【遊戯王 値上がり:オッドアイズ・フュージョン】ズァークの素材を案外早く集まりそう!

公開日: : 遊戯王 高騰情報

遊戯王の値上がり情報です。今回値上がりしているカードは《オッドアイズ・フュージョン》です。このカードは「ディメンション・オブ・カオス」で収録されたカードです

案外、ズァークを簡単に出せるのではと思います。

スポンサーリンク

オッドアイズ・フュージョンの平均価格(1月9日現在)

スーパーレアは1枚約600円~700円くらいです。
シークレットは1枚約900円~1000円くらいです。

「オッドアイズ」が表に出てくるといつも値段が上がるカードです。

IMG_1438 (2)

オッドアイズ・フュージョン
通常魔法
「オッドアイズ・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。
➀自分の手札・フィールドから、ドラゴン族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
相手フィールドにモンスターが2体以上存在し、自分フィールドにモンスターが存在しない場合、自分のエクストラデッキの「オッドアイズ」モンスターも2体まで融合素材とする事ができる。

「オッドアイズ魔術師」なら簡単にズァークが!

「オッドアイズ魔術師」なら簡単に《ズァーク》が出せるかなと思います。

相手モンスターが2体いる状態で《オッドアイズ・フュージョン》を発動→《オッドアイズ・メテオバースト》と《覇王烈竜》を墓地へ送り→《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》をSS

墓地にエクシーズとシンクロが揃っている状態だから後はわかりますね。
フィールドに虹彩の魔術師と紫毒の魔術師orオッドアイズ・ボルテックスがフィールドにいる状態で《ミラクル・シンクロ・フュージョン》で融合召喚!

ミラクル・シンクロ・フュージョン》で出てきますね。ですがこのカードを入れないといけないってことを考えるとやはり普通に《アストログラフ・マジシャン》で出した方の方が良いのかな・・・、エクストラも少々いじらないといけないですからね。

そもそも《オッドアイズ・フュージョン》で落としたドラゴンを《アストログラフ・マジシャン》で出せないのが少々痛いところですが・・・

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    墓地にエクシーズとシンクロが揃っている状態だから後はわかりますね。(わからない)
    フィールドに虹彩の魔術師と紫毒の魔術師orオッドアイズ・ボルテックスがフィールドにいる状態で《ミラクル・シンクロ・フュージョン》で融合召喚!(魔術師組はアストロの効果以外ではズァークの素材にできない)

  2. 匿名 より:

    ズァークの融合素材は各召喚法のドラゴン族だから魔術師じゃ無理ですよ
    オッPがいるならミラクルシンクロで出せますが

  3. 匿名 より:

    アストログラフ使う場合と融合魔法使う場合とではズァークの素材が違うのですが、そこのところごちゃごちゃになってませんか?

    • ナツキ より:

      アストログラフで出せないのはわかっていますよ(-.-)

      • 匿名 より:

        認識がすれ違っているようなので改めて説明しますが、まず、アストログラフのズァークを出す効果がこれです。

        (2):フィールドのこのカードを除外し、自分の手札・フィールド・墓地から、「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」「フュージョン・ドラゴン」モンスターを1体ずつ除外して発動できる。「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

        次にズァーク自身の融合素材がこれです。

        ドラゴン族の融合・S・X・Pモンスター1体ずつ合計4体

        その上でこの記事での記述がこれです。

        墓地にエクシーズとシンクロが揃っている状態だから後はわかりますね。
        フィールドに虹彩の魔術師と紫毒の魔術師orオッドアイズ・ボルテックスがフィールドにいる状態で《ミラクル・シンクロ・フュージョン》で融合召喚!

        ミラクルシンクロフュージョンを使う場合、虹彩の魔術師も紫毒の魔術師もドラゴン族モンスターではないので、ズァークの融合素材とすることはできません。
        アストログラフの効果で出す場合は虹彩の魔術師と紫毒の魔術師はそれぞれ自身を「ペンデュラム・ドラゴン」、「フュージョン・ドラゴン」モンスターとして扱うため素材として除外できますが、残りの「オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン」、「覇王烈竜オッドアイズ・レイジング・ドラゴン」、「オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン」は「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」「フュージョン・ドラゴン」モンスターのいずれでもないため素材にはなりません。

        このような記述になっているためにそれぞれの融合素材を混同しているのではないかと指摘させて頂きました。

        • ナツキ より:

          長文ありがとうございます。

          誤解を招く書き方になっていて申し訳ございません。
          訂正しておきます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,241人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑