【遊戯王 最新情報】Vジャンプ7月号で判明した32枚の新カードを一気に紹介【効果・画像付き】

1つ1つの記事にまとめた考察はまた後日にしていきます。
効果だけだと一気に見て見やすいかなと思ったので、今回からはVジャンプの効果など一気に紹介していきたいと思います。

では、まとめて効果と少し軽いテーマ考察をしていきたいと思います。〈効果だけ出されるとつまんない記事になってしまうのでイラストなど、効果など感じたことを短いけど一言は添えたいと思っています。〉

では、いきま~す!

スポンサーリンク

目次

「ストラクチャーデッキ サイバース・リンク」に収録されるカード

ストラクの表紙のモンスターが判明しました。デコードと対になるモンスター、《エンコード・トーカー》、薄々気づいていた方の方が多いでしょう。

また新規の速攻魔法など結構強いカードも収録されます。「サイバース」デッキ結構強くなるかもね!

ブート・スタッガード》《サイバネット・バックドア》は個人的に評価は高めです。

エンコード・トーカー

リンク3 サイバース族 光属性 攻2300【リンクマーカー:上・右下・下】
リンクモンスター
サイバース族モンスター2体以上
➀1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のモンスターが、そのモンスターより攻撃力が高い相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。その自分のモンスターはその戦闘では破壊されず、その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。そのダメージ計算後、このカードまたはこのカードのリンク先の自分のモンスター1体を選び、その攻撃力をターン終了時まで、その戦闘を行った相手モンスターの攻撃力分アップする。

クラインアント

星3 サイバース族 光属性 攻1500 守1500
効果モンスター
➀通常召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドのサイバース族モンスターの攻撃力・守備力は、自分ターンの間500アップする。
➁フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに自分の手札・フィールドのサイバース族モンスター1体を破壊できる。  

バックリンカー

星3 サイバース族 闇属性 攻1600 守0
効果モンスター
➀EXモンスターゾーンに相手モンスターのみが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
➁このカードをリリースして発動できる。EXモンスターゾーンのモンスターを全て持ち主のデッキに戻す。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

ブート・スタッガード

星5 サイバース族 光属性 攻2300 守500
効果モンスター
このカード名の➀の効果は1ターンに1度しか使用できない。
➀自分フィールドにサイバース族モンスターが召喚された時に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
➁このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。自分フィールドに「スタッグトークン」(サイバース族・地・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

サイバネット・バックドア

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
➀自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外し、そのモンスターの元々の攻撃力より低い攻撃力を持つサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。この効果で除外したモンスターは次の自分スタンバイフェイズにフィールドに戻り、そのターン直接攻撃できる。  

サーキット・ブレイクに収録されるカード

新規テーマ「メタファイズ」をはじめ、~ドラゴンのカードが多いですね。

アカシック・マジシャン

リンク2 魔法使い族 闇属性 攻1700 【リンクマーカー:上下】
リンクモンスター
トークン以外の同じ種族のモンスター×2体
自分は「アカシック・マジシャン」を1ターンに1度しかリンク召喚できない。
➀このカードがリンク召喚に成功した場合に発動する。このカードのリンク先のモンスターを全て持ち主の手札に戻す。
➁1ターンに1度、カード名を1つ宣言して発動できる。このカードのリンク先のモンスターのリンクマーカーの合計分だけ自分のデッキの上からカードをめくり、その中に宣言したカードがあった場合、そのカードを手札に加える。それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。

~ドラゴンとつく新しいテーマのカード

新規の魔法などかなり優秀なカードがそろっていますね。

「ヴァレット」ドラゴンは全て共通効果

個人的には結構作りたいかなと思ったテーマです。

ヴァレルロード・ドラゴン

リンク4 ドラゴン族 闇属性 攻3000【リンクマーカー:右・右下・左・左下】
リンクモンスター
効果モンスター3体以上
➀このカードはモンスターの効果の対象にならない。
➁1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。この効果は相手ターンでも発動できる。
➂このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。

ツイン・トライアングル・ドラゴン

リンク2 ドラゴン族 闇属性 攻1200
リンクモンスター
トークン以外のレベル4以下のドラゴン族モンスター2体
➀このカードがリンク召喚に成功した時、500LPを払い、自分の墓地のレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、このターン攻撃できない

マグナヴァレット・ドラゴン

星4 ドラゴン族 闇属性 攻1800 守1200
効果モンスター
このカード名の➀➁の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
➀フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。その後、フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る。
➁フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「マグナヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。  

オートヴァレット・ドラゴン

星3 ドラゴン族 闇属性 攻1600 守1000
効果モンスター
このカード名の➀➁の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
➀フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。その後、フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで墓地へ送る。
➁フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「オートヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。  

アネスヴァレット・ドラゴン

星1 ドラゴン族 闇属性 攻0 守2200
効果モンスター
このカード名の➀➁の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
➀フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。その後、フィールドの表側表示モンスター1体を選ぶ。そのモンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
➁フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「アネスヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。  

スニッフィング・ドラゴン

星2 ドラゴン族 闇属性 攻800 守400
効果モンスター
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
➀このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「スニッフィング・ドラゴン」1体を手札に加える。  

ゲートウェイ・ドラゴン​

  星4 ドラゴン族 闇属性 攻1600 守1400
効果モンスター
このカード名の➀の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
➀相手フィールドにリンクモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
➁1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル4以下のドラゴン族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。  

スクイブ・ドロー

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
➀自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊し、自分はデッキから2枚ドローする。

クイック・リボルブ

速攻魔法
➀デッキから「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。 

新規テーマ「メタファイズ」

メタファイズ・ホルス・ドラゴン》がいたけどあれのテーマかなのかな・・・
そんなことは、さておき「メタファイズ」は効果をパッと見た感じだと自分のカードを除外して戦っていくテーマですね。また上級のモンスターのステイタスも高いため、エクストラに頼らず闘っていけそうです。

また、下級の《メタファイズ・ラグナロク》というかっこいい名前のカードがあるのですが、このカードを軸に、上級の「メタファイズ」につなげていき、上級のSSした効果で激強効果を発揮です。【※ここはなんとなく強調】
罠でもSS可能です。

封印の黄金櫃》はもう値上がりしているみたいですね。

上級のメタファイズの共通効果

  • このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。デッキからレベル5以上の「メタファイズ」モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは次ターンのエンドフェイズに除外される。

メタファイズ・ラグナロク

  星4 幻竜族 光属性 攻1500 守1000
チューナー・効果モンスター
このカード名の➀➁の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
➀このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分のデッキの上からカードを3枚除外する。このカードの攻撃力は、この効果で除外した「メタファイズ」カードの数×300アップする。
➁このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。デッキからレベル5以上の「メタファイズ」モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは次ターンのエンドフェイズに除外される。

メタファイズ・ダイダロス

星7 幻竜族 光属性 攻2600 守1500
効果モンスター
➀このカードが「メタファイズ」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。このカード以外のフィールドの特殊召喚された表側表示モンスターを全て除外する。
➁このカードが除外された場合、次のターンのスタンバイフェイズに除外されているこのカードをデッキに戻して発動できる。デッキから「メタファイズ・ダイダロス」以外の「メタファイズ」カード1枚を除外する。

メタファイズ・ネフティス

星8 幻竜族 光属性 攻2400 守1600
効果モンスター
➀このカードが「メタファイズ」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。フィールドにセットされた魔法・罠カードを全て除外する。
➁このカードが除外された場合、次のターンのスタンバイフェイズに除外されているこのカードをデッキに戻して発動できる。デッキから「メタファイズ・ネフティス」以外の「メタファイズ」カード1枚を手札に加える。

メタファイズ・タイラント・ドラゴン

星8 幻竜族 光属性 攻2900 守2500
効果モンスター
➀「メタファイズ」モンスターの効果で特殊召喚したこのカードは罠カードの効果を受けず、このカードがモンスターを攻撃した場合もう1度だけ続けて攻撃できる。
➁このカードが除外された場合、次のターンのスタンバイフェイズに除外されているこのカードをデッキに戻して発動できる。手札から「メタファイズ」モンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。

メタファイズ・ファクター

  フィールド魔法
➀このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分はレベル5以上の「メタファイズ」モンスターを召喚する場合に必要なリリースをなくす事ができる。この効果は1ターンに1度しか使用できない。この効果を適用して召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。
➁このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分の「メタファイズ」モンスターの効果の発動に対して、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

メタファイズ・ディメンション

 永続罠
このカード名の➀➁の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
➀相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、除外されている自分の「メタファイズ」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚されたモンスターは次のターンのエンドフェイズに除外される。
➁このカードが既に魔法&罠ゾーンに存在する状態で、このカード以外の自分「メタファイズ」カードが除外された場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。

新規「サイバー・ダーク」

まさかの新規カードがドラゴンになっておる!っていうサプライズ付き!
いや~、これ結構ありがたいと思った方、多いのではなかろうか?

しかも全部がサーチカードとなり得るし、《サイバーエンド》を墓地へ送れるのも良いね!
最高だ!!

サイバー・ダーク・カノン

星3 ドラゴン族 闇属性 攻1600 守800
効果モンスター
このカード名の➀➁の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
➀このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから機械族の「サイバー・ダーク」モンスター1体を手札に加える。
➁このカードを装備カード扱いとして装備している装備モンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。デッキからモンスター1体を墓地へ送る。
➂モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分のデッキから1枚ドローする。

サイバー・ダーク・クロー

星3 ドラゴン族 闇属性 攻1600 守800
効果モンスター
このカード名の➀➁の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
➀このカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「サイバーダーク」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
➁このカードを装備カード扱いとして装備している装備モンスターが戦闘を行ったダメージ計算時に発動できる。自分のEXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。
➂モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

サイバーダーク・インフェルノ

フィールド魔法
このカード名の➁➂の効果は1ターンに1度しか使用できない
➀装備カードを装備した自分フィールドの「サイバー・ダーク」効果モンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
➁自分フィールドの「サイバー・ダーク」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスター持ち主の手札に戻し、その後「サイバー・ダーク」モンスター1体を召喚できる。
➂フィールドのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。

新規「ビークロイド」

ミキサーロイド》のタンクの絵柄がまさかの《融合
この中で混ぜるのか・・・そうなのか!?

メガロイド都市》もなんか、《ドラゴニックD》に似てるね。

ミキサーロイド

星4 機械族 機械族 攻0 守2200
効果モンスター
このカード名の➀➁の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
➀自分フィールドの機械族モンスター1体をリリースして発動できる。デッキから風属性以外の「ロイド」モンスター1体を特殊召喚する。
➁LPを半分払い、自分の墓地からこのカードを含む機械族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。除外したモンスターの数と同じレベルの「ロイド」融合モンスター1体をEXデッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

メガロイド都市

フィールド魔法
このカード名の➀➁の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
➀このカード以外の自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、デッキから「ロイド」カード1枚を手札に加える。
➁自分の「ロイド」モンスターが戦闘を行うダメージ計算時に、デッキから「ロイド」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。その戦闘を行う自分のモンスターはそのダメージ計算時のみ、元々の攻撃力と元々の守備力が入れ替わる。<

「ウォータードラゴン」を強化するカード達

「ポンディング」魔法・罠はサーチできるようですね。ちなみに《デューテリオン》はスーパーレアの模様。
手札・墓地からでも《ウォーター・ドラゴン-クラスター》を出せるところが評価できますね。

デューテリオン

星5 恐竜族 水属性 攻2000 守1400
効果モンスター
このカードの➀➁の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
➀自分メインフェイズにこのカードを手札から捨てて発動できる。デッキから「ボンディング」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
➁このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の「ハイドロゲドン」「オキシゲドン」「デューテリオン」のいずれか1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

ボンディング-D2O

通常魔法
このカード名の➁の効果は1ターンに1度しか使用できない。
➀自分の手札・フィールドの「デューテリオン」2体と「オキシゲドン」1体をリリースして発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から「ウォーター・ドラゴン」または「ウォーター・ドラゴン-クラスター」1体を選んで「ボンディングH2O」の効果の扱いとして特殊召喚する。
➁このカードが墓地に存在し、「ウォーター・ドラゴン」または「ウォーター・ドラゴン-クラスター」がフィールドから自分の墓地へ送られた場合に発動する。墓地のこのカードを手札に戻す。

ボンディングDHO

通常罠
➀自分の手札・墓地から「デューテリオン」「ハイドロゲドン」「オキシゲドン」を1体ずつデッキに戻して発動できる。自分の手札・墓地から「ウォーター・ドラゴン-クラスター」1体を選んで特殊召喚する。
➁墓地のこのカードを除外して発動できる。自分のデッキ・墓地から「ウォーター・ドラゴン」または「ウォーター・ドラゴン-クラスター」1体を選んで手札に加える。

Vジャンプ年間定期購読で付属する2枚のカード

2枚とも効果が判明しましたね。「DDD」は少し残念効果ですが、このカード名前が面白いよね。覗きに関してはNo1の称号与えても良いくらい・・・

一方のえいは、優秀ですね。ちょうどチューナーが欲しいところにきてくれましたね【※墓地蘇生のみだけど・・・】。手札からSSできるところは良い感じかも・・・、他のデッキでも使われそうだね。

白棘鱏(ホワイト・スティングレイ)

星4 魚族 水属性 攻1400 守1000
効果モンスター
このカード名の➀の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、➁の効果は1ターンに1度しか使用できない。
➀このカードは手札の水属性モンスター1体を捨てて、手札から特殊召喚できる。
➁このカードが墓地からの特殊召喚に成功した場合に発動できる。このターン、このカードをチューナーとして扱う。 

DDD超視王ゼロ・マクスウェル

星7 悪魔族 闇属性 攻2800 守2500
ペンデュラム効果 【スケール4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
➀フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの守備力をターン終了時まで0にする。
効果モンスター
➀このカードが相手の守備表示モンスターに攻撃するダメージ計算前に発動できる。その相手モンスターの守備力はダメージステップ終了時まで0になる。
➁このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
➂このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。 

来月のVジャンプ8月号の付録!

V-LANヒドラ

リンク3の光属性リンクモンスター

LANケーブルをぶっさしたようなイラストですね。
気持ち悪い・・・

なんやかんやで全部で32枚

今回新たに判明したカードは全部で32枚のカード達です。結構多かったですね。

一番うれしかった新情報はやっぱ「サイバー・ダーク」系かな・・・・・、ほど良い強化です。

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    ミキサーロイドが属性が機械族になってますよ

  2. 匿名 より:

    メタファイズアームドドラゴンを忘れないで・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

  • 「赤の魔導書」をよろしくお願いします。

    管理人は京都の私立大学に通う普通の大学生
    【管理人の戦闘能力】
    50メートル→6.5
    1500メートル→4分25秒
    足は中の中です。
    【管理人の学力】
    偏差値→68.5(浪人しています)
    数学とかは壊滅的に死んでいて、文系でしか生きていけない人です。日本史の偏差値は75、国語は73
    【管理人の好きなこと】
    アニメ・ライトノベル・漫画をとにかく視たり、読んだりすること。
    自分が好きなことを伝えていければと思い、1人で奮闘中です。

  • 遊戯王あんてな
  • ロゴ

  • ロゴ

PAGE TOP ↑