*

「 異能バトル 」 一覧

「世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)」感想と評価 自作自演して世界の闇と戦うまさに発想を転換したラノベ!

「世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2019年2月25日です。

続きを見る

「双血の墓碑銘」感想と評価 幕末の世界で繰り広げられる異能バトルラノベ!

「双血の墓碑銘(エピタフ)」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『ガガガ文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2019年1月18日です。 今回は、「双血の墓碑銘」の評価

続きを見る

「撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろ」感想と評価 全てが最高でした!

「撃ち抜かれた戦場は、そこで消えていろ ―弾丸魔法とゴースト・プログラム―」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『富士見ファンタジア文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が

続きを見る

「出会ってひと突きで絶頂除霊!」感想と評価 単にスケベなライトノベルではない!

「出会ってひと突きで絶頂除霊!」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『ガガガ文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2017年10月23日です。 今回は、「出会ってひと突

続きを見る

「サラリーマン流高貴な幼女の護りかた」感想と評価 サラリーマンとしての生き様を刻め!

「サラリーマン流高貴な幼女の護りかた」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2018年10月25日です。 今回は、「

続きを見る

「救世の背信者」感想と評価 レベルが高すぎる異能学園ファンタジー!

「救世の背信者」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『講談社ラノベ文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日は2016年12月2日です。 今回は、「救世の背信者」の評価と感想

続きを見る

「理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか?」感想と評価 こんな娘が可愛くないわけがない!

「理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか?」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『MF文庫J』で出版されているライトノベルで、1巻の発売日は2018年8月25日です。 今回は

続きを見る

「なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?」感想と評価 今最も熱くて見逃せないバトルファンタジー!

「なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は『MF文庫J』で出版されているラノベです。 ちなみに、「このライトノベルがすごい!2018」で新作部門21

続きを見る

「君と僕との世界再変」感想と評価 未来を変えるため少年少女は今歩み出す!

「君と僕との世界再変(リ・ガーデン)」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『スニーカー文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、「第23回スニーカー大賞〈優秀賞〉」を受賞

続きを見る

「筺底のエルピス」感想と評価 緻密に練られた話の設定が素晴らしいの一言!

「筺底のエルピス」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『ガガガ文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「筺底のエルピス」の評価と感想を紹介していきます。 この機会にぜひ

続きを見る

「ミリオン・クラウン」感想と評価 圧倒的クオリティを誇る「竜ノ湖太郎」先生の最新作!

「ミリオン・クラウン」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『スニーカー文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2017年10月1日です。 今回は、「ミリオン・クラウン」の

続きを見る

「アサシンズプライド」感想と評価 暗殺教師である主人公がクールでかっこよすぎる!

「アサシンズプライド」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『富士見ファンタジア文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、「第28回ファンタジア大賞〈大賞〉」を受賞した作品

続きを見る

「それでも異能兵器はラブコメがしたい」感想と評価 ラブコメがぎゅっと詰まった作品!

「それでも異能兵器はラブコメがしたい」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『スニーカー文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、「かりゆしブルー・ブルー」と同じ作者さんで

続きを見る

「文豪ストレイドッグス DEAD APPLE」感想と評価 中原中也がかっこよすぎた!

「文豪ストレイドッグス」という作品をご存じでしょうか? この作品は、『ボンズ』が制作したアニメであり、『角川コミックス・エース』で連載された漫画が原作です。 今回は、映画化された「文豪ストレイドッ

続きを見る

「道-MEN 北海道を喰いに来た乙女」感想と評価 「ベン・トー」のコンビ再び!

「道-MEN 北海道を喰いに来た乙女」というライトノベルをご存じでしょうか? この作品は、『ダッシュエックス文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、「生ポアニキ」や「ベン・トー」と同じ

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,233人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑