【新規「アマゾネス」8枚の効果考察!】「アマゾネス」デッキ強くなるんじゃないか?

公開日: : テーマ考察

遊戯王の効果考察です。今回は「アマゾネス」のカードが6月3日発売の「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-」、5月13日発売の「コレクターズパック2017」に収録されます。

なんか知らぬ間にこんなに多くの「アマゾネス」カードが収録されることになろうとは・・・

既存のカードは結構、今の環境・・・、というか今のカードの効果レベルから言うとかなり劣ってしまうカード達ばかりなので、ぜひとも強化されて欲しいですね。

この感じだと、2つの箱に分けて、タイラー姉妹のカード、孔雀舞のカードと分けて収録されそうですね。
現段階で判明しているカードの枚数は9枚です。

スポンサーリンク

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-に収録

孔雀舞を中心とした「アマゾネス」と言ったら良いのか・・・語弊があるかもしれませんが、とりあえず孔雀舞のカードを紹介していきます。

アマゾネス王女

星3 戦士族 地属性 攻1200 守900
このカード名の➁の効果は1ターンに1度しか使用できない。
➀このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「アマゾネス女王」として扱う。
➁このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「アマゾネス」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
➂このカードの攻撃宣言時にこのカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。デッキから「アマゾネス王女」以外の「アマゾネス」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

アマゾネス王女

  • フィールド・墓地に存在する場合、「アマゾネス女王」として扱います。
  • ターン1でNS・SSに成功した場合、デッキから「アマゾネス」魔法・罠1枚ををサーチ
  • このカードの攻撃宣言時、このカード以外の自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地に送り発動、デッキからこのカード以外の「アマゾネス」モンスターをSS

このカードは「アマゾネス」デッキのこれからの軸になるモンスターぽいですね。
しかもウルトラにしてくるあたり3枚揃えるのは結構つらそうだ・・・

後攻ワンキルループもできます!

【《アマゾネス王女》でワンキルループ】《ブラック・ガーデン》を添えて・・・

女王》をいちいちアドバンス召喚する必要もなくなり、また《女帝》さんを融合するのがかなり簡単になりましたね。
これはうれしい・・・

数年後こんな姿になるのか・・・

アマゾネスペット仔虎

星2 獣族 地属性 攻500 守500
このカード名の➁の効果は1ターンに1度しか使用できない。
➀このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「アマゾネスペット虎」として扱う。
➁このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドに「アマゾネス」モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
➂このカードの攻撃力は、自分の墓地の「アマゾネス」カードの数×100アップする。

アマゾネスペット仔虎効果考察

  • フィールド・墓地に存在する場合、「アマゾネスペット虎」として扱います。
  • ターン1でこのカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドに「アマゾネス」モンスターがNS・SSされた場合に発動でき、このカードをSS
    墓地の「アマゾネス」カードの数×100上昇

墓地からSSできるところはかなり優秀かもですね。

正直、疑問ですね、なんで大人の姿になったカードのほうが圧倒的に弱いのか・・・

アマゾネスの叫声

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
➀デッキから「アマゾネスの叫声」以外の「アマゾネス」カード1枚を手札に加えるか墓地へ送る。
➁自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「アマゾネス」モンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できず、対象のモンスターは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。

アーチャーがなんか叫んでいますね。

アマゾネスの叫声効果考察

  • このカードは1ターンに1度しか使えません。
  • デッキからこのカード以外の「アマゾネス」カード1枚をサーチ
  • 自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、フィールドの「アマゾネス」モンスターを対象に発動、このターン、そのモンスターは以外のモンスターは攻撃できす、対象のモンスターは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃

サーチカードが2枚目
これ結構回せそうって感じはしてきました・・・

正直、速攻っていうのも嬉しいですね。このカードは3枚必須でしょう。

アマゾネスの急襲

永続罠
➀1ターンに1度、自分・相手のバトルフェイズに発動できる。手札から「アマゾネス」モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力はターン終了時まで500アップする。
➁自分の「アマゾネス」モンスターが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。その相手モンスターを除外する。
➂フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、自分の墓地の「アマゾネス」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

このイラストを見る限り、あの筋肉ムキムキの野蛮なアマゾネスはどこにいったってなりますね。

これですよ、なんかジョジョに出てきそうです。

アマゾネスの急襲の効果考察

  • ターン1で、自分・相手のバトルフェイズに発動でき、手札から「アマゾネス」モンスターをSS、SSしたモンスターはターン終了時まで500上昇
  • 自分の「アマゾネス」モンスターが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算時に発動でき、その相手モンスターを除外
  • フィールドのカードが破壊され、墓地へ送られた場合、自分墓地の「アマゾネス」モンスターを対象に発動、そのモンスターをSS

このカードも強力ですね。
手札からSS、バトルフェイズにおいても相手モンスター除外、相手・自分モンスターが破壊されたら、墓地の「アマゾネス」をSS

ただ、墓地効果は女帝や女王とかみ合いません。

墓地からSSだと《アマゾネスの意地》っていうカードがありますね。

アマゾネスの意地

永続罠
自分の墓地から「アマゾネス」と名のついたモンスター1体を選択し、攻撃表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは表示形式を変更する事ができず、攻撃可能な場合には攻撃しなければならない。
このカードがフィールド上に存在しなくなった時、そのモンスターを破壊する。そのモンスターが破壊された時このカードを破壊する。

このカードはデメリットがあり、これ採用するくらいなら《リビングデッド》でいいよって感じはしますね。

足の筋肉はヤバいですね。

コレクターズパックで収録される「アマゾネス」カード

正直、上記のカードと使っていくかは分かりませんが、使えるカードもそこそこ収録されると思います。多分、タイラー姉妹が少ないデュエル中に使ったカードが収録されるのでしょう。なんか2~3回しか戦っていなかったけど、気のせいかな・・・

アマゾネス女帝

星8 戦士族 地属性 攻2800 守2400
融合モンスター
「アマゾネス女王」+「アマゾネス」モンスター
➀このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外の自分フィールドの「アマゾネス」モンスターは戦闘・効果では破壊されない。
➁自分の「アマゾネス」モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
➂融合召喚したこのカードが戦闘で破壊された場合、または相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「アマゾネス女王」1体を選んで特殊召喚する。

アマゾネス女帝

  • 女王》と「アマゾネス」モンスターで融合
  • モンスターゾーンに存在する限り、このカード以外の自分フィールドの「アマゾネス」モンスターは戦闘では破壊されません。
  • 自分の「アマゾネス」モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、守備力を超えていたら貫通
  • 融合召喚したこのカードが戦闘で破壊、または効果でフィールドから離れた場合に発動でき、自分の手札・デッキ・墓地から「アマゾネス女王」を1体選んでSS

ちゃっかり対象をとらないSSです。
グロリアが使用したカードですね。
ですが、戦闘・効果で破壊されないということは《アマゾネスの里》とうまくかみ合わないんですね。

アマゾネスの虎獅子

星7 獣族 地属性 攻2500 守2400
融合モンスター
「アマゾネスペット虎」+「アマゾネス」モンスター
➀このカードが攻撃するダメージ計算時に発動できる。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ500アップする。
➁自分の「アマゾネス」モンスターが相手モンスターに攻撃したダメージ計算後に相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力は800ダウンする。
➂このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手は他の「アマゾネス」モンスターを攻撃できない。

まさに「グレイス」キターーーって感じです。

アマゾネスの虎獅子の効果考察

  • ダメージ計算時にこのカードの攻撃力は500アップします
  • 自分の「アマゾネス」モンスターがあいてモンスターに攻撃したダメージ計算後に相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象に発動し、攻撃力が800ダウン
  • モンスターゾーンにいる限り、相手は他の「アマゾネス」モンスターを攻撃できない

実質、攻撃力が3000みたいなもんですね。

攻撃力は高いことは評価できるけど、出すのが難しい。《融合》を使って出すのだが、そこまでして出す必要があるのかと言われれば、そこはないかもですね。

ちょっと使いづらいです。

アマゾネスの里

フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、フィールド上に表側表示で存在する「アマゾネス」と名のついたモンスターの攻撃力は200ポイントアップする。
「アマゾネス」と名のついたモンスターが戦闘またはカードの効果によって破壊され墓地へ送られた時、その「アマゾネス」と名のついたモンスターのレベル以下の「アマゾネス」と名のついたモンスター1体を自分のデッキから特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

このカードは1番、採用するかもしれない既存のカードですね。
 ですが、《アマゾネス女王》《アマゾネス女帝》と少しかみ合いません。

アマゾネスの斥候

効果モンスター
星3 戦士族 地属性 攻800 守1200
効果モンスター
このカード名の➀の効果は1ターンに1度しか使用できない。
➀このカード以外の手札の「アマゾネス」モンスター1体を相手に見せて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
➁このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時、「アマゾネスの斥候」以外の自分の墓地の「アマゾネス」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札またはデッキに戻す。

アマゾネスの斥候の効果考察

  • このカード以外の「アマゾネス」カードを見せて発動し、このカードを手札からSS
  • 戦闘で破壊され、墓地へと送られると、このカード以外の「アマゾネス」モンスター1体を対象に発動し、デッキor手札に戻す。

このカードは非常に優秀ですね。使い勝手が良い上に戦闘で破壊されると墓地から回収もできます。

スローライフ

永続魔法
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、自分メインフェイズ1開始時にこのカードを発動できる。
➀このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、以下の効果を適用する。
●モンスターを通常召喚したプレイヤーは、そのターンモンスターを特殊召喚できない。
●モンスターを特殊召喚したプレイヤーは、そのターンモンスターを通常召喚できない。

スローライフの効果考察

  • 自分フィールドにモンスターがいない場合、自分メインフェイズ1に発動できます。
  • 通常召喚したら、特殊召喚できない。
  • 特殊召喚したら、通常召喚できない。

あまり「アマゾネス」と相性が良いとはいえないカードですが、グロリアが使っていたので紹介していきます。

別のデッキに入れましょう。特殊召喚に頼らないデッキなどに入れると面白いですね。また罠ビートとか・・・、面白いカードだと個人的に思っています。

アマゾネスのデッキをどう作ろう?

正直、私個人としてもどういうコンセプトで作ったら良いのか迷走中ですね。サーチやSSといったパワーカードがいっぱい出てきたのは良いのですが、最終版面をどのような形に持っていくかですね。

そこのところがまだはっきりとしていませんね。

アマゾネスのカードが追加次第、追記していきます。

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    斥候の回収効果は戦闘破壊時のみですよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 最果てのパラディンの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「最果てのパラディン」というラノベをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、『このライトノベルがすごい!2018』で第14位にランクインしています。 今回はこの […]

    青春ブタ野郎シリーズの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「青春ブタ野郎シリーズ」というラノベをご存じでしょうか? この作品は『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「青春ブタ野郎シリーズ」の評価や感想を書いていこうかと思います。 この作品を知らない人はぜひとも […]

    転生したらスライムだった件の評価と感想

    「転生したらスライムだった件」という漫画を知っていますか? この作品は”小説家になろう”で投稿されており、それが小説として書籍化され、さらにその作品が漫画となって書籍化されました。 今回はこの作品を知らない人のために、こ […]

    りゅうおうのおしごと!の評価と感想 アニメの展開はどうなる

    「りゅうおうのおしごと!」に関する評価や感想を述べていきたいと思います。 また、アニメの展開はどうなっていくのかもネタバレ要素ほぼほぼなしで書いていこうと思います。 アニメは2018年1月8日からとこれから楽しみであり、 […]

    やがて恋するヴィヴィ・レインの評価と感想

    「やがて恋するヴィヴィ・レイン」というライトノベルを知っていますか。 この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 『このライトノベルがすごい!2018』でも第11位にランクインしています。 今回はこの作品を知ら […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑