*

「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」感想と評価 泣けること間違いなしの感動神アニメ!

「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」というアニメをご存じでしょうか?

この作品は、『A-1 Pictures』が制作したオリジナルアニメです。

今回は、「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」の評価と感想

画像は【あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。公式twitter】より引用

泣けること間違いなしの感動神アニメ! 最終回は涙腺が爆発してしまう!?

幼い頃、死んだはずの幼なじみが幽霊として姿を現すところからストーリーが始まります。

仲良しだったかつての関係が一人の少女の死によってバラバラに崩壊。皆それぞれ責任を感じ、疎遠になり、月日が流れ高校生へと……。

そんな時に現われたのが死んだはずの「めんま」。

「めんま」が現れた理由とは何なのか? そして、再び『超平和バスターズ』を結成することができるか?

見所としては、失ってしまった人間関係を「めんま」によって取り戻せるのかということ。

高校生になったかつての『超平和バスターズ』のメンバーたちが抱く葛藤……、ぶつかり合う本音。

「めんま」を巡るあの時決して言えなかった本音を高校生になった今、ぶつけ合い……、その果てに感動という結末を迎えることになります。

最終回のあの瞬間を見れば、あの台詞を聞けば……、本当に泣けてきます。ぜひ涙を流して欲しいアニメであり、神アニメ! 気になった方はぜひ見てみて下さいな。

そんな「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」の評価は、10点中10点です。

ここから「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」の主なストーリー

「宿海仁太」こと「じんたん」は「超平和バスターズ」のリーダーで、そのグループには「めんま」と「あなる」、そして「ゆきあつ」、「つるこ」、「ぽっぽ」と計6人の構成であった。

しかし、突然の「めんま」の死をきっかけにして、そのグループは解散。彼らは、お互いに距離を取るようになっていった。

月日は流れ、高校生になった「宿海仁太」は高校受験にまで失敗し、今ではひきこもりの生活を送っていた。

しかし、突然目の前に現われたのは死んだはずの「本間芽衣子(めんま)」。

しかも、「めんま」の姿は「じんたん」にしか見えなくて、幻覚だと思っていたのだが……、「めんま」は「じんたん」にお願いを叶えて欲しいと告げることになる。

「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」の登場人物

登場人物:声優

  • 宿海仁太(やどみじんた):入野自由
  • 本間芽衣子(ほんまめいこ):茅野愛衣
  • 安城鳴子(あんじょうなるこ):戸松遥
  • 松雪集(まつゆきあつむ):櫻井孝宏
  • 鶴見知利子(つるみちりこ):早見沙織
  • 久川鉄道(ひさかわてつどう):豊崎愛生

アニメーション会社

  • A-1 Pictures

以上、「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」の紹介でした。

気になった方はぜひアニメの配信や円盤を借りるなどをして見てみて下さい!

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,229人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑