*

2019年おすすめ冬アニメランキング 厳選した10作品を紹介!

”2019年冬アニメランキング”を紹介していこうと思います!

対象作品は、主に”2019年1月~3月”までに放送された……、いわゆる”冬アニメ”で、一応2クールなどの作品も入れております。

そして、今回ランキングを作るにあたって紹介していく作品数は10作品です。

ちなみに、ランキングと書いてありますが、あくまで私的なランキングです。

管理人が見ておすすめしたいと思ったアニメを厳選しておりますので、そこはご了承下さい<(_ _)>

では、紹介していきます! この記事を読んで、何か1作品でも新しいアニメとの”出会い”があればと思います。

スポンサーリンク

2019年おすすめ冬アニメランキング【1月~3月編】

画像は【TVアニメ『かぐや様は告らせたい』公式twitter】【TVアニメ「ケムリクサ」公式twitter】【TVアニメ「どろろ」公式twitter】【『約束のネバーランド』公式twitter】【TVアニメ『盾の勇者の成り上がり』公式twitter】よりそれぞれ引用

管理人が”2019年1月~3月”にかけて放送された冬アニメを厳選してランキング形式で紹介しています。

基本的に私のアニメの見方は、ほぼほぼ全作品の1話を見て、そこから継続して見ていくか決めるパターンです。

第10位:「ドメスティックな彼女」〈著者:流石景〉

大人の恋愛事情を描いた「ドメカノ」! 嵌まる人には嵌まる恋愛アニメがここにっ!

大人向けの恋愛を描いた「ドメカノ」……、1話目から過激でまさかの展開もあったりして……。

そして、そこから始まる禁断の恋と三角関係

そこまでドロドッロな恋愛アニメというわけではないのですが、先生と生徒の禁断の恋や高校生同士の性行為のシーンを描いたりと……、なかなか挑戦的な恋愛アニメを見るのは久しぶりだったのでなんだか背徳感に駆られますね。

こんな恋愛をしてはいけないと分かっているのに……、抑えられないあの感情。

ひとつ屋根の下で暮らすことになった3人……、ピュアで禁断過激な三角関係が今スタートする!

幼い頃に母親を亡くした高校生「藤井夏生」。

「夏生」は小説家希望であり……、そんな彼は高校教師である「橘陽菜」に密かに想いを寄せていた。

先生との恋は叶わぬ想いと心の中へ押し込み、ふと誘われた合コンに参加した「夏生」はそこで出会った「橘瑠衣」と、成り行きで初体験をしてしまう。

そんな時、父が再婚することになり……、再婚相手と一緒に「夏生」の目の前に現れたのは「陽菜」と「瑠衣」であった。

大人な恋愛アニメを見たいと思った方や、少しリアルな恋愛アニメを見たいと思った方はぜひ見てみて下さいな!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★☆☆☆

【物語の構成・面白さ】

★★★★★★★☆☆☆

【登場人物・イラストの良さ】

★★★★★★★☆☆☆

第9位:「五等分の花嫁」〈著者:春場ねぎ〉

どストライクすぎる”ラブコメ”に完全に嵌まってしまう!? 個性豊かな可愛い五つ子にだいちゅーもく!

五つ子が本当に可愛い……、漫画と比べ若干劣ってしまう面もありますが、一人一人の五つ子のパートにドキドキしてしまいますよ。

好感を持てる五つ子ばかりだし、個性豊かっていうところも見どころだと思いますよ。

特に、最終話の「三玖」のあの顔は忘れられそうにないです!

この作品は、全く勉強のできない五つ子の家庭教師を貧乏高校生である「上杉風太郎」が務めることになるのだが、その五つ子は勉強ができないだけでなく、なかなかの問題児たちであって……。

でも、そこから恋愛・ラブコメに発展していくんですよね~

家が貧乏な男子高校生「上杉風太郎」のもとに、好条件の家庭教師のアルバイトの話が舞い込むことになって……!?

ところがその教え子は最悪な出会いを果たした同じクラスの転入生「中野五月」であった。

何とか「五月」のご機嫌を取ろうと近づく「風太郎」だったが、行く先々に現れる四人の女の子たちに振り回されてしまう。

そう、彼女たちは五つ子の姉妹であり、「風太郎」は家庭教師として彼女たち全員を教えることになっていて……。

しかも、彼女たちは「風太郎」が思っていた以上の問題児であり、全然勉強ができなくて……。

ラブコメが好きな方は絶対に嵌まるはず! 気になった方はぜひ読んでみて下さいな!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★☆☆

【物語の構成・面白さ】

★★★★★★★☆☆☆

【登場人物・イラストの良さ】

★★★★★★★★☆☆

第8位:「賭けグルイ××」〈著者:河本ほむら〉

生きるも死ぬもギャンブル次第……、白熱する生徒会”解散・総選挙”始動!

2期ではますます顔芸に磨きがかかっておりますし、本当にリアルなんですよね。

美少女だろうが、ロリっ娘だろうが関係ない……、ギャンブルに勝つために貪欲で、人は追い込まれた時、あのような顔を……。

生徒会に加えて、2期では一癖も二癖もある百喰一族とのギャンブルバトル!

全てを賭けた白熱のギャンブルであり……、2期では「指切りギロチン」や「ニム零式」、「演技力三本勝負」、「公共財ゲーム」、「扉の塔」、「100票オークション」と斬新なゲームばかりで目が離せないですよ!

良家の子女が集う名門『私立百花王学園』!

ギャンブルで支配されたこの学園の頂点に君臨するのは、弱者の人生を支配し、政財界にすら影響力を持つ絶対的な支配者、生徒会だった。

しかし、生徒会長の「桃喰綺羅莉」は突然、生徒会の”解散・総選挙”を宣言することになって……。

選挙のルールは一人一票……、全生徒に学園の頂点を目指すチャンスが与えられる。

カオスと悦楽を求める「綺羅莉」の思惑による選挙戦。さらに、その機に乗じ、新たな脅威が訪れる。

”百喰”一族――「綺羅莉」と「夢子」に連なる者たちが。

学園ギャンブルバトル! 白熱する生徒会”解散・総選挙”始動によりますます面白いので、気になった方はぜひ見てみて下され!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★☆☆

【物語の構成・面白さ】

★★★★★★★★☆☆

【登場人物・イラストの良さ】

★★★★★★★★★☆

第7位:「モブサイコ100 Ⅱ」〈著者:ONE〉

2期の戦闘シーンは圧巻の一言! 最強すぎる主人公と最強すぎる強敵たち!?

2期では「モブ」に匹敵する敵が現われたりして……、しかも、二人もだ…と…。

彼らの戦闘はもの凄く迫力あり、時間を忘れさせてくれるほどの激アツシーンを見せてくれますよ!

いつも無双する「モブ」……、爆発した瞬間はまさに主人公最強にふさわしい「モブ」であるのだが、そんな彼が苦戦するほどの強敵。

戦闘シーンだけ言うと、軽く1期を上回るくらいで、最終回はまさに圧巻の一言。

『モブサイコ100』100になったとき何かが起こる青春サイキックストーリー!

「霊幻新隆」が営む『霊とか相談所』にかかってきた、一本の電話。

依頼主は畑に現れた不気味な黒い影の正体を突き止めてほしいというのだが……。

一方、「モブ」が通う塩中学校では、生徒会長を務める「神室」がいきなりの辞任。

新たな生徒会長を決めるための、選挙が開かれることに。

「モブ」を”人の上に立つ人間”に成長させようと、クラスメイトの「米里」は「モブ」を焚きつけ、生徒会長に立候補させるのだが……。

マジで面白すぎるアニメであり、見ないと損するレベルですので、気になった方はぜひ見てみて下さいな!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★☆

【物語の構成・面白さ】

★★★★★★★★★☆

【登場人物・イラストの良さ】

★★★★★★★★★☆

第6位:「私に天使が舞い降りた!」〈著者:椋木ななつ〉

2019年冬アニメの癒やしアニメ「わたてん」! 「花」ちゃんが可愛すぎる!?

大学生で人見知りの「みゃー」姉……、小学生たちを前にしてダメっぷりを何度も発揮したりして……。

そんな「みゃー」姉が小学生に恋?をしてストーリーが進んでいくのだが、警戒心ばかりを抱かせることになって……。

でも、そんな天使な小学生「花」ちゃんは「みゃー」姉が作るお菓子によって心を開いていくことになり……、というかお菓子を食べている「花」ちゃんマジ天使です。

あのメロンパンを食べる「花」ちゃんのシーンは忘れられないですね~

超絶かわいいあの娘と仲良くなりたい系スケッチコメディ-、開幕♪

オタクで人見知りな女子大学生「星野みやこ」はある日、天使な小学5年生と出会うことになる。

「みやこ」の妹「ひなた」が連れてきたクラスメイト「白咲花」……、彼女を見た瞬間「みやこ」は一目惚れしてしまうことになって……!?。

「みやこ」は「花」ちゃんとどうにか仲良くなろうと奮闘するのだが……。

2019年冬アニメ最も癒やされた「わたてん」! 気になった方はぜひ見てみて下され!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★☆

【物語の構成・面白さ】

★★★★★★★★☆☆

【登場人物・イラストの良さ】

★★★★★★★★★☆

第5位:「盾の勇者の成り上がり」〈著者:アネコユサギ イラスト:弥南せいら〉

全てを失った盾の勇者の成り上がり……。異世界ファンタジートップクラスのラノベアニメがここにッ!

序盤、正直めちゃくちゃ腹が立ちましたね~

それくらい主人公である盾の勇者に同情しましたし、全てを失った男の成り上がり……、かなり見応えがありますよ!

特に4話とか……、かなり虫酸が走りましたが、そんなシーンからの爽快感もあってたまらないんですよね。

中盤からはそんなイライラも落ち着いてきて……、でも、12話でチート過ぎる強敵も出てきたりして……。

予想を超えて面白い作品であり、単なる異世界ファンタジーアニメではないですね。

すべてを失った男の成り上がりファンタジー、開幕!

オタク大学生「岩谷尚文(いわたになおふみ)」は、図書館で出会った”四聖勇者”について書かれた本に導かれ異世界へと召喚される。

そこには、剣の勇者「天木錬(あまきれん)」と槍の勇者「北村元康(きたむらもとやす)」、弓の勇者「川澄樹(かわすみいつき)」も召喚されており……、「尚文」は”盾の勇者”として召喚された。

彼ら四聖勇者の使命は、世界に混沌をもたらす災い”波”を振り払うこと。

大冒険に胸を膨らませ、仲間とともに旅立った「尚文」であったが、裏切りに遭い、金も立場もすべて失ってしまう。

何もかも失った「尚文」は不信、疑念、猜疑心に駆られ……、世界中すべてが敵。

異世界ファンタジーアニメの中だとトップクラスに入ってくるであろうラノベアニメですので、気になった方はぜひ見てみて下さいな!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★☆

【物語の構成・面白さ】

★★★★★★★★☆☆

【登場人物・イラストの良さ】

★★★★★★★★★☆

第4位:「約束のネバーランド」〈著者:白井カイウ イラスト:出水ぽすか〉

繰り広げられる頭脳戦は鳥肌モノ! ドキドキハラハラの緊張感がたまらない!?

かわいいイラストと物語の構成のギャップがいいですし、予想を上回る展開で驚きの連続ですよ。

このアニメの見所は、子供たちが”頭脳”と”運動神経”だけで解決しようと努力しようとしているところ。

読み合いがかなり多く、伏線などもあってかなり面白いです。そして、そこから生み出される”緊張感”がたまりません。

どんな展開になっていくのか想像することが出来ないし、ドキドキハラハラしながら見ていけると思いますよ。

『GFハウス』、”グレイス・フィールド”と呼ばれる孤児院。そこには総勢38人の孤児がいた。

その孤児たちには母親も兄弟姉妹も血の繋がりはない。しかし、皆仲良く家族のように幸せな日々を過ごしていた。

ちょっと変わったところは、”特殊な勉強”があるということだけ……。

また、近づいてはならない所もあって……、そこは外へ通じる「門」と柵の向こう側。

しかし、外の世界に憧れを抱きつつも、誰もGFハウスから外へ出ようと思わなかった。

ただ12歳になるまでに里親が決まった場合、『GFハウス』から外の世界へと出て行くことになっていて……。

彼らは、後に知ることになる。この施設は、”農園”という名の”食料人間”を養う場所なのだと。

第1期の終わり方は絶妙で最高の終わり方! 非常に面白いアニメで第2期も制作決定しておりますので気になった方はぜひ見てみて下さいな!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★☆

【物語の構成・面白さ】

★★★★★★★★★☆

【登場人物・イラストの良さ】

★★★★★★★★★★

第3位:「ケムリクサ」〈オリジナルアニメ〉

ストーリー展開に関して言うまでもなく文句なし! ポストアポカリプスの世界観にも引き込まれてしまう!?

「”ケムリクサ”って一体何なのか?」「何でこんな廃墟が広がる世界になったのか?」「彼女たち姉妹の存在とは?」「『わかば』は何故記憶喪失なのか?」

1話でも謎すぎるのに、回を重ねていくにつれて分からないことが増すばかり……。

でも、11話でその謎の一端に迫ることができますよ!

1話~10話までのストーリーの間はずっと頭に「?」を思い浮かべながらもワクワクして見ていました。

そして、最終回……、終わり方も絶妙で「りん」の最後の顔と台詞は忘れられないです。

赤い霧に包まれた、荒廃した建造物に囲まれた人気の無い世界を舞台に3人の姉妹が生き抜く物語。

物語の中心的人物でまとめ髪の特徴的な「りん」、猫耳でいつもおっとりしているお姉さんキャラの「りつ」、メイド調の服に身を包み天真爛漫なムードメーカー「りな」。

彼女たち3人の姉妹は水を探しながら”赤虫”と戦いながら生きながらえていた。

謎多き世界でこの姉妹が目指すものは一体……!?

そんなある日、姉妹は記憶喪失の青年「わかば」と出会うことになって……。

オリジナルアニメであり、3Dアニメでもある「ケムリクサ」! 回を重ねていくつれ引き込まれること間違いなしですので、気になった方はぜひ見てみて下さいな!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

【物語の構成・面白さ】

★★★★★★★★★☆

【登場人物・イラストの良さ】

★★★★★★★★★☆

第2位:「どろろ」〈著者:手塚治虫〉

2019年冬アニメのダークホース! 世界観の素晴らしさ、ダーク感を醸し出す演出は最高の一言!

文句なしに面白い……、面白すぎるし、クオリティがかなり高い!

原作は未読で2019年アニメで初めて見たのですが、あの世界観、あのダークファンタジー感を醸し出す演出は最高でした。

また、一話ごとに人間性を取り戻していく「百鬼丸」の心情をうまく表現しているのもこのアニメの魅力。

身体のあちこちが欠けている「百鬼丸」……、そんな彼が話数を重ねていくにつれ取り戻していく自分の身体と感情、そして弱くなっていく「百鬼丸」。

醍醐の国の主「醍醐景光(だいごかげみつ)」は、ある寺のお堂で十二体の鬼神像に領土の繁栄を願い出た。

それと引き換えに、生まれた「景光」の赤ん坊は身体のあちこちが欠けており、忌み子として母親と引き離され捨てられてしまう。

時は流れ、鬼神は「景光」との約定を果たし、国には平安が訪れた。

一方、「どろろ」という幼い盗賊はある日、「百鬼丸」という男に出会うことになる……、のだが……。

それは、鬼か人か

その男は両腕に刀を仕込む全身作り物の身体であり、その見えない瞳で襲い来る化け物を見据えていた。

ほぼほぼ一話完結のアニメであり、毎話毎話引き込まれるはずですので、気になった方はぜひ見てみて下さいな!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

【物語の構成・面白さ】

★★★★★★★★★★

【登場人物・イラストの良さ】

★★★★★★★★★★

第1位:「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」〈著者:赤坂アカ〉

2019年冬アニメ最も面白かった新感覚頭脳ラブコメ! 個性的な生徒会メンバーに注目!?

二人の目的はただ一つ、好きな相手を告らせること。

単なる恋愛ラブコメではありません……、新感覚”頭脳戦”ラブコメです。

どうやって告白させるのか、必死で頭を回転させて考える「四宮かぐや」と「白銀御行(しろがねみゆき)」に注目ですよ!

「かぐや」様のデレが可愛すぎますし、風邪を引いた時の破壊力もヤバいし、ヤンデレ「かぐや」様もヤバい。

なお、最終回は良かったですね……、原作を読んでいる管理人からしてもあの終わり方はグッチョブ!

今、天才たちによる新感覚”頭脳戦”ラブコメが繰り広げられる!

将来を期待された秀才が集う名門校『秀知院学園(しゅうちいんがくえん)』。

その学園の生徒会メンバーに所属する副会長「四宮かぐや」と会長「白銀御行」。彼らは互いに惹かれ合っていたのだが……、何もないまま半年が経過

二人はプライドが高すぎるが故に告白することができなかったのだ。

素直になれない二人……、いつしか自ら告白することを負けと考え、”如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまい……。

2019年冬アニメ個人的に最も面白かったラブコメアニメ! 歴代のラブコメアニメの中でもトップクラス級に面白い作品ですので、気になった方はぜひ見てみて下され!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

【物語の構成・面白さ】

★★★★★★★★★★

【登場人物・イラストの良さ】

★★★★★★★★★★

2019年おすすめ冬アニメランキング【1月~3月編】を振り返って

と、ここまで2019年おすすめ冬アニメランキングを紹介してきましたがどうでしたでしょうか?

「かぐや様は告らせたい」や「どろろ」、「ケムリクサ」、「約束のネバーランド」、「盾の勇者の成り上がり」、「わたてん」と2019年冬アニメはなかなか良作・神アニメ揃いでしたね~

文句なしでした!

この記事を見て一つでも多くの新しい作品を知ってもらって、アニメの配信や円盤を借りるなどして見て下さればと思います。

あと、紹介していない作品などもあると思うのですが、「これ紹介してないよ」とか「この作品は?」とかありましたら、コメントにて書いてくれると管理人のためになります。

時間があったら、「Amazon Prime」などで視聴します。

また、この記事の感想やこうして欲しいなどの要望がありましたら、コメントにてどしどしよろしくです!

そういったコメントは今後のモチベーションにつながります。

次もおそらく”2019年春アニメランキング”を紹介できればと思っておりますので、ぜひよろしくお願いします(^^)/。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,241人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑