*

「先輩がうざい後輩の話」感想と評価 これがキュン死必至の大人のラブコメなんだ!!

「先輩がうざい後輩の話」という漫画をご存じでしょうか?

この作品は、『comic POOL』で出版されているマンガで、初版発売日が2018年4月5日です。

今回は、「先輩がうざい後輩の話」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「先輩がうざい後輩の話」の評価と感想

画像は【comic POOL編集部公式twitter】より引用

くっつきそうでくっつかない二人の関係が超絶絶妙……、これはキュン死必至であり、何度ニヤニヤさせられたことかっ!!

しろまんた」先生の「先輩がうざい後輩の話」。

先輩と後輩、二人の距離感がめちゃくちゃ絶妙……、読む度にキュン死必至ですよ!

面倒見の良い先輩に勘違いをしてしまうのは当然……、そして、なかなか素直になれない可愛い後輩に何度ニヤニヤさせられたことかっ!!

しかも、ここぞとばかりに欲しい台詞を入れてくるのだから、こんなの読みたくないわけないじゃないですかっ!

「奥さんじゃだめなんすか?」「これでいつでも連絡がとれるな」「俺からのクリスマスプレゼントだ」などなどグッとくる台詞ばかりが出てきますよ!

あんな台詞を言われたら間違いなく落ちてしまうのですが、それなのにくっつきそうでくっつかない二人の関係を描いているのが良いんですよね~

また、とにかく後輩がめちゃくちゃ可愛いんです!

あんな頬を赤に染めた顔を何度も見せられたら、読んでいる読者を一撃KOノックアウトしてしまいます。

読んでいたら必ず癒やされますし、「この物語が一生続けばいいのに」って自然と思えてきますよ!

ちょっとうぶな二人の関係を描いた話題作、これが”社会人ラブコメ”なんだ! 気になった方はぜひ読んでみて下さいな!

そんな「先輩がうざい後輩の話」の評価は、10点中10点です。

ここから「先輩がうざい後輩の話」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「先輩がうざい後輩の話」の主なストーリー

ちょっぴりガサツだけど面倒見のいい先輩・武田と、そんな彼に素直になれない(?)後輩・五十嵐。
今日も五十嵐は武田をうざいと思いつつ、本当はまんざらでもなかったりやっぱり本当にうざいときもあったりと自覚のない二人の微妙な距離感にもだえちゃうことまちがいなし!

「先輩がうざい」「でかいし」「笑い声でかいし」「すぐ撫でてくるし」「……うざい」……、そんなことをいつも思いながら後輩の「五十嵐双葉」は面倒見の良い先輩「武田」のことをうざい、うざいと思っていた。

しかし、そんな感情を「双葉」は抱きながらも……、まんざらでもないときが何度もあったりして……。

「先輩って絶対私のこと好きですよねー」

「ああもちろん好きだぞ」

「え……?」

「……もし俺に奥さんがいて子供がいたらお前みたいなのがいいかなって」

「先輩がうざい後輩の話」の登場人物

  • 先輩がうざい後輩「五十嵐双葉(いがらしふたば)」
  • 後輩にうざがられている先輩「武田晴海(たけだはるみ)」
  • 双葉の中学からの幼馴染「黒部夏美(くろべなつみ)」
  • 「双葉」の会社の後輩「桜井桃子(さくらいとうこ)」
  • 「双葉」の会社の先輩「風間蒼太(かざまそうた)」

以上、「先輩がうざい後輩の話」の紹介でした。

ちょっとお値段はしますが……、気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,255人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑