【ペンデュラム・エボリューション:《時空のペンデュラムグラフ》効果考察】《ペンデュラム・コール》と使える!?

公開日: : 最終更新日:2016/12/21 ペンデュラム・エボリューション

時空のペンデュラムグラフ》の効果が判明しました。このカードは「ペンデュラム・エボリューション」に収録されるカードです。

image

 相手ターンに妨害できるし、なかなか強いと思います。

スポンサーリンク

時空のペンデュラムグラフの効果

時空のペンデュラムグラフ
永続罠
「時空のペンデュラムグラフ」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分フィールドの魔法使い族モンスターは相手の罠カードの効果の対象にならない。
②自分のモンスターゾーン・Pゾーンの「魔術師」Pモンスターカード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果でカードを2枚破壊できなかった場合、フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る事ができる。

時空のペンデュラムグラフの効果考察

  • 魔法・罠ゾーンにある限り、自分の魔法使い族モンスターは相手の罠の効果の対象になりません。
  • ターン1で、モンスターゾーン・Pゾーンの「魔術師」Pモンスター1体と相手フィールドのカードを対象にして破壊します。また2枚破壊できなかったら、フィールドのカードを墓地へ送ります。

虹彩の魔術師》などと相性抜群なのは言うまでもありませんが、《ペンデュラムコール》とも使えたりしますね。

image

ペンデュラム・コール
通常魔法
「ペンデュラム・コール」は1ターンに1枚しか発動できず、 「魔術師」PモンスターのP効果を発動したターンには発動できない。
➀手札を1枚捨てて発動できる。 カード名が異なる「魔術師」Pモンスター2体をデッキから手札に加える。 このカードの発動後、次の相手ターン終了時まで 自分のPゾーンの「魔術師」カードは効果では破壊されない。

ペンデュラムコール》発動→《魔術師》Pを2枚サーチ→セッティングやらなんやかんやして・・・エンド→相手ターンに《時空のペンデュラムグラフ》発動→2枚破壊といいたいが、《ペンデュラムコール》の効果で破壊されず、相手のモンスター破壊→2体破壊されなかったのでもう一つの効果で相手フィールドのカードを1枚墓地へ送ります。

相手ターンまで使えるし、なかなか良いのかな。1枚~2枚は採用したいですね。

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 転生したらスライムだった件の評価と感想

    「転生したらスライムだった件」という漫画を知っていますか? この作品は”小説家になろう”で投稿されており、それが小説として書籍化され、さらにその作品が漫画となって書籍化されました。 今回はこの作品を知らない人のために、こ […]

    りゅうおうのおしごと!の評価と感想 アニメの展開はどうなる

    「りゅうおうのおしごと!」に関する評価や感想を述べていきたいと思います。 また、アニメの展開はどうなっていくのかもネタバレ要素ほぼほぼなしで書いていこうと思います。 アニメは2018年1月8日からとこれから楽しみであり、 […]

    やがて恋するヴィヴィ・レインの評価と感想

    「やがて恋するヴィヴィ・レイン」というライトノベルを知っていますか。 この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 『このライトノベルがすごい!2018』でも第11位にランクインしています。 今回はこの作品を知ら […]

    ワンパンマンの評価と感想 アニメの続きはどんな展開!?

    「ONE PUNCH-MAN(ワンパンマン)」という作品をご存じでしょうか? 管理人はアニメから見始めたのですが、予想外の面白さで、アニメの続きも漫画で読んでいます。 今回は、そんな「ワンパンマン」のアニメの感想と評価を […]

    月とライカと吸血姫の評価と感想

    「月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)」というライトノベルを知っていますか? この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 ちなみに、『このライトノベルがすごい!2018』で第3位に輝いた作品です。 今回は、この […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑