「Re:ゼロから始まる異世界生活」13話あらすじ!? エミリアとスバルが衝突?

公開日: : Re:ゼロから始める異世界生活 

「Re:ゼロから始まる異世界生活」13話のあらすじです。突如5人目で現れたフェルトが気になるところですね。

13話のあらすじはこちら

スポンサーリンク

IMG_5391

ラインハルトとフェルトが顔を合わせるや否や・・・

IMG_5392

フェルトはラインハルトに蹴りをお見舞いする。

IMG_5393

だが、それを軽々く受け止めるラインハルト

IMG_5395

なんやかんやで事が進み、紀章が反応したことにより5人目の巫女はフェルトと判明し王戦が開始されることに・・・
だが、当然反対の声も出てきて、ラインハルトはそれに反対するフェルトを弁護する。

IMG_5399

貧民街出身であることを馬鹿にするプリシラ

IMG_5398

それに対抗するフェルト

IMG_5396

そこにラインハルトが仲裁に入る。

5人の巫女がここにもう一度集う。

IMG_5400

プリシラ陣営

IMG_5401

クルシュ陣営

IMG_5402

アナスタシア陣営

IMG_5403

エミリア陣営

IMG_5404

フェルト陣営

IMG_5405

フェルトのことに合わせて、銀髪のハーフエルフサテラの容姿に似ているため避難する賢人会の爺ども!
おい、コラ(# ゚Д゚)

IMG_5406

そこにスバルが男を見せる。

IMG_5407

だがエミリアがそれを止める。

IMG_5408

エミリアは偏見があるもののそれでも、ここに断言する王戦で戦うということを!

IMG_5409

スバルもここに断言するエミリアの騎士であるということを。

IMG_5410

だがユリウスはスバルに問う。騎士としての責任があるということを。ここにいる騎士同様に巫女にすべてをささげられるのかと・・・

IMG_5411

動揺するスバル

IMG_5412

それでもエミリアを王にする覚悟があると・・・

IMG_5413

エミリアは・・・

IMG_5414

苦し紛れのスバルの言葉もかき消され、ユリウスの前に完全に正当な答えが返ってくる。

IMG_5415

スバルを下がらせるエミリア

IMG_5416

エミリアは皆にいう、スバルはエミリアの従者ではないということを・・・

IMG_5417

目の前が真っ白になるスバル

IMG_5418

そんな中、突然煙が!

IMG_5419

ロム爺がフェルト奪還に!

IMG_5420

だがすぐに捕まってしまう。

IMG_5421

ロム爺のためにフェルトも王戦で戦うことになる。

IMG_5422

改めて、フェルトの騎士なるラインハルト

IMG_5423

フェルトは貴族、騎士も王国もすべてぶっ壊すことを宣言する。

IMG_5424

すべての候補者が再びそろい、王戦がここに開始される。

IMG_5425

それぞれの騎士が集まる中、ユリウスに敵意を向けるスバル
ユリウスはスバルと決闘するためここに来た。

IMG_5426

ユリウスはどうも騎士を侮辱されたことを嫌い、スバルと決闘することに・・・
絶対スバルに勝ち目がないような・・・

IMG_5427

ボッコボコにされるスバル

IMG_5428

エミリアはそれを止めに・・・

IMG_5429

顔がぐちゃぐちゃのスバル

IMG_5430

シャマクを使うも・・・
この決闘はどっちが主人公か是非を取りたくなる。
砂をかけたり、不意打ちをしたり・・・いつものスバルと違うぞ!レムの時と・・・

IMG_5431

それをかき消されてしまうスバル

IMG_5432

ユリウスの一振りが炸裂する。

IMG_5434

目を覚ますも・・・

IMG_5435

とにかくエミリアとスバルの関係を侮辱されたことを気に病み、ユリウスに一矢報いようと必死であったのだ。

IMG_5436

突然エミリアは屋敷に帰ることを告げる。スバルを残して・・・

ここからはスバルとエミリアの口論をお楽しみください。

IMG_5437

「だって、スバルは私がいるとそうやって無理をするんでしょう。」

IMG_5439

「俺が言いたいのはそういうんじゃないんだよ。俺はただ」

IMG_5440

「ただ?」

IMG_5441

「俺はただ君のために何かしてあげたいって、そうやって」

「私のために?」

「うん」

IMG_5442

「自分のためでしょ」

IMG_5443

「違う・・・俺は・・・ただ君のために・・・」

IMG_5444

「そうやって、何もかも私のためだってウソをつくのはやめてよ」

IMG_5445

「お城に来たのも、ユリウス戦ったのも、魔法を使ったのも全部が私のためだっていうの?」
「私はそんなこと1度だってお願いしてない」

IMG_5446

「ねえ、覚えてる、私がスバルにお願いしたこと」

IMG_5447

「俺は・・・」

IMG_5449

「私はスバルにレムと一緒に宿で待っててってお願いしたの、これ以上魔法を使ったら大変なことになるから魔法を使わないでってお願いしたの」

IMG_5450

「言うことを聞かなかったのは悪かったと思っている、でも違う、違うんだよ、俺は、俺のためになんかじゃなくて・・・エミリアは俺を信じてくれない・・・のか?」

IMG_5451

「信じたいよ、私はスバルを信じたい、信じたいのに、信じさせてくれなかったのはスバルの方じゃない!」

IMG_5452

「約束したのに・・・、それを全部簡単に破り捨てて、こんなところまで来ちゃったのはスバルじゃない!」

IMG_5453

「私との約束を守ってくれないのに、それでも自分のことは信じてほしいってそんなこと言われたって、できない、できないよ!」

IMG_5454

「ねえ、スバル、どうしてスバルはそんなに私を助けてくれようとするの?」

IMG_5455

「君が俺を助けてくれたからだ」

IMG_5459

「私がスバルを?」

IMG_5456

「そうだよ、君が俺にしてくれたことがどれだけ俺の救いになってくれたかわからない」

IMG_5457

「わからないよ、スバル」

IMG_5458

「わからないのは仕方ない、でも本当だ、俺は君に救われた、だから俺がしていることは救われたことの恩返しで・・・」

IMG_5460

「わからないって言ってるの!」

IMG_5462

「わからないかもしれないけど、それでも聞いてくれ、本当の話なんだよ、俺は君にこの世界にきて初めて君に・・・」

IMG_5464

「また、何も言ってくれないのね」

IMG_5464

「どうしてわかってくれないんだよ、俺はエミリアなら、君ならわかってくれるって思って・・・」

IMG_5467

「スバルの中のわたしはすごいね、何もかも全部すべて聞かされなくてもわかってあげられる、スバルの苦しみも悲しみも怒りも自分の事みたいに思ってあげられる、言ってくれなきゃわかないよ、スバル・・・」

IMG_5478

「これまで、全部俺のおかげでどうにかなってきただろう。紀章が取られた盗品蔵でだって、くそあぶねえ殺人鬼から助けた、体張った、全部君が大事だったからだ、屋敷のことでだってそうだ、俺がいたからどうにかなった、俺がいなければ、もっとひどいことになってた、全部全部全部みんな俺が、俺がいたおかげだ、お前は俺に返しきれないだけの借りがあるはずだ」

IMG_5473

「そう・・・よね、わたしはスバルにすごい、いっぱい、たくさんの借りがあるから」

IMG_5474

「ああ、そうだよ、だから俺は」

IMG_5475

「だからそれを全部返して終わりにしましょう」
「もういいよ、ナツキスバル、わたしね、期待してたの、ひょっとしたらスバルは私を、スバルだけは私を特別扱いしないんじゃないかって、ほかの普通の人と同じように区別しないで見てくれるんじゃないかって」

IMG_5476

「そんなの無理だ、君だけはほかの人間と同じ目で見ることなんてできっこない」

IMG_5477

次回どうなっちゃうんだ!
めっちゃ気になる。

エミリアはスバルに無茶してほしくない、スバルはエミリアのためにしてあげられることなら何でもしてあげたい、そんな二人の気持ちが衝突してしまった結果、こんなシリアスな展開になってしまいましたね。

今回はスバルは悪いと思うよ。女の子にあんなこと言ってはいけないですね。
自分の願望じみたエミリアをエミリアに押し付けちゃだめですね!

次回の展開が非常に気になります!

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

  • ツイッターをフォローしておくれ

    フォローしてくれとうれしいです。

  • 遊戯王あんてな
  • ロゴ

  • ロゴ

PAGE TOP ↑