*

出会って5秒でバトルの評価と感想 ユーリの実力に注目

公開日: : 最終更新日:2018/01/06 おすすめマンガ , , ,

「出会って5秒でバトル」という漫画をご存じでしょうか?

この漫画は、『裏少年サンデーコミックス』で出版されている作品です。

今回は、「出会って5秒でバトル」に関する評価と感想を紹介をしていきたいと思います。

この機会にぜひ、「出会って5秒でバトル」について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「出会って5秒でバトル」の評価と感想

最近の異能バトルの中では、かなり面白い作品だと思いました。

単に異能バトルだけでなく、そこに頭脳戦も繰り広げられており、すっかり読み込んでしまいます。

それそれの異能力をいかに使いこなすのかという点に焦点が当てられており、使い手によってそれぞれ異なる戦術などを見せてくれるので、楽しめる作品なのではないでしょうか。

また、キャラクターも好感を持てます。

「ユーリ」が最強ヒロインとして登場するのですが、なかなか良いキャラクターしているなぁ~と思いながら読んでいけます。

主人公は”頭脳系”、そしてヒロインである「ユーリ」は、”最強美少女”とこの組み合わせはなかなか好感を持てるキャラクターだと思います。

評価は、10点中8点の漫画です。

ちなみに、「メルへヴン」や「HUNTER×HUNTER」、「BTOOOM!」が好きな方は、おそらく嵌まるのかもしれません。

ここから、「出会って5秒でバトル」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「出会って5秒でバトル」の主なストーリー

退屈な高校生活を送っていた「白柳啓(しろやなぎあきら)」、彼は、夢中になれる事と言えば、”ゲーム”くらいしかなかった。

それ故に、人生を退屈だといつも思っていた。

そんな「アキラ」の前に、突如、包帯男が現れ、「アキラ」に襲い掛かることになる。

その包帯男は、まさに”バケモノ”といえるほどの身体能力を発揮し、「アキラ」に迫るのだが、「アキラ」は、その”バケモノ”との対峙を”ゲーム”にたとえて、その場を凌ぎ切ることに……。

しかし、さらにもう一人の謎の少女「魅音(みおん)」が現れ、「アキラ」を死の淵にまで一瞬で追い込むことになる。

そんな「アキラ」は、目を覚ますと、治療されており、そして別室に連れて行かれることになって……。

そこで「アキラ」が目にしたのは、全員手枷をされており、年齢も性別もバラバラの人々が集められている光景であった。

そこに、「アキラ」を死に追い詰めた張本人「魅音」が突如現れ、彼女は、”ある事”を告げることになります。

それは、そこに集められた人間は、戸籍も人権もすでになく、外の世界ではすでに死んでしまっている状態であること。

そして、ここに集められた人々は、”能力の実験モニター”として、これから様々なプログラムに参加しなければならないということ。

彼らは、全てを失った代わりに、”ある能力”が与えられているらしく、手枷をさせられているのもそのある能力を制御するためらしい。

手枷の赤の点灯が緑の点灯に変われば、解錠されたしるしであり、緑の点灯になった5秒後に両腕は自由になり能力の使用も自由になる。つまり、5秒後に戦闘が開始されるということであった。

それらを踏まえた上で、様々なプログラムが開幕することになり……、ただし、そのプログラムで有能ではないと判断したモニターは即処分されることになります。

「出会って5秒でバトル」の登場人物

  • ”相手があなたの能力だと思った能力”を持つ”詭弁家(ソフィスト)”「アキラ」【本名:白柳啓(しろやなぎあきら)】
  • ”身体能力を5倍にする能力”を持つ最強美少女”鬼神”「ユーリ」【本名:天翔優利(あまがけゆうり)】
  • ”木の棒を剣にする能力”を持つ”真剣師”「霧崎円(きりさきまどか)」
  • 謎の組織に所属する謎の少女「魅音(みおん)」

ここまでが「出会って5秒でバトル」の主なストーリー、登場人物の紹介でした。

「出会って5秒でバトル」アニメ化したらどんな展開?

「出会って5秒でバトル」は、いずれアニメ化して欲しいものですね~

異能バトルとしては、なかなか面白い漫画なので、今後に期待です。

さて、もし「出会って5秒でバトル」がアニメ化されるとしたら、どんな展開を見せるのか、それぞれの巻について簡単に紹介していきたいと思います。

「出会って5秒でバトル」1巻の主な内容

それはいつもと変わらない朝から始まった。
ゲームをこよなく愛する高校生のアキラは、魅音と名乗る謎の女によってある日突然戦いの場に巻き込まれてしまう。
集められた人々に対し「あなた達にもはや戸籍はない」
「実験モニターになってもらう」そして「能力を与えた」と語る魅音。
アキラは己に与えられた能力を使ってゲームを勝ち上がり、組織を潰すことを決意するが―
誰もが予想しえない能力と、類いまれな”脳”力を武器に、新時代の能力バトルが始まる!!

「アキラ」の能力”相手があなたの能力だと思った能力”

最初のプラグラムは、能力を使ってのシンプルな決闘”1on1”、どちらかが気絶・死亡・敗北を認めるかで勝敗を喫する。

1on1が開始されるのは、20時間後、それまで各自の能力確認となったのだが……。

「アキラ」の能力は、”相手があなたの能力だと思った能力”であった。

また、「アキラ」は、地頭でこのプログラムの本当の意味について突き止めることになり、退屈な日常を送っていた「アキラ」は、真剣にこのプログラムに攻略してことになり……。

それと同時に「アキラ」は、機をみて自分の能力で組織ごと潰すことも決意することになる。能力を与えたことをたっぷりと後悔させるために。

1on1の対戦相手は”真剣師”である「霧崎円」

「アキラ」は、1on1のために連れて来られたのは、学校の教室であり、そこには、対戦相手である「霧崎円」が待ち受けていた。

「霧崎」は、手に木の棒を持っており、「アキラ」が教室に入るやいなや、降参するよう勧告してくることになる。

「アキラ」は、そのような勧告を受け入れるわけもなく、そして、5秒後に戦闘が開始され、「霧崎」の手に持っていた木の棒は、突如変化し、「アキラ」を追い詰めることになります。

しかし、「アキラ」にも考えがあり、タイミングを計って、”相手があなたの能力だと思った能力”を発動させることになる。

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★☆☆

「出会って5秒でバトル」2巻の主な内容

最強ヒロイン、ユーリ開戦!
そして舞台は緊迫の第2回戦へ!
遂に始まった能力者同士の1on1バトル。
第2回戦に歩を進めたアキラをよそに、女子高生ユーリの戦いが今始まる。
変態ガチムチオヤジを相手に彼女はいかなる能力で戦いを挑むのか―
知略と能力を絡みあいひとコマ足りとも見逃せない緊迫の頭脳型能力バトル第2巻、開幕!

最強美少女「ユーリ」の実力

「アキラ」の1on1が終わり、一方で、「ユーリ」という少女も1on1に挑もうとしていた。

相手は、変態の筋肉オヤジであって、「ユーリ」は、予想できない変態ガチムチ男の行動に戸惑いつつ……。

しかし、「ユーリ」の能力は、与えられる能力の中では断トツにレアな能力”身体能力を5倍にする能力”であり、何もかもぶっとばすため、”鬼神”は圧倒的な実力を見せることになる。

そんな「ユーリ」には、何としても家に帰らなければならない理由があって……。

2ndプログラム5対5に分かれての”チーム戦”

1ndプログラムが終わり、続いて行われるのが2ndプログラムのチーム戦であった。

「アキラ」は、「ユーリ」を含め1回戦で対峙した「霧崎円」とも同じチームになり、このチーム戦に挑むことになる。

そして「アキラ」は、このチーム戦で、自分の能力”相手があなたの能力だと思った能力”の示す”相手”とは、一体誰を指して能力が発動するのかという実験をすることになります。

また、「ユーリ」も因縁とも言えるストーカー相手に、手加減無しの鉄拳をぶつけることになる。

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★☆

「出会って5秒でバトル」3巻の主な内容

仲間と分かれ辿り着いたのは、天下三分の戦場だった―
5対5の2回線を無事に勝ち抜いたアキラたち。
つかの間の休息を経て進んだ3rdプログラムは三勢力による総力戦であった…
赤・緑・青
それぞれの思惑が交錯する中アキラはどのチームへ進むのか―
一秒先すら読めないド迫力の3回戦、開幕!!

3rdプログラムの開幕

2ndプログラムが終わり、チームは解散し、続くは3rdプログラムへ。

「アキラ」は、スマホにみたいな”端末”を渡され、自身が持っている100ポイントを1000ポイントまで増やさなければならないという内容だけを聞かされて、プログラムは開始される。

「アキラ」は外の世界に連れ出され、そして、先に3rdプログラムを進行している人間に出くわすことになります。

その人間に出会うやいなや、”緑チーム”というチームの仲間になって欲しいという勧誘に、また、「ユーリ」ともすぐに再開することになって……。

3rdプログラムの現状”三勢力による総力戦”

”緑チーム”から様々な事を「アキラ」と「ユーリ」は聞くことになります。

まず、ポイントは組織が指示するクエストをこなす事で獲得できるということ。

また、ポイントは最初渡されたスマホみたいな”端末”から組織に支払うことで様々なものと”交換”することができるということ。

すなわち、クエストをこなし、ポイントを獲得し、そのポイントで食物や物資、情報を調達しつつ1000ポイントを目指すのがこの3rdプログラムを攻略する最もの近道だということだ。

しかし、その3rdプログラムで不穏な動きをするチームが出てきて、クエストとは関係なく、”赤チーム”と呼ばれるチームは、”人さらい”を行っているとのことだ。

その”赤チーム”は、3rdプログラムから次のプログラムに進む気はなく、攫ってきた人間を能力で支配し、弱い者を虐げる”赤チーム”たちの王国を築く計画を立てているらしい。

その”赤チーム”に対抗する形で、”緑チーム”が作られ、また、その”赤”と”緑”に関わらない中立のチーム”青チーム”と、三勢力による三つ巴戦が今まさに行われているのがこの3rdプログラムの現状であった。

そのことを”緑チーム”から聞かされた「アキラ」と「ユーリ」は……、そしてそんな中、大規模クエストが開始され……。

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★☆☆

以上、「出会って5秒でバトル」についてでした。

後の巻に関しては、読み終わり次第、更新していきます。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,158人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑