【召喚獣メルカバー:効果考察】超融合と召喚魔術がますますはかどる融合モンスター!

image

召喚獣メルカバー》の効果が判明しました。このカードは「フュージョン・エンフォーサーズ」に収録されたカードです。《超融合》と《召喚魔術》がますますはかどる融合モンスターです。

メルカバーとは「神の戦車」「天の車」と呼ばれているそうです(Wikipedia参照)

スポンサーリンク

召喚獣メルカバーの効果

image

召喚獣メルカバー
星9 機械族 光属性 攻2500 守2100
融合モンスター
「召喚師アレイスター」+光属性モンスター
➀1ターンに1度、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、そのカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の手札を1枚墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし除外する。

召喚獣メルカバーの効果考察

アルカナイトジョーカー》や《神の摂理》とほぼ同じ効果ですね。だが、《アルカナイトジョーカー》と違ってただただ出しやすいです。

  • アレイスターと光属性で融合
  • 相手が発動した同じ種類のカードを手札から捨てることで無効にし、除外します

超融合》や《召喚魔術》を用いれば簡単に出せそうですね。
召喚魔術の効果はこちらで見てください。
【新規テーマ《召喚獣》:色々な属性で融合召喚!】相手の墓地からでも融合可能!?

アレイスター》と《召喚魔術》で出張することの方が増えそうですね。今のところ、風属性→光属性ときているから色々な属性がくるのでしょうか?

光属性だとすれば、《ブリリアント・フュージョン》と相性が良いかもですね。

image

ブリリアント・フュージョン
永続魔法
「ブリリアント・フュージョン」は1ターンに1枚しか発動できない。
➀このカードの発動時に自分のデッキから「ジェムナイト」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体を、攻撃力・守備力を0にしてエクストラデッキから融合召喚する。このカードがフィールドから離れた場合にそのモンスターを破壊する。
➁1ターンに1度、手札の魔法カード1枚を捨てて発動できる。このカードの効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は相手ターン終了時まで元々の数値分アップする。

アレイスター》の召喚権も残せるし、《召喚魔術》で使う融合素材も墓地へ送れますね。

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • ほのぼのアニメ・日常アニメ 癒やされる名作アニメ15選

    「ほのぼのアニメ」「日常アニメ」を紹介していきます! ここで紹介したいと思っているのは、見ていて癒やされる作品、ストーリー関係なく、登場人物の日常が描かれている作品、登場人物全員がほぼ魅力的な作品です。以上を踏まえ紹介し […]

    政宗くんのリベンジの評価と感想 アニメの続き(2期)はどんな展開

    「政宗くんのリベンジ」、アニメが終わって結構経ちますが、面白かったですよね。 アニメの前から漫画は、かなり売れていたのですが、アニメに拍車がかかり、さら多くの漫画が売れ、大人気作品となったと思います。アニメもかなり良かっ […]

    友人キャラは大変ですか?の評価と感想 アニメ化を期待している作品

    皆さん、「友人キャラは大変ですか?」という作品を知っていますか?この作品を知らない人のために、この話の大枠はどうなっているのか、どんな登場人物が出てくるのか、また話の展開はどうなっていくのか、簡単に説明していこうと思いま […]

    ホラーアニメ シリアスで怖くなるアニメ6選

    「ホラーアニメ」を紹介していきます。 とにかく怖くて、シリアスで、グロくて、それでも何か見てしまうようなアニメを集めてみました。また、最近のアニメ中心に紹介していきます。 早速紹介していきますね。

    SFアニメ もっと評価されるべきアニメ12選

    「SFアニメ」を紹介していこうと思います。 「SFアニメ」と言っても、どう定義すればSFなのか…と難しい議論になってきますが、私が思う「SFアニメ」を紹介していきます。とりあえず科学的だなと思った作品、科学の発展で未来に […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑