「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」感想と評価 さがら総先生の新作早くも期待の予感

公開日: : 最終更新日:2018/03/30 おすすめライトノベル , , , , , , ,

「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」というライトノベルをご存じでしょうか?

この作品は、『MF文庫J』で出版されているライトノベルです。

ちなみに、「変態王子と笑わない猫。」と同じ作者さんですよ!

今回は、「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」の評価と感想

画像は【MF文庫J公式twitter】より引用

塾講師とロリコンの組み合わせは斬新すぎるし、絶妙にマッチしている! 「さがら総」先生の新作早くも期待の予感かも!?

さがら総」先生の「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」。

「変態王子と笑わない猫。」の新シリーズ「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」は、大変面白く読ませてもらいましたし、おすすめしたいと思った作品です!

この作品は、塾講師である「天神」を中心にして物語は進んでいくのですが、何故か女子中学生に脅迫されることになり、思わぬ形になってしまい……、という”年の差ラブコメ”の作品となっております。

まさか”ロリコン”という要素を”塾講師”と組み合わせてくるなんて思いもしなかったですし、しかも、それが絶妙な組み合わせを醸し出し、読んでいて非常に楽しく、かつ自然と物語に浸れるような作品だった思います。

何でロリコンという言葉を出したのかというと、この作品は女子中学生以外にも天使のような小学五年生も登場するからです。

また、塾講師としての描写もなんだかリアルに感じられ、読み応えもありましたし、この作品は塾講師としての一面だけでなく、ラノベ作家としての一面も描かれていますよ!

塾講師の兼業として「天神」はラノベ作家をしているのですが、そんな「天神」はあることをきっかけにして魂のこもっていない作品ばかりを書いているのが現状であって、そこから「天神」はどのように変わっていくのか、どんな作品を書いていくことになるのかなど……。

それは塾講師としての「天神」にも言えることであって、”彼の変わっていく様”っていうのが個人的に今後気になる所でしたし、何より塾講師として、「筒隠星花」を筆頭に彼ら教え子の成長も今後気になってくる所ですね~

あと、最後のページの解説で「白鳥士郎」先生が「実際に経験しないとこんなこと書けないだろ!?」と書かれてあったのですが、私も読んでいてそれを感じましたし、「まさに『さがら総』先生の経験した通りのライトノベルなんだな」と思わせるような文章のインパクト・魂がそこにあったと勝手に思っています。

そういった中で、会話にも面白みがあり、登場人物もなかなか個性的かつ魅力的だったので、気になった方はぜひ”年の差ラブコメ”を読んで欲しいです。

イラストに関して、イラストレーターは「ももこ」先生が担当しています。

イラストは文句なしの完成度でした! 表紙・カラー・モノクロ、全てが予想を上回るイラストばかりでヤバいというのが率直な感想です。

どれも文章を盛り上げてくれるイラストであり、かつ楽しめるイラストだったと思いますよ。

あと、「稲荷凜」ちゃん天使です、「舞牧ひらり」ちゃんも天使です、「シャーク」も何だか魅力的でした、つまり、キャラクター原案にしても文句なしでした!

そんな「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」の評価は、当然10点中10点です。

ここから「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」の主なストーリー

塾講師である「天神」は、酔っ払って行きつけのバーで自らの職業に関する愚痴をこぼしていた。

その愚痴の内容とは、この世のあらゆる職業を、上から順番に書き込んでいった時、一番下に来る職業は塾講師であると断言してみたり、ロリコン共が合法的に生徒たちと触れ合うような職業だと塾講師を”ロリコンクソ野郎”と揶揄してみたり、大嫌いな塾講師について暴言じみたことを目の前の誰だか分からない女性に話していた。

まぁ、酔っ払っていたので、目の前の女性が中学生だろうと、話している内容にロリコンが出てこようとあまり気にしてはいなかったのだが……。

この話は、そんなくだらない塾講師の。

どこにでもある、くだらない人生の話だ。

小学五年生の国語担当を受け持つ「天神」、彼はTAX調布校という中高受験指導塾で塾講師として働いており、毎日騒がしい生徒たちの授業をし、時には生徒たちのお見送りをしたり、そして、そのお見送りの後には質問教室という生徒たちが自発的に参加する”もう一つの授業”もあったりしたのだが……。

TAX調布校には、根性論マンである室長がおり、彼がいるおかげで質問教室には誰も来ず、また、質問教室に生徒たちを来させるよう熱血ミーティングが開かれたりと、「天神」たち常勤講師は室長によって、時間を拘束されるような日々を送っていた。

そんな時、「筒隠星花」という中等部の生徒が「天神」のもとに質問してくることになり……。

その質問内容とは授業内容とは関係ない質問であって、それはライトノベルの文中で分からない所があるという質問であった。

そんな質問を聞いた「天神」は、「星花」が持ってきたライトノベルを”くだらないラノベ”だと言い捨て、授業とは関係ない質問も一切答えることはしなかった、……のだが……。

「天神」は、そんな”くだらないラノベ”だと言い捨てたラノベ作家であった。

「天田太郎」というペンネームでラノベの作家をしている「天神」、しかしそんな作家としての「天神」は、求められるものを求められたとおりに書いており、そこには魂というものがまるでなかった。

塾講師と同じ。それが仕事だ。

しかし、まさか教え子に脅迫されてライトノベルの指導をすることになるなんて誰が予想出来たことか……、「天神」はまだ知るよしもなかった。

「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」の登場人物

  • 塾講師であり、ラノベ作家「天神(てんじん)」
  • 才媛と言われるほどの天才、作家を目指している中学三年生「筒隠星花(つつかくしせいか)」
  • アルバイト塾講師、女子大学生「シャーク」
  • お人形さんみたいな女の子、小学五年生「稲荷凜(いなりりん)」
  • ぼんやりとしている女の子、小学五年生「舞牧(まいまき)ひらり」
  • サッカー大好き少年、小学五年生「紺屋涼介(こんやりょうすけ)」

ここまでが「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」の主なストーリー、登場人物の紹介でした。

「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」どんな展開のストーリー?

「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」はどんな展開なのか、簡単にそれぞれの巻について、紹介していこうかと思います。

「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」1限目の主な内容

中高受験指導塾に勤める27歳塾講師・天神。小中学生を指導するテクニックに長けてはいるが、子どもに対する思い入れは全くない。世間の荒波に揉まれたり同僚のJDを揉んだりしながら、どこか冷めた気持ちで今日も明日も働き続ける、はずだった。しかし――「せんせい、すき、すき、だいすき……」ある日、担当クラスの小学五年生女児にスリスリされている姿を中等部のクソ悪魔(14歳・JC)に見つかって……?「わたしに、夜の個人レッスンをしてください――ね、一流のロリコン先生?」まさかの強制課外授業スタート!?『変代王子と笑わない猫。』のさがら総が放つ通報必至の年の差ラブコメ! 誰も知らない小中学生の禁断の“リアル”がここにある――!?

小学五年生「稲荷凜」のいきなりのハグからの「筒隠星花」の脅迫!?

「天神」が塾講師として働いていたある日、「天神」が受け持つクラスの「稲荷凜」が泣きそうになりながらこっちにやって来て……。

というのも、友達に貸して貰ったゲーム機を塾に置き忘れて、その事が室長にばれてしまうともうやばいことになってしまうらしくて……、ましてや小学五年生の女の子のそんなかわいそうな姿なんて見たくないというのもあって……。

そのゲーム機の存在を事前に気付いていた「天神」は、そのことを室長に伝えることなく、それを「凜」との二人だけの秘密の約束だとし、そのゲーム機を返すことになるのだが……、いきなり「ぎゅううう!」と「凜」に抱きつかれることになって……。

「すきすき、だいすき、せんせいだいすきだいすきだいすき……」

と告げられ……、しかし、事前にゲーム機の存在を知りながら親の元に返していればこのような状況にはならなかったと後悔することになる「天神」の姿もあって……。

そんな時、「カシャ、カシャ、カシャ」と響き渡る音があり、それはスマホのカメラの音であった。

そして、そのスマホを手にしていたのはあの時ライトノベルの質問をしに来た「筒隠星花」であって……。

まぁ~、小学五年生に抱きつかれている写真を撮られていたらマズいよね。

「筒隠星花」との夜の個人レッスンのスタート!? ラノベ作家になりたい「筒隠星花」!

当然、そのスマホを奪いにかかる「天神」、そして逃げる「星花」であった……のだが……。

そのスマホの写真以外にも「星花」は「天神」の”弱み”を握るような情報を持っていて……。

それはどこかで聞き覚えのある音声ファイルであって……、というかむしろ「天神」自身の音声であり、あの時、酔っ払って話していた内容であった。

しかも上手い具合にその内容がつなぎ合わされており、そんな情報を持っている「星花」は「天神」に”脅迫”じみたことをすることになって……。

そして、そんなことをする「星花」の目的とは、授業終わりの夜の時間にみんなとは違う勉強がしたいということらしくて……。

「わたしに、夜の個人レッスンをしてください――ね、一流のロリコン先生?」

「さがら総」先生の新作早くも期待の予感! 大学生、女子中学生、女子小学生と年齢の幅がでかい”ラブコメ”、果たしてどうなっていくのやら……。続きを早く読みたいです!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

以上、「教え子に脅迫されるのは犯罪ですか?」の紹介でした。

後の巻についても出版され次第、更新していこうと思います。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑