*

「 恋愛 」 一覧

「三角の距離は限りないゼロ」感想と評価 表紙から神作品だと分かるライトノベル!

「三角の距離は限りないゼロ」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、この作品の作者さんは「読者と主人公と二人のこれから」と同じ

続きを見る

「オミサワさんは次元がちがう」感想と評価 あらゆる意味で次元がちがうと思い知る作品!

「オミサワさんは次元がちがう」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『ファミ通文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「オミサワさんは次元がちがう」の評価と感想を紹介してい

続きを見る

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」感想と評価 続きが気になるほどダリフラの世界観に嵌まってしまう!?

「ダーリン・イン・ザ・フランキス」というアニメをご存じでしょうか? この作品は、『TRIGGER』『A-1 Pictures』が共同制作したアニメであり、原作は『ジャンプ・コミックス』です。 ちな

続きを見る

おすすめライトノベル・おすすめラノベ 最近の人気ラノベ20冊を厳選して紹介!

早速ですが、”おすすめのライトノベル”を紹介していきます! 紹介していく作品は、主に”アニメ化されていないライトノベル”で、紹介していく作品数は多すぎず少なすぎずということもあって20作品としました

続きを見る

「恋は雨上がりのように」感想と評価 懐かしさを思い出させる年の差恋愛

「恋は雨上がりのように」というアニメをご存じでしょうか? この作品は、『WIT STUDIO』が制作したアニメであり、原作は『ビッグコミックスピリッツ』です。 今回は、「恋は雨上がりのように」の評

続きを見る

「アサシンズプライド」感想と評価 暗殺教師である主人公がクールでかっこよすぎる!

「アサシンズプライド」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『富士見ファンタジア文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、「第28回ファンタジア大賞〈大賞〉」を受賞した作品

続きを見る

「死神少女と最期の初恋」感想と評価 一巻で綺麗に纏まっている切なくて感動できる作品!

「死神少女と最期の初恋」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『ファミ通文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「死神少女と最期の初恋」の評価と感想を紹介していきます。

続きを見る

「クロハルメイカーズ」感想と評価 魅力的な残念キャラたちがおくる青春群像劇

「クロハルメイカーズ」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『ガガガ文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「クロハルメイカーズ」の評価と感想を紹介していきます。 この機

続きを見る

「青春ブタ野郎シリーズ」感想と評価 青春の全てを詰め込んだ最高のライトノベル!

「青春ブタ野郎」シリーズというラノベをご存じでしょうか? この作品は、『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、「このライトノベルがすごい2018!」で第20位にランクインしていま

続きを見る

「Hello,Hello and Hello」感想と評価 涙がこみあげてくる作品、この物語に浸れて良かった

「Hello,Hello and Hello」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、「第24回電撃小説大賞《金賞》」を受賞し

続きを見る

「裏方キャラの青木くんがラブコメを制すまで。」感想と評価 登場人物が最高すぎる!

「裏方キャラの青木くんがラブコメを制すまで。」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『スニーカー文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「裏方キャラの青木くんがラブコメを制

続きを見る

「月とライカと吸血姫」感想と評価 極上のボーイ・ミーツ・ガールのSF作品がここに!

「月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)」というライトノベルを知っていますか? この作品は、『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 ちなみに、「このライトノベルがすごい!2018」で第3位に輝い

続きを見る

「優雅な歌声が最高の復讐である」感想と評価 一貫したボーイ・ミーツ・ガールの作品

「優雅な歌声が最高の復讐である」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「優雅な歌声が最高の復讐である」の評価と感想を紹介していき

続きを見る

「6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。」の評価と感想 ありふれた別れに涙が…

「6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『スニーカー文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、「6番線に春は来る。そして今日

続きを見る

「キミは一人じゃないじゃん、と僕の中の一人が言った」の評価と感想 ちょっぴり切ない作品

「キミは一人じゃないじゃん、と僕の中の一人が言った」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『ファミ通文庫』から出版されているラノベです。 ちなみに、「このライトノベルがすごい2018

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,253人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑