ノーゲーム・ノーライフの評価と感想 アニメの続き(2期)はどんな展開!?

「ノーゲーム・ノーライフ」は、アニメ化され、そして映画にもなるまで人気が沸騰しましたよね。この記事では、そんな「ノーゲーム・ノーライフ」の評価と第2期があれば、アニメの続きはどんな展開なのかをおおまかに書いていこうと思います。

基本おおまかなネタバレなどはしないです。管理人は逆にテレビアニメを配信などで見て欲しいと思っていますし、ライトノベルを読んで欲しいと思っているので、ネタバレはほぼほぼなしです。そこだけは、ご了承下さい。

スポンサーリンク

「ノーゲーム・ノーライフ」の感想&評価

画像は【ノーゲーム・ノーライフTVアニメ公式サイト】より引用

私は文句なしに10点中10をつけたい作品だと思っています。それくらい時間を忘れて見てしまったし、何よりゲームの内容が凝っており、見入ってしまいました。また、最初にライトノベルを読んだときも一日足らずで1巻を消化したのも記憶に新しいです。それくらいはまる作品なので気になる方は見るべしです。

テレビアニメ「ノーゲーム・ノーライフ」がどういった内容なのかは「主人公最強アニメ」「異世界ファンタジーアニメ」の方で紹介しているので、ぜひぜひそちらで確認して下さい(^_^;)

登場人物も魅力だよね!!

兄である「空」、義妹の「白」をはじめ、いつも雑用担当の「ステフ」や天撃という意味の分からないほどの破壊力を持つ「ジブリ―ル」、そしてかわいいの一言だけど、血塊を発動したらめちゃくちゃ強いし、頭の回転力も上がる「いずなたん」などが主な登場人物です。

どのキャラクターもかわいらしくて、「ライトノベル」のイラストはいつも際どくて、見えそうで見えない18禁使用なのが、それまた良いイラストです。

「ノーゲーム・ノーライフ」のアニメの続き(第2期)はどんな展開?

第2期が放送されるのであれば、第1期のアニメの続きはライトノベル4巻からです。

劇場版では、「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」が2017年に公開されましたが、この内容は主にライトノベル6巻の内容です。劇場版も文句なしに面白かったし、何より感動しました。ぜひ、見てみて下さい。

「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」のPV

「ノーゲーム・ノーライフ」4巻の主な内容

ゲームで全てが決まる世界【ディスボード】―魔法や超能力を駆使する数多の敵を相手に連戦を重ね、なおも無敗を貫く最強ゲーマー兄妹『 』、だがそんな二人にもクリア出来たことがないゲームが、実は”二つ”だけあった……。
東部連合で優雅な休暇を満喫する二人を訪ねてきたのは、吸血種の少女・プラム。種の危機を救うことになった空と白だが、そのゲーム内容はまさしく二人が未クリアのゲームの一つ、「リアル恋愛ゲーム」だった―青い海を舞台に、咲くが恋の花!
今回はラ~イトに行く、大人気異世界ファンタジーのラ~~イトな、第四弾……?

最強ゲーマー二人においてもプレイしたことがなく、そして理解できないものがある……。それは「リアル人生ゲーム」と「リアル恋愛ゲーム」

「ノーゲーム・ノーライフ4巻」においては、新しい種族が出てきます。それは、位階序列第12位「吸血種(ヴァンピール)」です。14位の「獣人種(ワービースト)」よりも位階序列は高いです。そんな「吸血種(ヴァンピール)」である少女「プラム」は空と白達に自分たちの種族を救って欲しいとお願いをされます。

それは、バカな位階序列第15位「海棲種(セイレーン)」のおかげで「吸血種」の滅亡の危機にされされていることであった。

「海棲種(セイレーン)」との「リアル恋愛ゲーム」

そして空達は「海棲種(セイレーン)」とゲームをすることになるのですが、それがまさに「リアル恋愛ゲーム」。勝利条件は「海棲種」の女王様「ライラ・ローレライ」を惚れさせること。そして目覚めさせることです。その代わり負ければ”全て”を失うことになります。

ここでは、平身低頭する「イノ」の姿に注目ですね。常に「ライラ」に「ヤらせてくれ」の一点張りです。面白いので、気になる方はぜひ手にとっていただきたいです。

「ノーゲーム・ノーライフ」5巻の主な内容

ゲームで全てが決まる世界【ディスボード】―人類種の王となった地球出身の最強ゲーマー兄妹・空と白は、吸血種と海棲種の『リアル恋愛ゲーム』をかい潜り、真の攻略法を暴くべく向かうは天翼種の故郷、空中都市『アヴァント・へイム』!
だが序列第六位、狂瀾怒濤の”神殺しの種族”が一筋縄で行くはずもなく―?
空と海を制し、比翼のゲーマーは三種族一挙制覇へその手を届かせるか!?
「俺TUEEEでゲームして一回負けたらクソゲ認定?”俺YOEEE”からやり直せ!」
大人気異世界ファンタジー、嘘と偽りと陰謀の入り乱れる大連戦の第五弾!!

4巻の「リアル恋愛ゲーム」が5巻でも引き続きます。「本当の攻略方法は何なのか?」それが解明されておらず、空と白、ジブリ―ル、プラムそしてステフとイズナは手がかりを見つけるべくそれぞれ行動に移します。

いざ、空中都市「アヴァント・ヘイム」へ!!

手がかりを見つけるのに濃厚である空中都市「アヴァント・ヘイム」にやってきた空と白、ジブリ―ル、そしてプラム。彼らは”神殺しの種族”、位階序列第6位「天翼種(フリューゲル)」とゲームをすることになります。すなわち、それは「天翼種」と「吸血種」、「海棲族」の3種族を賭けたゲームであるということ。

ここで映画にも登場した「アズリール」先輩が登場します。映画での声優さんは「堀江由衣」さんでしたね。

ゲームの内容は鬼ごっこ

約100人近い「天翼種」に捕らえられれば負けで、1時間逃げ切ったら勝利。しかしそれは、ただの鬼ごっこなのではなく、言葉遊びを含ませた鬼ごっこです。空達が逆に捕らわれず、「天翼種」が持っている46文字の内1枚の文字を奪い、集めて、それを言葉として、「言霊(ワード)」として、具象化させることも可能です。それはもちろん物体だけでなく、概念も具象化可能です。

ゲームの背景には「ジブリ―ル」が「アズリール」に気付いて欲しいたった一つのことがあった。

未知を求め続ける「ジブリ―ル」と知識さえあれば十分な「アズリール」には、決定的な違いがあった。そのため、「アズリール」は、「ジブリ―ル」の未知を求め、探求する行動の意図が全く分からなかった。

ここが5巻の大きな肝になるので、ぜひ読んで欲しいです。ちなみに「リアル恋愛ゲーム」も一気に片がつきます。

「ノーゲーム・ノーライフ」6巻の主な内容

ゲームで全てが決まる世界【ディスボード】―を創った唯一神テトは、エルキアの路地裏で、ひっそりと……空腹で行き倒れていた。いづなの施しで行き存えたテトが語るは、「六千年以上前の物語」―天を割り地を裂いた『大戦』を”ゲーム”と断じ、世界に挑んだ男とその傍らに寄り添った少女。
「―なぁ、またゲームしようぜ……今度こそ、勝ってみせるから、さ……」
記憶にも記録にも遺らない、それでも”僕”だけは忘れない物語―
”最も新しき神話”へと至る”最初の神話”―大人気異世界ファンタジー、第六弾!!

記憶にも記録にも遺らない”語られない神話”

ぜひ、映画「ノーゲーム・ノーライフ」を見て下さい。「以上!!」で終わらせるのもなんなので、少し補足しておくと、今から六千年前、そこは神々とその被造物が争い合っていた。唯一神になるその時まで……。

そしてその大戦に巻き込まれるのは、いつも人間。そしてその大戦からいつも逃げるように「リク」達は、動き回っていた。でも、そんな時、彼は一体の「機凱種(エクスマキナ)」後の「シュヴィ」と出会うことによって、逃げるのではなくて、その”大戦”を止めるべくゲームをすることになる。

ラノベ6巻と映画「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」の違いに関して

違いに関して、少しありますね。「ノーゲーム・ノーライフ ゼロ」は、「神霊種(オールドゼウス)」について、映画でも出現はしたもののそこまで語られていませんでした。しかし、ラノベ6巻では、「神霊種」、ここでは戦神「アルトシュ」について多く語られます。

そして、この6巻の終盤に、アニメの最終話、「神霊種」の顕現につながります。

「ノーゲーム・ノーライフ」7巻の主な内容

悠久の大戦の果て、ゲームで全てが決まる世界へと変わった【ディスボード】―
けれど、手段が暴力からゲームに変わろうとも、勝者が敗者を蹂躙し、犠牲を重ねる『定石(せかい)』。幼き日の巫女は嗤った……「なにも変わってなどいない」と。
―だが、裏切り、騙し、欺き合う者達が、それでも互いを信じられるというならば。
命を賭けた賽子で、位階序列一位・神霊種の双六すら食い破れるならば。
「そん時こそ認めたる。変われる―変えられる世界に、確かに変わっていたとッ!!」
”旧き神話”を継ぐ”最も新しき神話”―大人気異世界ファンタジー、第7弾!!

「巫女」の神髄から顕現した「神霊種(オールドゼウス)」、位階序列一位と空と白はゲームをすることになるのだが……。

ゲームの内容は、351マスの『双六』

当然、普通の『双六』ではありません。めちゃくちゃ手の込んだルール内容となっています。

プレイヤーには、サイコロ1個につき年齢10分の1のサイコロを10個渡されます。そして10個サイコロを使う度に1個ずつ減っていきます。つまりサイコロを使う度に10分の1の年齢が減少していきます。逆に増えれば、年齢も上がります。ただし0個になった場合、質量存在時間の減少、つまりそれは存在した事実の否定=消滅します。

また、プレイヤーは各50の課題を作成することができます。その課題はランダムでマスに設置され、そこのマスに止まった者は、その課題を実行しなければなりません。課題に成功した場合、課題を課した者から1個サイコロを奪取し、課題を失敗してしまうと、サイコロを1個奪われます。

また、プレイヤー全員はこのゲーム前の記憶を徴収されます。しかし、その中には一人記憶を徴収されていない裏切り者も存在しています。

とまあ、ザッとこんな感じです。しかしこの双六はサイコロ10個使っていく、つまり10×(10×9×8×7×6×5×4×3×2)で324マスしか必然的に進むことはできず、351マス進むには、相手のサイコロを課題で奪うか、譲渡してもらうかの2択しかありません。

理不尽極まりのないゲームに何故同意したのか?

また、このゲームを始めるに至って、巫女の命が対価となっています。ましてや、「神霊種」相手なのに、参加者7名(空・白・ステフ・いづな・いの・ジブリ―ル・プラム)がそれぞれ裏切り合わなければならない状況を一同【盟約に誓って】としています。

それすなわち、”囚人のジレンマ”皆それぞれの利益のために、必然的にプレイヤー同士が裏切り合うゲームになっています。

「ノーゲーム・ノーライフ」7巻は伏線が非常に多く、8巻で全てが明らかになります。

東部連合を一人でまとめあげたにもかかわらず、大戦前も、今も変わらない『定石』を作ってしまった「巫女」の失敗。それを覆すために『 』は、犠牲のない『定石』を作ることができるのか?…、そうかつて二人が失敗した同じ失敗をしないように…。

そして彼らの前に立ちはだかるのは、「ジブリ―ル」。彼女は本気で『 』と対峙することとなります。一方「プラム」も『夜の王』としての力を開放することとなる。

めちゃくちゃ手の込んでる感があって、読み応え抜群なので、読みたい方はぜひ読んで下さい!!

以上「ノーゲーム・ノーライフ」についてでした。

「8巻、9巻」の内容は随時更新していくつもりなので、しばしお待ち下さい。あと10巻の発売日が12月25日です。

 

「ノーゲーム・ノーライフ」の感想などがございましたらぜひぜひコメントで書き込んで下さい。待っています(^_^;)

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • ほのぼのアニメ・日常アニメ 癒やされる名作アニメ15選

    「ほのぼのアニメ」「日常アニメ」を紹介していきます! ここで紹介したいと思っているのは、見ていて癒やされる作品、ストーリー関係なく、登場人物の日常が描かれている作品、登場人物全員がほぼ魅力的な作品です。以上を踏まえ紹介し […]

    政宗くんのリベンジの評価と感想 アニメの続き(2期)はどんな展開

    「政宗くんのリベンジ」、アニメが終わって結構経ちますが、面白かったですよね。 アニメの前から漫画は、かなり売れていたのですが、アニメに拍車がかかり、さら多くの漫画が売れ、大人気作品となったと思います。アニメもかなり良かっ […]

    友人キャラは大変ですか?の評価と感想 アニメ化を期待している作品

    皆さん、「友人キャラは大変ですか?」という作品を知っていますか?この作品を知らない人のために、この話の大枠はどうなっているのか、どんな登場人物が出てくるのか、また話の展開はどうなっていくのか、簡単に説明していこうと思いま […]

    ホラーアニメ シリアスで怖くなるアニメ6選

    「ホラーアニメ」を紹介していきます。 とにかく怖くて、シリアスで、グロくて、それでも何か見てしまうようなアニメを集めてみました。また、最近のアニメ中心に紹介していきます。 早速紹介していきますね。

    SFアニメ もっと評価されるべきアニメ12選

    「SFアニメ」を紹介していこうと思います。 「SFアニメ」と言っても、どう定義すればSFなのか…と難しい議論になってきますが、私が思う「SFアニメ」を紹介していきます。とりあえず科学的だなと思った作品、科学の発展で未来に […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑