【遊戯王 高騰:バイトロン】十二獣帝の影響でかなり高騰!

公開日: : 遊戯王 高騰情報 ,

image

本当に出張されまくりの「十二獣」、今度の出張先は「帝」です!
その「十二獣帝」の影響で《バイトロン》が高騰しています。このカードは「パワー・オブ・ザ・デュエリスト」で収録されたカードです。今から約十年前に発売されたパックで《フューチャー・フュージョン》や絶賛高騰中の《オーバーロード・フュージョン》が収録されたパックでもあります。

ちなみに《バイトロン》は普通に収録されているノーマルカードです。

スポンサーリンク

バイトロンの平均価格(10月12日現在)

1枚約200円~250円くらいです。
たぶんヤフオクやメルカリなどで購入せず、ショップであさったら出てきそうなカードですね。絶対あるようなカード。
Amazonも若干高いような気がします。

image

バイトロン
星6 爬虫類族 水族性 攻2400 守1000
効果モンスター
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が越えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

「十二獣帝」の影響により高騰

なんでこの効果で高騰しているのかというと、十二獣帝に入るからだと思います。

展開として

一般的な十二獣の流れからアドバンス召喚までもっていけます。

ベイゴマ→タケトンボ―グ→インヴォーカー
そしてインヴォーカー→モルモラット、または十二獣の会局からモルモラット

そこから十二獣の展開パターンでフィールドにドランシアとランク4が立てられるモルモラット2体が立ちます。
そこからランク4の《キングレムリン》を立てます。

image

キングレムリン
ランク4 爬虫類族 闇属性 攻2300 守2000
効果モンスター
レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。デッキから爬虫類族モンスター1体を手札に加える。

そこからアドバンス召喚のための《バイトロン》をサーチします。
後は《キングレムリン》をリリースするなどして、《帝王の開岩》効果で《アイテール》などをサーチです。
しかも《バイトロン》の攻守が2400/1000だから地味に《開眼》に適応しています。

ブリリアント・フュージョンとの違い

ブリリアント帝に関して

  • ブリリアント・フュージョン》からでも《セラフィー》出してリリースして同じ流れができるのですけど、手札に《ブリリアント・フュージョン》とアドバンス召喚のための何かが必要で手札を2枚必要とします
  • また《ジェムナイト・ラズリー》などをデッキに入れないといけないためデッキを圧迫したり、手札事故の要因になります。手札にきたら腐っちゃいますから・・・

十二獣帝に関して

  • ベイゴマあるいは会局1枚から展開可能です。
  • 十二獣においてはスムーズにリリースまでもっていけると思います。また手札に来てほしくないカードは《バイトロン》だけなので、事故率は減ると思います。

ブリリアント帝より普通に強いと思います(増Gうたれたらドンマイですけど)。

今回は《バイトロン》が高騰している情報でした。こういうカードにも色々な使い道があります。

ちなみに「十二獣帝」ってめっちゃかっこよくないですか?個人的にはめっちゃかっこいいと思う名前、そして何より名前の並びがかっこいい!

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

  • 「赤の魔導書」をよろしくお願いします。

    管理人はとにかくアニメとマンガとライトノベル、そして遊戯王カードのイラストを見るのが大好きです。

    好きだからこそ、伝えていきたくて「赤の魔導書」というブログを開設しました。

    「相互リンク」受付中です。

  • 遊戯王あんてな
  • ロゴ

  • ロゴ

PAGE TOP ↑