異世界ファンタジーアニメ・異能バトルアニメ おすすめ36選

「ファンタジーアニメ」を紹介していく。

ここからは「ファンタジーアニメ」でかなりおすすめの作品を紹介していきます。

管理人がオススメする「ファンタジーアニメ」6選

ここでは、管理人が特にオススメするファンタジーアニメ6選を紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか〈著者:大森藤ノ〉

画像は【アニメ「ダンまち」シリーズ公式サイト】より引用

主人公の成長から目が離せない「ファンタジー」物語です!!

ダンジョンで異性との出会いに憧れ、冒険者となった主人公「ベル・クラネル」のお話。そんな主人公の冒険したいという気持ち、そして何としてもあこがれの人物に追いつきたい気持ち、そして成長する速度…、文句なしに面白い作品ですので、ぜひアニメを見て欲しい。

登場人物:声優

  • ベル・クラネル:松岡禎丞
  • ヘスティア:水瀬いのり
  • アイズ・ヴァレンシュタイン:大西沙織
  • リリルカ・アーデ:内田真礼
  • ヴェルフ・クロッゾ:細谷佳正
  • シル・フローヴァ:石上静香
  • エイナ・チュール:戸松遥
  • リュー・リオン:早見沙織
  • ロキ:久保ユリカ
  • フィン・ディムナ:田村睦心
  • リヴェリア・リヨス・アールヴ:種田梨沙(本編)→ 川澄綾子(ソード・オラトリア)
  • ガレス・ランドロック:乃村健次
  • ティオネ・ヒリュテ:高橋未奈美
  • ティオナ・ヒリュテ:村川梨衣
  • ベート・ローガ:岡本信彦
  • レフィーヤ・ウィリディス:木村珠莉
  • フレイヤ:日笠陽子

制作会社・各話放送〈2015年4月~6月〉

  • J.C.STAFF〈制作会社〉
  • 第1期:1話~13話(アニメの続きはラノベ6巻~)
  • 外伝ソード・オラトリア:全1話~12話

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のPV

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のあらすじ

広大な地下迷宮「ダンジョン」と呼ばれるモンスターが集う場所があった。その地域を中心に栄える迷宮都市「オラリオ」。主人公「ベル・クラネル」はダンジョンに異性との出会いを求める少年であった。ある日、ダンジョンに一人で潜り込むのだが、そこに場違いなモンスター「ミノタウロス」に襲われる。決して敵わないモンスターになすすべなく、死にかけた瞬間、突如金髪の美少女が「ベル」を助ける。

メインヒロイン「ヘスティア」の服装に注目だ!!!!

「例の紐」と流行になった「ヘスティア」の服装、そんな「ヘスティア」の仕草や「ベル」君愛などがすごいかわいらしい。

 

進撃の巨人〈著者:諫山創〉

画像は【TVアニメ「進撃の巨人」Season 2公式サイト】より引用

人類VS巨人の戦い、そして巨人の謎に迫る!!!!

私は1巻のマンガが出たときから、この作品を知っていたのですが、今では「マンガ」「アニメ」自体見ない人も知らない人もすっかり人気となった作品ですね。

第1シーズンでは巨人との戦いを中心に描いています。

第1シーズンでは主に巨人との戦いを描いております。「エレン」や「ミカサ」「アルミン」たちは巨人と戦うために「調査兵団」に入り、そこから巨人との戦う術、実践までを描いており、特に「女形の巨人」の正体を突き止める場面、戦う場面は面白かったです。

第2シーズンでは巨人の謎に迫る!?

第2シーズンでは、主に巨人の謎に迫っていきます。「巨人とは何なのか?」「どうやって生まれるのか?」「なんで存在するのか?」などなど。そして「超大型巨人」「鎧の巨人」の正体も判明し、「獣の巨人」も登場します。

登場人物:声優

  • エレン:梶裕貴
  • ミカサ:石川由依
  • アルミン:井上麻里奈
  • ライナー:細谷佳正
  • ベルトルト:橋詰知久
  • アニ:嶋村侑
  • ジャン:谷山紀章
  • マルコ:逢坂良太
  • コニー:下野紘
  • サシャ:小林ゆう
  • クリスタ:三上枝織
  • ユミル:藤田咲
  • エルヴィン:小野大輔
  • ハンジ:朴璐美
  • リヴァイ:神谷浩史

制作会社・各話放送〈第1期:2013年4月~9月 第2期:2017年4月~6月 第3期:2018年〉

  • WIT STUDIO〈制作会社〉
  • 第1期:1話~25話
  • 第2期:1話~12話(アニメの続きは漫画8巻~)
  • 第3期:1話~?話(2018年放送予定)

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

「進撃の巨人」のPV

「進撃の巨人」のあらすじ

突如現れた多数の巨大生物「巨人」の侵攻により、人類は存亡の危機に瀕する。生き残った人間達は、三重に築かれた巨大な城壁内側に生活圏を確保することで、一時的な安全を得るに至った。しかしある日、謎の超大型巨人によって1枚の壁が破られ、巨人が再び人類の地に侵攻し、人類は存亡の危機に立たされることになる。

壮絶なバトルシーンがすごい!!

巨人VS人類のバトルシーンはもちろんすごいのですが、巨人VS巨人のバトルシーンもかなり迫力があって熱いです。

 

六花の勇者〈著者:山形石雄〉

画像は【TVアニメ『六花の勇者』公式サイト】より引用

「魔神」を封じるために選ばれた6人の勇者、しかしそこには偽物がいた。

本来6人の勇者が集まって、「魔神」を封じるのですが、そこに集まったのは7人の勇者であった。皆、全員が疑心暗鬼となって、ピリピリとした雰囲気で犯人を捜している場面は引き込まれます。

「ファンタジー」要素満載で、登場人物も魅力的!!

登場人物も良いし、「ファンタジー」感が出ていたので、個人的には評価している作品で、「このライトノベルがすごい!」においても2014年に第8位にランクインしている作品です。もうちょっと評価されても良かったかなと個人的に思っています。

登場人物:声優

  • アドレット・マイア:斉藤壮馬
  • ナッシェタニア・ルーイ・ピエナ・アウグストラ:日笠陽子
  • ゴルドフ・アウオーラ:内山昂輝
  • フレミー・スピッドロウ:悠木碧
  • ハンス・ハンプティ:鈴村健一
  • チャモ・ロッソ:加隈亜衣
  • モーラ・チェスター:佐藤利奈
  • ロロニア・マンチェッタ:金元寿子

制作会社・各話放送〈2015年7月~9月〉

  • パッショーネ〈制作会社〉
  • 全1話~12話(アニメの続きはラノベ2巻~)

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★☆☆☆

「六花の勇者」のPV

「六花の勇者」のあらすじ

主人公「アドレット・マイア」はある日、6人の勇者に選ばれる。勇者というのは、強大な力を持った「魔神」を封じるための存在。そして今、6人の勇者が揃い、「魔神」を封じようと集結するのだが、何故かそこには7人の勇者が集まっていた。そう、そこには1人の偽物がいたのである。そして真っ先に疑いの目に掛けられたのは「アドレット・マイア」であった。

ただ、物語の方向性が変わってきたことがちょっぴり残念。

「六花の勇者」の話の本筋は「魔神」と戦うこと…。それが中盤当たりから謎の7人目の勇者の存在、そしてその7人目の偽物を突き止めることで話の展開は終わるかと思われたがまさかの結末。「ファンタジー」要素が強いと思ったのに、突然「ミステリーチック」になっていき、視聴者の中には、困惑した人もいるかもしれません。それが後の大きな伏線となって、面白い展開を生むのですが…、肝心のそこはアニメ化されず。

 

ヴァイレット・エヴァーガーデン〈著者:暁佳奈〉

画像は【『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイト】より引用

「想いを綴る、愛を知るために。」

人に代わって人に大切な想いを伝える物語。私は原作未読なので、あまり詳しく書けないのですが、それでもPVから伝わる「このアニメは何かが違うぞ。」と。

制作会社は「京都アニメーション」です!!!!

PVを見た限り、かなり絵が綺麗で、圧倒されてしまいました。2018年で一番期待していると言っても過言ではないくらいです。

登場人物:声優

  • ヴァイオレット・エヴァーガーデン:石川由依
  • クラウディア・ホッジンズ:子安武人
  • ギルベルト・フーゲンビリア:浪川大輔
  • カトレア・ボードレール:遠藤綾
  • ベネディクト・ブルー:内山昂輝

制作会社・各話放送〈2018年1月~〉

  • 京都アニメーション〈制作会社〉
  • 全1話~?話(アニメの続きはラノベ?巻~)

【管理人の期待度】

★★★★★★★★★★

「ヴァイレット・エヴァーガーデン」のPV

「ヴァイレット・エヴァーガーデン」のあらすじ

「CH郵便社」で勤めることなった主人公「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」、彼女はかつて戦場へと駆り出され、「武器」と呼ばれていた。そんな大戦も終わり、彼女は新たな人生を「CH郵便社」で、そして「自動手記人形」として歩むのであった。彼女は戦場でどうしても忘れられない言葉があった。その言葉が何であるのかを理解していきながら「自動手記人形」として働くこととなる。

「愛してる」の意味を知りたい「ヴァイオレット」

感情を知らない少女が「自動手記人形」という仕事を通して、「愛してる。」の意味を理解していくところが注目なのでしょうか。感動もありそうなので期待しておきましょう。

 

まおゆう魔王勇者〈著者:橙乃ままれ〉

画像は【「まおゆう魔王勇者」TVアニメ公式サイト】より引用

「魔王」と「勇者」の物語。

「勇者」は「魔王」討伐のために、「魔王」の城に飛び込むのだが…。そこで「魔王」から聞かされたことは、現状の政治体制、経済状況がいかに腐っているかということ。そして「勇者」は知る。戦争に勝っても負けても、人間側、魔族側、どちらか一方が残酷な結末を迎えるということを。

そんな状況を打開するべく、「魔王」と「勇者」は「丘の向こう」を目指して協力していきます。

 

登場人物:声優

  • 魔王:小清水亜美
  • 勇者:福山潤
  • メイド長:斎藤千和
  • メイド姉:戸松遥
  • メイド妹:東山奈央
  • 女騎士:沢城みゆき

制作会社・各話放送2013年1月~3月〉

  • アームス〈制作会社〉
  • 全1話~12話(アニメの続きは小説2巻~)

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★☆☆

「まおゆう魔王勇者」のあらすじ

勇者」は「魔王」を討伐するために、「魔王」の城に乗り込む。しかし「魔王の正体は女性であり、戦う意思も示さなかった。それどころか「勇者」に「この我のものとなれ、勇者よ」と告げるのだが、当然、勇者は「断る!」と言って断る。しかし、「魔王」はもう一つの話を「勇者に告げる。今の人間側の政治の状況、経済の状況など、「魔族」によって成立しているものではないと・・・。決して「魔王」の行いがそういう行いに直結していないと・・・。それどころか彼女は今の状況を何とか打開したいと思い、飢えや争いのない世界をつくることを目標としている。そのことに共感し、「勇者」は「魔王」に協力することになる。

「ファンタジー」要素だけではない作品!!!!

「ファンタジー」要素だけでなく、しっかりと経済と政治も織りなしているところがすごいところですね。ただの「ファンタジーアニメ」ではなく、物語の構成をしっかりと考えて作られていると思いました。

 

狼と香辛料〈著者:支倉凍砂〉

画像は【狼と香辛料|作品紹介|電撃文庫公式サイト】より引用

主人公であり、商人である「ロレンス」と、もう一人の主人公であり、狼の「ホロ」、二人の長い旅の物語

この旅の途中で、商人としての活動をしていくわけですが、その中で様々な問題が発生し、それを二人で解決していきます。

中世のヨーロッパのような世界感、そしてそこに経済とファンタジー要素を織り交ぜているところはすごい魅力的な作品で、かなり世界感に引き込まれました。何より「ホロ」のかわいさも相まって、この作品を一層に盛り上げてくれている。

登場人物:声優

  • クラフト・ロレンス:福山潤
  • ホロ:小清水亜美
  • クロエ:名塚佳織
  • ノーラ・アレント::原麻衣
  • ゼーレン:浪川大輔

制作会社・各話放送

  • 第1期:1話~13話
  • 第2期:1話~12話(アニメの続きはラノベ6巻~)

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

「狼と香辛料」のあらすじ

商取引のために「パスロエ村」を訪れていた主人公「クラフト・ロレンス」は、その日の夜、ある一人の女の子を彼の荷馬車で見つける。彼女は「ヨイツの賢狼」である「ホロ」と名乗り、狼の耳と尻尾を持っていた。彼女は「パスロエ村」で麦の豊作に努めてきたのだが、彼女は故郷へ帰りたいと思い始め、故郷を目指していた。そんな事情を知った「ロレンス」は「ホロ」の故郷を目指し、旅を始めるのであった。

何と言っても「ロレンス」と「ホロ」の関係に注目!!

第1期の後半あたりから親密になっていきます。第2期からグッときます。

 

アニメの紹介は以上です。次のページでは、主にランキングを付けていきます。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    灰と幻想のグリムガルがない、訴訟

    • AKAMADO より:

      コメントありがとうございます。
      「灰と幻想のグリムガル」は2ページ目に入っています(T_T)

  2. 匿名 より:

    このすばのカズマはトラックに轢かれた訳じゃないだろ
    トラクターをトラックと勘違い&轢かれたと思い込んだことによるショック死

  3. 匿名 より:

    ちょっとFate出しすぎでは?w

    • AKAMADO より:

      コメントありがとうございます。

      「Fateシリーズ」は好きなんで多めに入れていますw

  4. 匿名 より:

    管理人日本語不自由すぎない?

    • AKAMADO より:

      コメントありがとうございます。

      確かに誤字、脱字などがかなり多く、途中意味の分からない日本語になっているところがあります。
      日々そのような間違いがないように努めていきます。

      そんな間違いなどを祖敵してくれるコメントにはかなり重宝しています。

  5. カンタ より:

    フェアリーテイルのこの文
    彼女は主人公《ナツ》、そして彼の相棒《ナッツ》と出会い
    ナッツじゃなくてハッピーですよ。

  6. 匿名 より:

    ゼロ魔は?

    • AKAMADO より:

      コメントありがとうございます。
      「ゼロの使い魔」はいいですね。入れておきます!!

  7. 匿名 より:

    カズマの声優は福島測じゃなくて福島潤です。

  8. 匿名 より:

    アウトブレイク・カンパニーがないだと……!?

    • AKAMADO より:

      コメントありがとうございます。
      「アウトブレイク・カンパニー」はまだ見ていないので、見終わったらいれておきますね。

  9. ニッケル より:

    グラブルの相棒は「ピィ」じゃなくて、「ビィ」ですよ?

  10. より:

    ドラ闇じゃなくて泥闇ね

  11. 匿名 より:

    ラノベばっか…

  12. ねこまめ より:

    シャーロットがない…だと…?

  13. 匿名 より:

    モグゾーの声が小松未可子になってた。

  14. 匿名 より:

    このすばそんな面白くない

  15. セカイ より:

    『ピンチの《スバル》の元にたまたま銀髪の美少女が通りかかり、《スバル》をそのチンピラから助ける。彼女の名前は《ステラ》で、紀章というものを無くしたらしく困っていた』

    この文ですが、『彼女』はステラではなく、サテラと名乗ってましたよ~。

  16. mitty より:

    めぐみんの父の名前は”ひょいざぶろー”ですよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 弱キャラ友崎くんの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    皆さん、「弱キャラ友崎くん」という作品を知っていますか?個人的には、最近のラノベの中で4本の指に入る作品と言っても過言ではないくらい面白い作品です。 今回はその作品の評価や感想、またアニメ化したとすれば、どんな展開で話が […]

    ほのぼのアニメ・日常アニメ 癒やされる名作アニメ19選

    「ほのぼのアニメ」「日常アニメ」を紹介していきます! ここで紹介したいと思っているのは、見ていて癒やされる作品、ストーリー関係なく、登場人物の日常が描かれている作品、登場人物全員がほぼ魅力的な作品です。以上を踏まえ紹介し […]

    政宗くんのリベンジの評価と感想 アニメの続き(2期)はどんな展開

    「政宗くんのリベンジ」、アニメが終わって結構経ちますが、面白かったですよね。 アニメの前から漫画は、かなり売れていたのですが、アニメに拍車がかかり、さら多くの漫画が売れ、大人気作品となったと思います。アニメもかなり良かっ […]

    友人キャラは大変ですか?の評価と感想 アニメ化を期待している作品

    皆さん、「友人キャラは大変ですか?」という作品を知っていますか?この作品を知らない人のために、この話の大枠はどうなっているのか、どんな登場人物が出てくるのか、また話の展開はどうなっていくのか、簡単に説明していこうと思いま […]

    ホラーアニメ シリアスで怖くなるアニメ7選

    「ホラーアニメ」を紹介していきます。 とにかく怖くて、シリアスで、グロくて、それでも何か見てしまうようなアニメを集めてみました。また、最近のアニメ中心に紹介していきます。 早速紹介していきますね。

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑