*

「百竜殺しと武器屋の幼女」感想と評価 ロマンある冒険譚、幼女も可愛いの一言!

「百竜殺しと武器屋の幼女 遺跡探索に女の子がついてくるのはなぜだろうか?」というライトノベルをご存じでしょうか?

この作品は、『MF文庫J』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2018年10月25日です。

今回は、「百竜殺しと武器屋の幼女」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「百竜殺しと武器屋の幼女 遺跡探索に女の子がついてくるのはなぜだろうか?」の評価と感想

画像は【MF文庫J公式twitter】より引用

ロマンある冒険者という言葉が直に伝わってくるストーリー展開! 幼女がとにかくかわいいんです!?

秋月煌介」先生の「百竜殺しと武器屋の幼女」。

世界観も魅力的でしたし、話の設定もしっかりと考えられている……、気付いたらぐいぐいと読んでしまいましたね~

そんな冒険譚も良いけど、日常シーンもほっこりするシーンがあって文句なしに良かった……。

冒険が非日常だとすると、普段の日常生活も面白くて、登場人物が凄く魅力的なんですよね。

主人公はかなり強くて、一方で外面の割には優しい一面も見せてくれ、そのギャップが素晴らしい……。

メインヒロインである幼女もかわいいだけでなく、凄く頑張り屋さんなので、これまた応援したくなってしまうんですよね~

「エルルカ」や「ファウ」も個性溢れていて凄く好感を持てるヒロインズ。

イラストに関して、イラストレーターは「八葉」先生が担当しています。

イラストもとても良い……、個人的に「ファウ」のイラストがとても気に入っていて、なんかよいですよね~

へっぽこっていうのも良いし、何気に途中途中で”記事”を挟んでくるあたりも良かった!

一巻でまとまっており、読みやすいライトノベルですので、気になった方はぜひ読んでみて下さいな!

そんな「百竜殺しと武器屋の幼女」の評価は、10点中8.5点です。

ここから「百竜殺しと武器屋の幼女 」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「百竜殺しと武器屋の幼女 」の主なストーリー

「あうぅ……こまりました」

「リリーシャ・フェレース」は窮地に立たされていた……、地下大遺跡の中で迷い、魔獣を前にして悲鳴とも言えない引き攣った声を漏らし、硬直している状況であった。。

しかし、そんな彼女の前に一人の白髪青年が立ちふさがることになります。

白髪青年の名前は「アーヴェイ」、”魔獣殺し”の異名を持ち、殺戮者とも言われるほど人から避けられた存在であった。

「こっちは日銭稼ぐので精いっぱいなんだよ! ヒーローならいくらでもいるだろ!? 名の知れた工房専属冒険者とか、遺跡協会お抱えの警備隊とかさ―――! それがなんでよりによって、俺のそばで遭難者とか出てるんだよっ!?」

「おかげで今日の稼ぎ全部置いてきちまったよ! これ誰か補償してくれんの!? なぁ、なぁ、なぁ!?」

「――そいつは俺の、一ヶ月分の食費だッッッ!」、怒声一括で魔獣と対峙し絶命させた「アーヴェイ」……、その姿は、さながら血だまりの中、骸で遊ぶ煉獄の悪魔そのもの。

そんな姿に「リリーシャ」は「かっこいい……♡」……、色白の頬を薔薇色に染め、大きな瞳に夢見るような光を湛え、去り行く男の背中を見つめていた。

腕が立つけど金がない、サポーターも連れず単独で遺跡に潜り続ける「アーヴェイ」。

そんな彼はある日突如として、「助けてくださいっ!」と威勢のいい声で小さな女の子に駆け寄られることになります。

「百竜殺しと武器屋の幼女」の登場人物

  • ”魔獣殺し”と恐れられる凄腕冒険者「アーヴェイ」
  • 武器工房の一人娘「リリーシャ」
  • 天才エルフ魔法技師「エルルカ」
  • へっぽこ雑誌記者「ファウ」

ここまでが「百竜殺しと武器屋の幼女」の主なストーリー、登場人物の紹介でした。

「百竜殺しと武器屋の幼女 遺跡探索に女の子がついてくるのはなぜだろうか?」どんな展開のストーリー?

「百竜殺しと武器屋の幼女」はどんな展開なのか、簡単にそれぞれの巻について、紹介していこうかと思います。

「百竜殺しと武器屋の幼女 遺跡探索に女の子がついてくるのはなぜだろうか?」1巻の主な内容

「また折れちまった! 今月の家賃どうすればいいんだよ!」
“魔獣殺し”と評判の凄腕冒険者、アーヴェイには悩みがある。魔力運用が優れすぎた結果、武器が耐えられず頻繁に壊れてしまい生活費が足りない! さらに外見が怖いせいで相棒ができずに一人、探索をする毎日だった。ある日、偶然助けた武器工房の一人娘、リリーシャ(12さい)に一目惚れされ、なぜか武器工房の用心棒を任されることに。だが、彼女たちの工房は借金で倒産寸前だった!? 工房を救うべく、へっぽこ雑誌記者や天才エルフ魔法技師と魔術武器審査会で優勝を目指す。幼女の為、生活費の為アーヴェイは奮闘する! 幼女同伴わくわく探索コメディ、ここに開幕!

突如「アーヴェイ」の元に助けを求めてきた幼女!? しかも、強引に遺跡に潜ることになって……。

「ふぅー……うまくいったです。さくせんせいこう」

満足げにひとり頷く幼女、「あの、そのぅ……そんなに見つめられると、照れちゃいます……はぅぅ♡」。

その少女は以前、魔獣に襲われていた幼女「リリーシャ」であって……、なにが楽しいのか、ひたすら「アーヴェイ」の名前を連呼しながらくるくる回って飛びはねていた。

「なぁ、リリーシャ」「おまえ、俺のことが怖くないのか?」

あの日、一目惚れしてしまった「リリーシャ」はどうして「アーヴェイ」と遺跡に入りたがったのかというと、そ、それは……、「好きだからですっ!」。

突如告げられた幼女からのお願い!! それは「アーヴェイ」のサポーターになりたいということであって……。

「わたしを……アーヴェイさんの相棒にして下さいっ! なりたいんですっ!」

冒険者業界は、明日をも知れぬ厳しい社会……、あまりに現実的ではない申し出に「アーヴェイ」の答えはというと、「俺は、君を相棒にすることはできない」。

実は「リリーシャ」が冒険家になろうとしたこと、「アーヴェイ」の相棒になろうとしていたことはすべて工房のためであり、そもそも実家の工房が経営難であったことも関連していた。

そのこともあり、後に「アーヴェイ」は仮とはいえ工房との契約を果たす一方で、想定外の重荷も背負わされてしまうことになる。

「幼女がかわいい……」と必ず思ってしまう瞬間がある! 気になった方はぜひ読んで見てくだされ!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★☆☆

以上、「百竜殺しと武器屋の幼女」の紹介でした。

後の巻についてもおそらく出版され次第、更新していこうと思います。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,255人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑