【遊戯王 高騰:融合(ウルトラ)】「ファーニマル」や「召喚獣」には必要!?

公開日: : 遊戯王 高騰情報

遊戯王の高騰情報です。今回高騰しているカードは《融合》のウルトラレアカードです。

もうすぐ「フュージョン・エンフォーサーズ」が発売されますが、入るデッキはたぶん「ファーニマル」「召喚獣」だと思います。「捕食植物」においては《キンジー》がいるし、そもそも融合するモンスターが少ない。

「召喚獣」に関しては、《召喚魔術》があるけど、十二獣を採用するなら《融合》もありっちゃアリだと思います。

スポンサーリンク

融合(ウルトラ)の平均価格(11月5日現在)

1枚約800円~900円くらいです。
 高騰する前は約500円~600円くらいで購入できていたのですが、値上がりしています。

ウルトラレアカードは「決闘王の記憶-決闘都市編-」に収録されたカードです。

融合のシークレットも値上がり気味です。

image

融合
通常魔法
➀自分の手札・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

採用するなら「ファーニマル」?

image

沼地の魔神王
星3 水族 水族性 攻500 守1100
効果モンスター
➀このカードは、融合モンスターカードにカード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。
➁自分メインフェイズにこのカードを手札から墓地へ捨てて発動できる。デッキから「融合」1枚を手札に加える。

ファーニマルにおいては、再録される《沼地の魔神王》も入ると思うので、《融合》も3枚入ると思います。

採用するなら「召喚獣」?

「十二獣」と採用するなら《月光黒羊》もアリだと思っています。

image

月光黒羊
星2 獣戦士族 闇属性 攻100 守600
効果モンスター
➀このカードを手札から捨て、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●「月光黒羊」以外の自分の墓地の「ムーンライト」モンスター1体を選んで手札に加える。
●デッキから「融合」1枚を手札に加える。
➁このカードが融合召喚の素材となって墓地へ送られた場合に発動できる。「月光黒羊」以外の、自分のエクストラデッキの表側表示の「ムーンライト」Pモンスターまたは自分の墓地の「ムーンライト」モンスター1体を選んで手札に加える。

月光黒羊》がいれば《融合》をサーチできるので3枚入ると思います。獣戦士で通常召喚可能なため、《ブルホーン》でサーチ可能です!

「フュージョン・エンフォーサーズ」に果たして《融合》は再録されるのだろうか?

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 最果てのパラディンの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「最果てのパラディン」というラノベをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、『このライトノベルがすごい!2018』で第14位にランクインしています。 今回はこの […]

    青春ブタ野郎シリーズの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「青春ブタ野郎シリーズ」というラノベをご存じでしょうか? この作品は『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「青春ブタ野郎シリーズ」の評価や感想を書いていこうかと思います。 この作品を知らない人はぜひとも […]

    転生したらスライムだった件の評価と感想

    「転生したらスライムだった件」という漫画を知っていますか? この作品は”小説家になろう”で投稿されており、それが小説として書籍化され、さらにその作品が漫画となって書籍化されました。 今回はこの作品を知らない人のために、こ […]

    りゅうおうのおしごと!の評価と感想 アニメの展開はどうなる

    「りゅうおうのおしごと!」に関する評価や感想を述べていきたいと思います。 また、アニメの展開はどうなっていくのかもネタバレ要素ほぼほぼなしで書いていこうと思います。 アニメは2018年1月8日からとこれから楽しみであり、 […]

    やがて恋するヴィヴィ・レインの評価と感想

    「やがて恋するヴィヴィ・レイン」というライトノベルを知っていますか。 この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 『このライトノベルがすごい!2018』でも第11位にランクインしています。 今回はこの作品を知ら […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑