ありふれた職業で世界最強の評価と感想 アニメ化して欲しい作品 

「ありふれた職業で世界最強」という作品を皆さんは知っていますか?その作品を知らない人の為に、この作品の評価や感想、見所などを伝えていければと思います。また、もし「ありふれた職業で世界最強」がアニメ化されたら、どんな展開を見せることになるのかも紹介できればと思います。

では早速ですが、紹介していきますね。

スポンサーリンク

「ありふれた職業で世界最強」の評価と感想

結構面白かったです。最初に読んだときも1日くらいで全部読み終えたと思います。評価は10点中8点くらいです。ただ、好きな方とあまり好かない方に分かれそうな作品だと思います。

個人的に面白かった点は、主人公の異世界の常識にとらわれない戦い方をしているところです。また、この作品はヒロインがめちゃくちゃかわいいです。

アニメ化して欲しい作品の一つです。ただ、中途半端な出来映えだと、近年の傾向を見ていると同じような作品が多いので、どうしても批判の声も上がりかねないのかなと予想しています。個人的にアニメ化されるとしたら、バトルアクションに力を入れて欲しいところです。

「ありふれた職業で世界最強」の世界感について

生徒達は突然、異世界召喚することとなります。異世界召喚された場所は『トータス』。そしてそこには、大きく分けて3つの種族がいた。それは人間族魔人族そして亜人族。人間族は、魔人族と長きに渡り戦争をしていたのだが、魔人族は、『魔物』を使役することによって、人間族と魔人族の均衡が崩れ、人間族は窮地に陥ることとなったそうだ。それ故に、人間族の神様『エヒト様』は異世界から、人間を召喚したという。

召喚した理由は、彼らがいた世界は上位世界、つまり『トータス』の人間族よりもはるかにステータスが高く、魔人族に対抗する戦力となるからである。

しかし、召喚されたものの、生還する手段がなく、全ては『エヒト様』の御意志次第であり、何とも理不尽極まりのない状況の中で、彼らは人間族を救い、そして元いた世界に帰還すべく、『トータス』で奮闘することになる。

主人公「南雲ハジメ」の中二感!?

主人公が中二病ってことではなく、単なる非力でオタクであった主人公は1巻の道中で、右目と左腕を失ってしまいます。つまり、眼帯に義手、その上、白髪になってしまいます。

そこから主人公はめちゃくちゃ強くなってしまいます。何故強くなるのかは、ぜひ読んでいただきたいです。

ヒロインがかなりかわいいし、ド定番のハーレム展開!?

「ユエ」・「シア」・「ティオ」・「香織」などなど…(最終9人だったような…)、巻が増えていくにつれて、旅を共にする女の子が次々と増えていきます。非力だったオタク少年が、こういう展開になるのですから、理想に理想を重ねた展開といえるでしょう。

管理人は、「シア」推しですね。断トツです、おそらく人気が出るキャラクターだと予想しています。

とおおざっぱにまとめるとこんな感じになります。

「ありふれた職業で世界最強」がアニメ化したらどんな展開を見せる?

もし、アニメ化が決定したとしたら、どのような展開になるのか、大まかな話の流れと見所を伝えていければと思います。それでは、それぞれの巻の説明をしていきますね。

「ありふれた職業で世界最強」1巻の主な内容

”いじめられっ子”の南雲ハジメは、クラスメイトと共に異世界へ召喚されてしまう。つぎつぎに戦闘向きのチート能力を発現するクラスメイトとは裏腹に、錬成師という地味な能力のハジメ。異世界でも最弱の彼は、あるクラスメイトの悪意によって迷宮の奈落に落とされてしまい―!?
脱出方法が見つからない絶望の淵のなか、錬成師のまま最強へ至る道を見つけたハジメは、吸血鬼のユエと運命の出会いを果たす―。
「俺がユエを、ユエが俺を守る。それで最強だ。全部薙ぎ倒して世界を超えよう」
奈落の少年と最奥の吸血鬼による”最強”異世界ファンタジー、開幕!

突然異世界へと召喚されたクラスメイト達は、ステータスプレートと呼ばれる『アーティファクト』を手渡され、それには、”天職”とステータスが示される。上位世界から来たのだから、「ハジメ」にもとてつもない能力を持っていると思っていたのだが、裏を返せば、能力は平均以下、そして天職も『錬成師』と『トータス』の住人と変わらなかった。

そんな中、鍛錬のため、『オルクス大迷宮』へと潜ることになるのだが、そこで思わぬ罠に遭遇し、しかも「ハジメ」は、裏切りに合い、『オルクス大迷宮』の奈落の底へとたたき落とされることとなる。

全てを殺すために生まれ変わった「ハジメ」

奈落の底、そこは、とてつもない化物の集まり、そして容赦なく「ハジメ」を襲ってくるのだが、そこで「ハジメ」は生まれ変わることとなる。

一人の少女、メインヒロインとの出会い

そして、そこで一人の少女、後の「ユエ」と出会う。彼女は吸血鬼であり、特別な存在。しかし、とてつもない力を持っていたが故に、国に裏切られ、何年も『オルクス大迷宮』の奈落の底に閉じ込められていたと言う。裏切りという点に共感した「ハジメ」は、彼女を助け、再び『オルクス大迷宮』の最深部へと潜っていくのだが、そこでとてつもない化け物と対峙することとなる。

そして、その最奥にて、「ハジメ」はとんでもないことを耳にする。何故、七大迷宮が存在するのか、そしてクラスメイトがここに来た本当の理由を…。

しかし、「ハジメ」は、そんなことはすでにどうでも良いのだ。ただ帰る方法だけを探すべく、その手掛かりとなる他の七大迷宮攻略を目指すこととなる。

「ありふれた職業で世界最強」2巻の主な内容

異世界にクラスごと召喚された南雲ハジメは、オルクス大迷宮の奈落でユエと出会い、地上に生還した。久しぶりの地上を満喫するハジメとユエだったが、魔物に追われる兎人族の少女シア・バウリアから助けを求められてしまう。
未来視の能力でハジメが一族の危機を救う未来を見たシアは、ライセン大峡谷で彼を探していたのだという。断ろうとするハジメだったが、その依頼は元の世界に戻る手がかりとなる七大迷宮踏破に繋がっており―!?
「化け物でよかったです。御陰で貴方について行けます」
WEBで1億PV超を誇る”最強”異世界ファンタジー、待望の第2巻が登場!

一匹の兎、いや兎耳を持った少女「シア・バウリア」の登場

『オルクス大迷宮』を攻略した「ハジメ」と「ユエ」、彼らは、長らくぶりの地上へと帰還する。と、そんな時、大軍の魔物に追いかけられる一人の少女「シア」と出会うことになる。しかも、彼女は唐突に「ハジメ」に助けを求めることとなる。その訳とは、「シア」は兎人族の中でも異質な存在故に、亜人族にしたら、そんな事は禁忌に触れ、処刑される事を告げられていたのである。

その上、「シア」の一族(ハウリア族)までもが窮地に立たされている状態なのだ。何故「ハジメ」に助けを乞うたのかというと、「シア」は固有魔法『未来視』の力を持っており、「ハジメ」が一族を救う未来を見ているためである。

「ハジメ」は、『ハウリア』族に『ハルツィナ樹海』にある七大迷宮の案内役としての名目で、その助けを渋々受け入れることになったのだが…、それは空回りになってしまう。

いざ、七大迷宮がある『ライセン大峡谷』へ!!

代わりに、「ハジメ」一行は、「ライセン大峡谷」に挑むこととなる。しかし、そこは様々な仕掛けとともに、「ハジメ」一行の怒りの沸点を抑えることができなくなってしまう。

以上、「ありふれた職業で世界最強」でした。

後の巻についても、更新していく予定なので、しばらくお待ち下さい。また、この作品は、「小説家になろう」で投稿している作品なので、ぜひ一度読んでみて下さい。

 

「ご視聴ありがとうございました。<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • ほのぼのアニメ・日常アニメ 癒やされる名作アニメ15選

    「ほのぼのアニメ」「日常アニメ」を紹介していきます! ここで紹介したいと思っているのは、見ていて癒やされる作品、ストーリー関係なく、登場人物の日常が描かれている作品、登場人物全員がほぼ魅力的な作品です。以上を踏まえ紹介し […]

    政宗くんのリベンジの評価と感想 アニメの続き(2期)はどんな展開

    「政宗くんのリベンジ」、アニメが終わって結構経ちますが、面白かったですよね。 アニメの前から漫画は、かなり売れていたのですが、アニメに拍車がかかり、さら多くの漫画が売れ、大人気作品となったと思います。アニメもかなり良かっ […]

    友人キャラは大変ですか?の評価と感想 アニメ化を期待している作品

    皆さん、「友人キャラは大変ですか?」という作品を知っていますか?この作品を知らない人のために、この話の大枠はどうなっているのか、どんな登場人物が出てくるのか、また話の展開はどうなっていくのか、簡単に説明していこうと思いま […]

    ホラーアニメ シリアスで怖くなるアニメ6選

    「ホラーアニメ」を紹介していきます。 とにかく怖くて、シリアスで、グロくて、それでも何か見てしまうようなアニメを集めてみました。また、最近のアニメ中心に紹介していきます。 早速紹介していきますね。

    SFアニメ もっと評価されるべきアニメ12選

    「SFアニメ」を紹介していこうと思います。 「SFアニメ」と言っても、どう定義すればSFなのか…と難しい議論になってきますが、私が思う「SFアニメ」を紹介していきます。とりあえず科学的だなと思った作品、科学の発展で未来に […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑