンスターと戦闘するモンスターの攻撃力は元々の攻撃力に!

ホープ・ザ・ライトニングに向けられた殺気を凄まじく感じます。

バトルフェイズ開始時に効果を使えば、ホープ・ザ・ライトニングの牽制にはなります。そして攻撃力も変化せず、2500のままです。だが、果たしてそこまでホープ・ザ・ライトニングを相手は使ってくるのかと言われれば、他のエクシーズモンスターを使うだろう。

もしカオスソルジャーのデッキだと相手にばれていたら、カステルをぶつけてくるのが妥当だと考えても良い。

墓地の光属性と闇属性を除外してサルベージ

image

除外するモンスターは当然、このカード達

《開闢の騎士》
星4 戦士族 光属性 攻500 守2000
効果モンスター
「開闢の騎士」の➀➁の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
➀このカードを使用して儀式召喚した「カオス・ソルジャー」モンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。
●このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。
➁墓地のこのカードが除外された場合に発動できる。デッキから儀式魔法カード1枚を手札に加える。

《超戦士の儀式》をサーチできます。

image

《超戦士の儀式》
儀式魔法
「カオス・ソルジャー」儀式モンスターの降臨に必要。
「超戦士の儀式」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
➀自分の手札・フィールドから、レベルの合計が8になるようにモンスターをリリースし、手札から「カオス・ソルジャー」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
➁自分の墓地からこのカード及び光属性モンスター1体と闇属性モンスター1体を除外して発動できる。手札から「カオス・ソルジャー」儀式モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

image

《宵闇の騎士》
星4 戦士族 闇属性 攻500 守2000
効果モンスター
「宵闇の騎士」の➀➁の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
➀このカードを使用して儀式召喚した「カオス・ソルジャー」モンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。
●1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。相手の手札をランダムに1枚選び、次の相手エンドフェイズまで裏側表示で除外する。
➁墓地のこのカードが除外された場合に発動できる。デッキから儀式モンスター1体を手札に加える。

《超戦士カオス・ソルジャー》をサーチできます。
儀式モンスターだからなんでもいけるのですが、基本的にカオスソルジャーをサーチするでしょう。

image

《超戦士カオス・ソルジャー》
儀式・効果モンスター
星8 戦士族 地属性 攻3000 守2500
「超戦士の儀式」により降臨。
自分は「超戦士カオス・ソルジャー」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
➀このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
➁このカードが戦闘または相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「暗黒騎士ガイア」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

だが除外ばかりしていると使えなくなるカードもあるのは事実

image

《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》
星8 戦士族 光属性 攻3000 守2500
効果モンスター
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。このカードの➀➁の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
➀フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
➁このカードの攻撃で相手モンスターを破壊した時に発動できる。このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。

墓地除外の役割が完全にかぶっています。

そのために《聖戦士カオス・ソルジャー》がいるのだが、そんなに場に出ないのも事実である。

image

《聖戦士カオス・ソルジャー》
星8 戦士族 光属性 攻3000 守2500
効果モンスター
「聖戦士カオス・ソルジャー」の➀の効果は1ターンに1度しか使用できない。
➀このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、除外されている自分の光属性または闇属性のモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。その自分のカードを墓地に戻し、その相手のカードを除外する。
➁このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、自分の墓地のレベル7以下の戦士族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

ちょっと弱いかもです。(ここからはきつめでガチで考察していきます)

まず、カオスソルジャーの一番の欠点は制圧力がないということだ。

・上級のカオスソルジャーにせよ、とにかく盤面を返されてしまうことが多いということ。それを補うことができていない。
・このカードの除外してサーチの遅さも目立つ。墓地2枚を除外したら儀式魔法カードと儀式モンスターカードをサーチできるのだが、それでは遅すぎます。どうしても初ターンに使えないことが難点です。初ターンにきたら腐っちゃうかもです。(マンジュとかソニックバードがいるので、初ターンに使うことだけが問題ではないのだがそれでも遅い)
・そして先ほども述べたのですが、《カオス・ソルジャー -開闢の使者-》と《超戦士の儀式》と墓地除外がかぶっているということです。

カオスソルジャー強化とは程遠いような気がする1枚です。

渋めの考察になってしまいましたが、カオスソルジャーの強化を期待していた人は少なからず、「あぁ~」と思った方もいるのではないでしょうか。
でも戦闘補助としては使えるので、デッキに1枚か2枚入れてみるのもどうでしょう。

ここまで見てくれてありがとうございました。

今日はここまで

ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    聖戦士のイラストが宵闇の使者になっていますよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

  • フォロー待ってま~す!

    管理人はとにかくアニメと遊戯王が大好きです。

    好きだからこそ、伝えていきたくて「赤の魔導書」というブログを開設

  • 遊戯王あんてな
  • ロゴ

  • ロゴ

PAGE TOP ↑