【遊戯王 値上がり:捕食植物サンデウ・キンジー】初動から値上がりが止まらない注目のカード!

公開日: : 遊戯王 高騰情報

捕食植物サンデウ・キンジー》の価格の値上がりが止まりません。

初動価格は約600円~700円くらいだったのですがみるみる値上がりしています。意外に「捕食植物」を作っている人が多いのか、それとも出張性が高い融合として重宝するのかとか色々なことを考えてしまいますが、値段を見ていきましょう。

スポンサーリンク

捕食植物サンデウ・キンジーの平均価格(11月15日現在)

1枚約800円~900円くらいです。買取が1000円とかもありましたから、これからの価格変動が気になるカードです

image

《捕食植物サンデウ・キンジー》
星2 植物族 闇属性 攻600 守200
効果モンスター
「捕食植物サンデウ・キンジー」の➁の効果は1ターンに1度しか使用できない。
➀このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分が融合素材とする捕食カウンターが置かれたモンスターの属性は闇属性として扱う。
➁自分メインフェイズに発動できる。闇属性の融合モンスターカードによって決められた、フィールドのこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールド及び相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスターの中から選んで墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

また以前、わたしの前の記事で《夜薔薇の騎士》を紹介したのですが、このカードもだいぶ高騰していますね。

→【遊戯王 相場情報:夜薔薇の騎士】捕食植物でパワーツール・ドラゴンが使える!?

以前、わたしが紹介した時の値段は約300円~400円だったのですけど、約700円~800円と2倍近くの価格になっています。ここまで値上がりするとは思ってなかったです。

また最近ではある魔法カードも注目されているとか・・・

image

アームズ・ホール
通常魔法
このカードを発動するターン、自分は通常召喚できない。
➀デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。 自分のデッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んで手札に加える。

通常召喚をできなくなるのはつらいのですが、装備カード=蘇生カードを持ってこられるのは優秀ですね。必須というカードではないのですが、入れてみるのもアリなカードですね。

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 最果てのパラディンの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「最果てのパラディン」というラノベをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、『このライトノベルがすごい!2018』で第14位にランクインしています。 今回はこの […]

    青春ブタ野郎シリーズの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「青春ブタ野郎シリーズ」というラノベをご存じでしょうか? この作品は『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「青春ブタ野郎シリーズ」の評価や感想を書いていこうかと思います。 この作品を知らない人はぜひとも […]

    転生したらスライムだった件の評価と感想

    「転生したらスライムだった件」という漫画を知っていますか? この作品は”小説家になろう”で投稿されており、それが小説として書籍化され、さらにその作品が漫画となって書籍化されました。 今回はこの作品を知らない人のために、こ […]

    りゅうおうのおしごと!の評価と感想 アニメの展開はどうなる

    「りゅうおうのおしごと!」に関する評価や感想を述べていきたいと思います。 また、アニメの展開はどうなっていくのかもネタバレ要素ほぼほぼなしで書いていこうと思います。 アニメは2018年1月8日からとこれから楽しみであり、 […]

    やがて恋するヴィヴィ・レインの評価と感想

    「やがて恋するヴィヴィ・レイン」というライトノベルを知っていますか。 この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 『このライトノベルがすごい!2018』でも第11位にランクインしています。 今回はこの作品を知ら […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑