【マキシマム・クライシス:《十二獣クックル》効果考察】ラビーナ・ラムに続く3枚目!

公開日: : マキシマム・クライシス

十二獣クックル》の効果考察です。このカードは「マキシマム・クライシス」に収録されるカードです。

今の「十二獣」には入らないかもですね。

スポンサーリンク

十二獣クックルの効果

十二獣クックル
星4 獣戦士族 地属性 攻800 守1200
効果モンスター
➀このカードが戦闘・効果で破壊された場合、「十二獣クックル」以外の自分の墓地の「十二獣」カード1枚を対象として発動できる。そのカードをデッキに戻す。
➁このカードを素材として持っている、元々の種族が獣戦士族のXモンスターは以下の効果を得る。
●このカードを対象とする相手モンスターの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

十二獣クックルの効果考察

戦闘・効果で破壊されると、このカード以外の自分の墓地の「十二獣」カードを1枚を対象にデッキに戻します
素材としての効果は、対象とするモンスター効果が発動するとそれを無効にします

う~ん、少し微妙かも・・・

戦闘・破壊効果も《ダイガスタ・エメラル》がいますから・・・
それに素材としての効果も相手ターンに《ドランシア》がいれば、効果無効を使うまでもないですからね。

イラストはなんか良いですよね。「十二獣」はイラストが全部良いですよね。

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

  • フォロー待ってま~す!

    管理人はとにかくアニメと遊戯王が大好きです。

    好きだからこそ、伝えていきたくて「赤の魔導書」というブログを開設

  • 遊戯王あんてな
  • ロゴ

  • ロゴ

PAGE TOP ↑