*

「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」感想と評価 物語の舞台は乙女ゲーの世界!

「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」というライトノベルズをご存じでしょうか?

この作品は、『GCノベルズ』で出版されているライトノベルで、初版発売日は2018年6月4日です。

今回は、「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」の評価と感想

画像は【GCノベルズ編集部公式twitter】より引用

物語の舞台は乙女ゲーの世界! そんな世界で傍若無人な振る舞いをする「リオン」の姿はまさに爽快そのもの!?

三嶋与夢」先生の「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」。

斬新な話の設定と、後半からの怒濤の展開は最高でしたね~

この作品は、乙女ゲーの世界に転生するモブ主人公がやりたい放題の女やイケメン男子に反旗を翻していくというストーリーとなっております。

「乙女ゲーなのに、モブの男性が主人公?」と思いますが、これはこれでかなり面白かったです。

だって、外道な主人公の傍若無人な活躍を見ていたら、爽快そのものでしたし、これから主人公はどんな成り上がりを見せてくれるのか非常に気になっていきますよ!

また、この作品は登場人物が凄く良いんですよね~

ゲスな主人公を初め、乙女ゲーなら主人公の立場なのに何故かぼっちのヒロイン、また、気が強く一途なヒロインや、「これぞ悪女!!」っていうヒロインが出てきたりと、全然飽きることなく最後までページをめくってしまいました。

イラストに関して、イラストレーターは「孟達」先生が担当しています。

表紙も最高でしたし、モノクロイラストも大変素晴らしかったですね~

ヒロインのイラストはどれも可愛いイラストで、一方、ロボのイラストも非常に心惹かれましたね~

女尊男卑の世界でモブでゲスな主人公が活躍する一風変わった作品、めちゃくちゃ面白い一冊となっておりますので、気になった方はぜひ読んでみて下さい!

そんな「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」の評価は、10点中10点です。

ここから「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」の主なストーリー

社会人である俺が死んだ魚のような目でプレイをしているのは……乙女ゲーだった。

いわゆる恋愛シュミレーションゲームであり、主人公は女の子……、もちろん攻略対象になるのが頬を染めた美形の男性であって……。

「どうして俺が朝から野郎の好感度を稼がねばならないのか」

何故俺が乙女ゲーをしているのかというと、それは全てゲームを押しつけてきた妹に原因があった。

実家住まいの妹は、俺の部屋に自分の本を隠しており……、しかも、その本は腐女子が好みそうな本であり、そのような本を俺の部屋に置くといういうのだ。

その本を一度母親に見つかってしまっている身として、俺はそのような趣味を持っていると誤解され、性格の悪い妹はそのことにつけ込んで乙女ゲーを俺にさせており……。

そんな妹は、ゲームのコンプリートを条件に誤解を解くと約束しており、悔しい気持ちを抱きながらも俺は乙女ゲーを進めている最中であった。

だが、問題は乙女ゲーなのにロールプレイングゲーム要素があること、そして、戦略シュミレーション要素までもが入ってしまっていることである。

ゲームの世界は剣と魔法のファンタジー世界……、王族や貴族たちのいる世界でパワードスーツのような鎧を身につけ戦争をする世界となっている。

そんな世界で、主人公は貴族たちの学園に通い……、とにかく、学園物の恋愛ゲームに冒険やら戦争をぶち込んだゲームということである。

気付けばすでに夜、丸々二日間を乙女ゲーに費やした俺は気分転換にファミレスへ足を運ぼうとするのだが、自宅を出た瞬間、俺は倒れてしまうことになる。

そうして目を覚ますと、そこはいつも通り浮かんだ島?……、しかも、その世界は男性より女性の方が立場が上であり……、そうして、俺は気付くことになる……、そ、それは……。

俺【リオン・フォウ・バルトファルト】は、乙女ゲー世界に転生した元日本人であった。

「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」の登場人物

  • 乙女ゲームの世界に転生することになるモブ主人公「リオン・フォウ・バルトファルト」
  • AI(人工知能)が搭載された球体ロボット「ルクシオン」
  • 貴族の学園に特別入学を許された田舎の娘「オリヴィア」
  • 王家に次ぐ権力を持つ王太子の婚約者「アンジェリカ・ラファ・レッドグレイブ」
  • 見た目は幼い少女だが、中身は腹黒悪女「マリエ・フォウ・ラーファン」
  • ゲームでは攻略対象、王太子殿下「ユリウス・ラファ・ホルファート」

ここまでが「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」の主なストーリー、登場人物の紹介でした。

「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」どんな展開のストーリー?

「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」はどんな展開なのか、簡単にそれぞれの巻について、紹介していこうかと思います。

「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」1巻の主な内容

剣と魔法の“乙女ゲー”の世界に転生した、元日本の社会人だったリオンは、その女尊男卑な世界に絶望する。この世界では、男なぞは女性を養うだけの家畜のようなものであった。例外なのは、ゲームで攻略対象であった王太子率いるイケメン軍団ぐらいである。そんな理不尽な境遇において、リオンはある一つの武器を持っていた。そう前世で生意気な妹に無理矢理攻略させられていたこのゲームの知識である。リオンはその知識を使い、やりたい放題の女どもとイケメンに、はからずも反旗を翻すのだった。

”女尊男卑”の世界……、乙女ゲーの世界に転生した「リオン・フォウ・バルトファルト」。

記憶を取り戻してから早くも十年……、乙女ゲーがリアルだと思うと、こんなにも酷い世界になるかと怒りを感じる日々を「リオン」は送っており……。

「リオン」は、貴族と言っても貧乏な田舎貴族、実家で当然のように農作業を手伝わされていた。

しかも、この乙女ゲーの世界では、男は学園を出るまでに結婚しないと問題有りと見なされ、二十歳までに結婚できないと白い目で見られてしまう。

男にとってとんでもなく厳しい世界だ。

男にとって結婚はかなり重要な世界……、また、この世界では、戦争、小競り合い、空賊、モンスターと世界観的に争いが多く、騎士や軍人の死亡率は高い。

「リオン」のような田舎貴族は、命がけで戦わなければならないのだが……、それなのに、女性の方が権力を持ってるとか……。

モブはモブらしく生きるために……、今ここに「リオン」の第二の人生が始まることになる!?

「モブか……俺らしいと言えば、らしいけど」

来年から「リオン」は貴族として学園に入学することになっており……、そんなある日、「リオン」にお見合いの話が持ち掛けられることになる……、のだが……。

お見合い相手の年齢は五十を超えており、しかも、そのお見合いはお金目的であって……、当然、「リオン」は断固拒否、そのため、「リオン」はなんとしてでもお金を稼ぐことになります。

「……一攫千金を狙うなら冒険者が一番だ」

「リオン」はここから前世の乙女ゲーで培った知識を用いて、女尊男卑の世界に反旗を翻していくことになります。

マジで面白い異世界転生もの? 斬新な設定と盛り上がる物語の構成ですので、気になった方はぜひ読んでみて下さいな!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

以上、「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」の紹介でした。

後の巻についても出版され次第、更新していこうと思います。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,243人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑