タブー・タトゥー 9話感想 アリヤ同様、姉のクジュリもなんかエロいね・・・

公開日: : タブー・タトゥー

タブー・タトゥー9話の感想です。前回の回でシリアスが増しましたね。今回はどのような方向に話が進んでいくのでしょうか?

9話の感想はこちら

スポンサーリンク

IMG_7448

BBの過去を振り返る。
アリヤに認められて、ブラフマンのメンバーになり、無限の呪文を授かる。

そして米国と王国の圧倒的な差の呪文研究

IMG_7449

カルが言うサンサ―ラとは?
というかこの地点でアリヤは国王抹殺に動いていたんだね。

IMG_7450

サンサ―ラとは呪文研究の中枢のこと
サンサ―ラの守護者はガネーシャという女性

あっけなくやられてしまうBB
どんだけ強いんだよ!!

IMG_7451

国王とアリヤは血がつながっていないらしい。
姫との間に、何か、後ろめたいことがあるらしい。

IMG_7452

IMG_7454

再びBBVSガネーシャ

IMG_7456

かろうじてガネーシャを撃破するのだが、ここからもうBBの力の浸食が始まっている。

IMG_7457

一方、アリヤはゲームに没頭
DSって・・・
この温度差よ・・・

まあ、こういうラフな部分がいいんだけどね。

IMG_7458

そしてサンサ―ラへとたどり着く、そこにいた女性は・・・

彼女の名前はクジュリ
アリヤの姉らしい
呪文のためにつくられた素体

IMG_7459

アリヤは呪文に干渉するのための至高の素体
端的に言うと、世界と呪文の間を結ぶ中間点のようなものである。

クジュリはアリヤを止めてほしいらしい。

IMG_7460

なんかエロいね・・・

これはアリヤの血筋をひいているから仕方がない。

IMG_7461

そんな冗談はさておき、なぜアリヤが世界を創り変えようと、人類を変えようと思ったのかというと、すべては国王が原因である。
国王は呪文がまだ発展していなかった時、呪文に一番近い部族をモルモットにし、アリヤをつくることだけにその部族を滅ぼした。

そんな外道のする国王と同じ人間が許せなくて、世界を創り変えようとしているのである。

IMG_7462

バルマがやられ、BBはバルマを抱え、国王の元に戻ってくるのだが・・・
国王はアリヤに愛情を注いでしまったが故に行動を起こすことはできなかった。

BBは一人、王国から脱出する。

IMG_7463

次回はどうなるのでしょうか?
セーギはこのBBの過去を見て・・・

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

  • 「赤の魔導書」をよろしくお願いします。

    管理人はとにかくアニメとマンガとライトノベル、そして遊戯王カードのイラストを見るのが大好きです。

    好きだからこそ、伝えていきたくて「赤の魔導書」というブログを開設しました。

    「相互リンク」受付中です。

  • 遊戯王あんてな
  • ロゴ

  • ロゴ

PAGE TOP ↑