【遊戯王 値下がり:ファントム・オブ・カオス】ラーの翼神竜-球体形も値下がり気味・・・

公開日: : 遊戯王 値下げ

ファントム・オブ・カオス》の相場情報です。かなり高騰したカードなんですが・・・かなり今では値下がりしているカードです。
このカードは 「遊戯王デュエルモンスターズGX TAG FORCE 2」の攻略本付属カードです。

ちなみに《ラーの翼神竜-球体形》の価格情報も確かめていきたいと思います。

スポンサーリンク

ファントム・オブ・カオスの平均価格(11月10日現在)

1枚約1200円~1300円くらいです。
高騰した時は、一時期2000円を超えていたのですが、かなり値下がりしていますね。

image

ファントム・オブ・カオス
星4 悪魔族 闇属性 攻0 守0
効果モンスター
自分の墓地に存在する効果モンスター1体を選択し、ゲームから除外する事ができる。このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、このカードはエンドフェイズ時まで選択したモンスターと同名カードとして扱い、選択したモンスターと同じ攻撃力とモンスター効果を得る。この効果は1ターンに1度しか使用できない。このモンスターの戦闘によって発生する相手プレイヤーへの戦闘ダメージは0になる。

ラーのデッキに入ることからものすごーく高騰したカードです。

ラーの翼神竜-球体形の平均価格(11月10日現在)

1枚約1700円~1900円とこのカードも若干値下がりしてきているように思えます。
以前までは2200円~2300円していましたからね~

IMG_6478 (2)

ラーの翼神竜-球体形
星10 幻神獣族 神族性 攻? 守?
効果モンスター
このカードは特殊召喚できない。
このカードを通常召喚する場合、自分フィールドのモンスター3体をリリースして自分フィールドに召喚、または相手フィールドのモンスター3体をリリースして相手フィールドに召喚しなければならず、召喚したこのカードのコントロールは次のターンのエンドフェイズに元々の持ち主に戻る。
➀このカードは攻撃できず、相手の攻撃・効果の対象にならない。
➁このカードをリリースして発動できる。手札・デッキから「ラーの翼神竜」1体を、召喚条件を無視し、攻撃力・守備力を4000にして特殊召喚する。

今回は《ファントム・オブ・カオス》と《ラーの翼神竜-球体形》の値下がり情報でした。

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    球体形態は場所によっては昨日見ましたが買い取り2000のところもありますので一概に値下がりとは言えない気がします。ファンカスはアニパで再録との噂がありました(パキケや羽根帚の再録当てた人の情報)のでそれゆえかなって感じですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 最果てのパラディンの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「最果てのパラディン」というラノベをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、『このライトノベルがすごい!2018』で第14位にランクインしています。 今回はこの […]

    青春ブタ野郎シリーズの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「青春ブタ野郎シリーズ」というラノベをご存じでしょうか? この作品は『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「青春ブタ野郎シリーズ」の評価や感想を書いていこうかと思います。 この作品を知らない人はぜひとも […]

    転生したらスライムだった件の評価と感想

    「転生したらスライムだった件」という漫画を知っていますか? この作品は”小説家になろう”で投稿されており、それが小説として書籍化され、さらにその作品が漫画となって書籍化されました。 今回はこの作品を知らない人のために、こ […]

    りゅうおうのおしごと!の評価と感想 アニメの展開はどうなる

    「りゅうおうのおしごと!」に関する評価や感想を述べていきたいと思います。 また、アニメの展開はどうなっていくのかもネタバレ要素ほぼほぼなしで書いていこうと思います。 アニメは2018年1月8日からとこれから楽しみであり、 […]

    やがて恋するヴィヴィ・レインの評価と感想

    「やがて恋するヴィヴィ・レイン」というライトノベルを知っていますか。 この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 『このライトノベルがすごい!2018』でも第11位にランクインしています。 今回はこの作品を知ら […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑