【十二獣デッキに《ガガガザムライ》】最近のエクストラデッキに採用されている理由・・・

公開日: : 遊戯王 雑談

最近の「SR十二獣」のエクストラデッキで《ガガガザムライ》をよく見かけます。わたしもエクストラデッキに入れているカードです。

このカードは「ネクスト・チャレンジャーズ」に収録されたカードです。

スポンサーリンク

ガガガザムライの効果

image

ガガガザムライ
ランク4 戦士族 地属性 攻1900 守1600
エクシーズモンスター
レベル4モンスター×2
➀1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分フィールドの「ガガガ」モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
➁このカード以外の自分フィールドのモンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。このカードを表側守備表示にし、攻撃対象をこのカードに移し替えてダメージ計算を行う。

なぜ採用されてる?

採用されている理由はずばり、打点強化です。〈誰でも分かりますね〉
このカードで打点を3800稼ぐことができます。《十二獣ドランシア》除去からの3800打点!!

image

「仕留めきれないだ・・・と・・・」

このターンにしとめきれなかった・・・とか、あと数ライフが足りないとかありませんでしたか?
「SR十二獣」を使っていて、わたしは多々思いました。だから今では採用しています。

「壊獣十二獣」でも・・・

「壊獣十二獣」でも採用されていますね。「十二獣」相手にかなり有利に戦えるデッキです。

IMG_6680 (2)

妨げられた壊獣の眠り
「妨げられた壊獣の眠り」は1ターンに1枚しか発動できない。
➀フィールドのモンスターを全て破壊する。その後、デッキからカード名が異なる「壊獣」モンスターを自分・相手のフィールドに1体ずつ攻撃表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは表示形式を変更できず、攻撃可能な場合は攻撃しなければならない。
➁墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「壊獣」モンスター1体を手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

ブラックホール》からの壊獣モンスターを2体、そして《モルモラット》→最終《ドランシア》《ガガガザムライ》が並んで、《ドランシア》で相手フィールドのカードを破壊→「壊獣」モンスターと《ガガガザムライ》で攻撃で大ダメージを与えることができます。

6000~7000くらいのダメージですね。

採用しているかは個人差によりますが、最近の環境で見かけることが多々あるカードだと思います。

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

  • フォロー待ってま~す!

    管理人はとにかくアニメと遊戯王が大好きです。

    好きだからこそ、伝えていきたくて「赤の魔導書」というブログを開設

  • 遊戯王あんてな
  • ロゴ

  • ロゴ

PAGE TOP ↑