*

政宗くんのリベンジの評価と感想 アニメの続き(2期)はどんな展開

「政宗くんのリベンジ」、アニメが終わって結構経ちますが、面白かったですよね。

アニメの前から漫画は、かなり売れていたのですが、アニメに拍車がかかり、さら多くの漫画が売れ、大人気作品となったと思います。アニメもかなり良かったと思います。ただ中途半端に終わってしまったのが、残念ですが…。

そんな「政宗くんのリベンジ」のアニメの評価と感想、そしてアニメの続き(2期)があるとしたらどんな展開になっていくのかを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

「政宗くんのリベンジ」のアニメの評価と感想

画像は【TVアニメ「政宗くんのリベンジ」公式サイト】より引用

まず、どんなお話だったのかというと、主人公である「真壁政宗」は、幼少の頃からずっと遊び、そして好きだった女の子「安達垣愛姫」から急に言われたことのない悪口(豚足)と呼ばれ、突き放されてしまう。そんなことから、彼女とは距離を置く関係となり、月日は流れる。

高校生になった「真壁政宗」は生まれ変わり、イケメンの細マッチョとなった。そしてその学校には高校生になった「安達垣愛姫」もおり、そんな彼女を惚れさせ、そしてその告白を堂々と断るという『デッド・オア・ラブ作戦』を決行するというのが大枠なあらすじです。

斬新なラブコメ展開だった?

斬新とは言い難いですが、登場人物が良い味を出していたと思います。また、いつ「真壁政宗」は、正体を明かすんだろうと思いながら、続きが気になる展開が多かったです。管理人は、このような話の展開は結構好きです。

アニメ事態は中途半端に終わってしまったのが残念ですが、評価は10点中8と結構高めです。

「政宗くんのリベンジ」のアニメの続き(2期)はどんな展開?

もし、「政宗くんのリベンジ」の2期があるとしたらどんな展開になるのか、また、アニメの続きが気になる方などは参考にして頂けると幸いです。2期があるか、ないかで言われると、可能性は低いかもしれませんが…、まあ、少しは期待しておきましょう。

「政宗くんのリベンジ」7巻の主な内容

フランス、修学旅行でデートプレイ!?
手を繋いだり、アーンして食べさせるなんて…

少し脱線してしまいましたが、「政宗くんのリベンジ」のアニメの続きは漫画7巻からです。

新しい登場人物が出てきます。その登場人物とは「ミュリエル・ベッソン」という金髪の少女です。

舞台はフランス、いざ修学旅行へ!!

修学旅行でフランスにやってきた「真壁政宗」と「安達垣愛姫」、彼らはフランスで、ある少女と出会う。彼女の名前は「ミュッセル」であり、日本の漫画とアニメに憧れ、将来、漫画家を夢見る少女であった。しかし、彼女の漫画は、ちぐはぐな内容の漫画であり、まとまりがなかった。そのため、強制的に漫画のモデルにさせられてしまう。しかも二人でラブコメ指導をするという展開に…、実践付きで…。

そんな「ミッシェル」の指導の間、「安達垣愛姫」は、「真壁政宗」に昔、起きたことを打ち明ける。そう、それは「豚足」と呼ばれ、突き放されることとなる話だ…。しかし、そんな話の内容では無く、「政宗」の知らない内容を耳にすることとなる。

「政宗くんのリベンジ」8巻の主な内容

俺の知っている話と全然違うんですけど―!?
修学旅行も終盤を迎え政宗は愛姫から過去の政宗との経緯を告白されるが記憶とはまったく食い違った話を聞かされ、動揺する。
そして、政宗は愛姫に激怒し、最悪な修学旅行の終焉を迎える…。「豚足」をめぐり愛姫、政宗、吉乃の嘘と真実が交錯する―

打ち明けられる真実

「真壁政宗」と「安達垣愛姫」に起きた過去の出来事は大きく食い違っていた。しかし、そんな悲劇のヒロインぶった「安達垣愛姫」を「真壁政宗」は許せなかった。そんな過去がねじ曲がったようなことを…。そして二人の溝は大きく深まり、軋轢を生んだまま日本へ帰国する。

しかし、あることをきっかけにして「真壁政宗」は気付くこととなる。「安達垣愛姫」が言ったことは本当だったということを…。そしてある人物から真実を打ち明けられることになる。

「真壁政宗」の本当の気持ち

そして、全てを知った「真壁政宗」は、「安達垣愛姫」に全てを打ち明けることになります。何もかもさらけ出して…。

二人の恋の行方はどうなる、衝撃の8巻、ぜひ読んでみて下さい。

以上、「政宗くんのリベンジ」についてでした。

後の巻は、発売され次第更新するつもりです。アニメの続きが気になった方はぜひ読んでみて下さい。

 

「ご視聴ありがとうございました」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,158人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑