*

【青春の夢に忠実であれ。】青春の青春による青春のためのライトノベルをズバッと紹介!

タイトルにもある通り、管理人が気に入っている青春ラノベを紹介していきます。

唐突ですが、みなさん”青春”といえばどんなことを思い浮かべますか?

管理人が思うに、友人関係を築いたり、恋愛をしたり、クラブ活動に励んだり、学校イベントを本気で取り組んだりと、勉強以外に何か大事なものを見つけるため、とにかくひたむきに頑張ることだと考えています。

今回は、そんな”ザ・青春ラノベ”を数十冊紹介していきます。(殿堂入りの)ラノベ例ですと、『俺ガイル』や『弱キャラ友崎くん』、そして『青春ブタ野郎シリーズ』などが挙げられるのかなと思っています。

ちなみに、今回対象とさせていただいた作品は、”アニメ化されていない青春ラノベ”に絞って紹介していきます。

スポンサーリンク

青春マシマシライトノベルを紹介

画像は【ガガガ文庫公式twitter】より引用

では、早速青春ラノベを紹介していきます。各レーベルごとにおすすめの青春マシマシラノベを紹介していきますね。

最後に投票いただけますと大変助かります↓

ガガガ文庫からの青春マシマシライトノベル

『千歳くんはラムネ瓶のなか』〈著者:裕夢 イラスト:raemz〉

『五組の千歳朔はヤリチン糞野郎』――学校裏サイトで叩かれながらも、藤志高校のトップカーストに君臨するリア充・千歳朔。彼のまわりには、外見も中身も優れた友人たちがいつも集まっている。圧倒的姫オーラの正妻ポジション・柊夕湖。努力型の後天的リア充・内田優空。バスケ部エースの元気娘・青海陽……。仲間たちと楽しく新クラスをスタートさせたのも束の間、朔はとある引きこもり生徒の更生を頼まれる。これは、彼のリア充ハーレム物語か、それとも――? 第13回ライトノベル大賞、優秀賞受賞。新時代を告げる“リア充側”青春ラブコメ、ここに堂々開幕!!

誰がどう言おうがこの作品こそ”ザ・青春リア充ストーリー”

青春の中の青春、リア充の中のリア充、マジでかっこいいベストオブ主人公、千歳朔(ちとせさく)。非リア側の視点の『俺ガイル』『弱キャラ』とは異なり、リア充の主人公視点で物語が進むのが特徴的です。

千歳の言動や行動などマジで男前で、リア充とか関係なく「友達になりたい」と思えるような人間性を持っています。表面上ボケることも多く、ユーモア溢れる人物ですが、裏ではあれやこれや思いを巡らせ、とにかく人間思いなのがかなり好感を持てますね。

そして、しっかりと自分を持っているのも良きですね!

ストーリーとしても、”青春”を100%感じられる展開で、千歳の思想にぶっささります。自分を変えていくという強い信念が感じられ、「仮に高校に戻れたなら、こんな学園生活を送りたいッ!!」って思えるほど羨望の眼差しで見てしまいます。

―『千歳くんはラムネ瓶のなか』の青春ポイント―

総合青春ポイント 30点
青春度 ★★★★★★★★★★
ストーリー ★★★★★★★★★★
登場人物 ★★★★★★★★★★

『千歳くんはラムネ瓶のなか』のハッシュタグ

#ベストオブ青春ラノベ
#本物のリア充
#ガガガ文庫らしい青春ラブコメラノベ
『現実でラブコメできないとだれが決めた?』〈著者:初鹿野 創 イラスト:椎名くろ〉

「ラブコメのような体験をしてみたい」ラノベを嗜むラブコメ好きは皆、一度はこう思ったことがあるだろう。ヒロインたちとイチャラブしたり、最高の友人と充実した学園生活を送ったり。だが、現実でそんな劇的なことは起こらない。義理の妹も、幼馴染も、現役アイドルな同級生もミステリアスな先輩も、男の親友キャラですら俺にはいない。ならどうするか……自分で作り上げるしかない! ラブコメに必要なのはデータ分析と反復練習、そして――。第14回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。俺は、現実をラブコメ色に染め上げる!

登場人物が最高の青春ラブコメ! 最後の展開に度肝を抜かれる!?

ラブコメを実現できないのならばどうすればいいのか……? 自らで青春ラブコメの状況をつくればいい。そのための準備を怠わず、データと調査でラブコメを創ろうとする本気さ・馬鹿さ加減には魅了されましたね。

共犯者である上野原綾乃も良いキャラをしており、何とも掴めきれずクールな彼女が良い。何故彼女がラブコメを実現しようとする主人公に協力することになったのかにも注目して読んでみると面白いかもしれませんよ。

また、個人的にかなり良かった点は最後の展開。「お、これは単なる青春ラブコメでは終わらないな……」と、全てが単なるプロローグに過ぎなかったと思わせる展開には少々鳥肌が立ちました。あの展開があったからこそ、次の巻も読んでみたいと思えましたね。

―『現実でラブコメできないとだれが決めた?』の青春ポイント―

総合青春ポイント 30点
青春度 ★★★★★★★★★★
ストーリー ★★★★★★★★★★
登場人物 ★★★★★★★★★★

『現実でラブコメできないとだれが決めた?』のハッシュタグ

#青春マシマシなラブコメディー
#弱キャラ友崎くんを好きな人はどうぞ!
#学園で始まるラブコメ実現
『友人キャラは大変ですか?』〈著者:伊達康 イラスト:紅緒〉

俺の友達、火乃森龍牙は“本物の主人公”だ。まず、こいつは過去をほとんど話さない。で、授業をよく抜け出す。帰ってきたかと思えば、唇から血を流してたり、制服が破けてたりする(世界の敵とかと戦っているんだろう)。そして、龍牙の周りには常に誰かしら美少女がいる。そんなときは俺の見せ場だ。「おいリューガ! どうしてお前が雪宮さん(美少女)と知り合いなんだよ!」無駄に騒がしく龍牙の日常を彩る――それが“友人のプロ”たる俺、小林一郎の生き様だからな! ベストフレンダー小林がおくる最強助演ラブコメ、爆誕!!

あれだけ予想を裏切る展開を見せられたら読みたくなっちゃうし、自然と笑えてしまう!

読んでいて自然と笑えてくる作品であり、非常に楽しませてくれた青春ラノベ。

友人キャラとして人を支え輝かせることを誇りに思う小林一郎が、ある日、火乃森龍牙(ひのもりりゅうが)という主人公オブ主人公と出会い……、そこから彼を支えてくための奮闘ストーリーなのですが、そこからまさかまさかの展開に笑いが止まらなくなります。面白い用語・表現をぶっ込んでくるのもなかなか好きで、真面目そうな展開になりがちな所もついつい笑ってしまうのが醍醐味です。

また、友人キャラとしての小林であったが、「今後どうなっていくのだろう?」と素直に気になるあたり、1巻を読めば嵌まること間違いなしだと思いますよ。

―『友人キャラは大変ですか?』の青春ポイント―

総合青春ポイント 29点
青春度 ★★★★★★★★★☆
ストーリー ★★★★★★★★★★
登場人物 ★★★★★★★★★★

『友人キャラは大変ですか?』のハッシュタグ

#どんでん返しの青春ラブコメラノベ
#青春ハーレムラノベ
#コメディ調のラノベ
『夏へのトンネル、さよならの出口』〈著者:八目 迷 イラスト:くっか〉

「ウラシマトンネルって、知ってる?そこに入れば欲しいものがなんでも手に入るんだけど、その代わりに年を取っちゃうの―」。そんな都市伝説を耳にした高校生の塔野カオルは、偶然にもその日の夜にそれらしきトンネルを発見する。
――このトンネルに入れば、五年前に死んだ妹を取り戻すことができるかも。
放課後に一人でトンネルの検証を始めたカオルだったが、転校生の花城あんずに見つかってしまう。二人は互いの欲しいものを手に入れるために協力関係を結ぶのだが……。かつて誰も体験したことのない驚きに満ちた夏が始まる。

明日も頑張ろうと勇気をくれる一冊! 青春の真骨頂を目撃してほしい。

駆け抜けるような颯爽感。まさに”青春”を味わえた一時でした。何もない田舎に何ら変哲もない日常を送る訳あり高校生。しかし、彼の日常はトンネルを見つけたことによって一変。とある少女との出会いに、そこから始まるボーイ・ミーツ・ガールの展開。

夢を追い続けることや、何かを最後までやり遂げること・過去から未来へと繋げること。そして、大人になって失ってしまった感情。何かを届けたいという思いがびしびしと伝わってきた青春ラノベです。

―『夏へのトンネル、さよならの出口』の青春ポイント―

総合青春ポイント 28点
青春度 ★★★★★★★★★★
ストーリー ★★★★★★★★★★
登場人物 ★★★★★★★★☆☆

『夏へのトンネル、さよならの出口』のハッシュタグ

#ボーイ・ミーツ・ガール
#青春の真骨頂ラノベ
#1巻完結の青春ラノベ
『出会ってひと突きで絶頂除霊!』〈著者:赤城大空 イラスト:魔太郎〉

――絶頂除霊。それは突いた相手を生者死者問わず絶頂させ、もののついでみたいに昇天させる猥褻能力。絶頂除霊などという呪われた能力を宿した少年・古屋晴久は、同じような呪いの眼―淫魔眼を持つ少女・宗谷美咲に出会ってしまう。その眼によって弱みを握られた晴久は、半ば強制的に退魔師史上最低最悪なチームを組むことに。初めてのまともなお仕事は、怪異「乳避け女」との大活劇。今宵も街には嬌声が響き渡る。それは紛れもなく、昇天の証明。ポンコツ退魔師たちが卑猥な能力で大活躍? ちょっぴりエッチな退魔活劇!!

”絶頂”と”除霊”という二つを組み合わせた斬新にして面白い青春学園ラノベ!

タイトルからして、なんか予想できるライトノベル。この作品は、『都立退魔学園』という学園を舞台に、悪霊や怪異を除霊していくコメディー多めの作品となっているのですが、その除霊方法がかなりヤバいです。エッチィです。

ただし単にエッチィ描写ばかりではなく、文章の表現力、話の設定など、読み進めたくなるような文章力には、流石と言わざるを得ませんし、その文章とイラストがかみ合って最高のエ〇を発揮していましたね~

なお、”絶頂”と”除霊”を組み合わせているところもなかなか面白く、そこに斬新性を感じました。タイトルに惑わされることなく、ぜひ手にとっていただきたい”青春エ〇ラノベ”です。

―『出会ってひと突きで絶頂除霊!』の青春ポイント―

総合青春ポイント 28点
青春度 ★★★★★★★★☆☆
ストーリー ★★★★★★★★★★
登場人物 ★★★★★★★★★★

『出会ってひと突きで絶頂除霊!』のハッシュタグ

#エッチィハーレムラノベ
#青春ハーレムラノベ
#美少女ヒロインを絶頂させていくライトノベル
『塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い』〈著者:猿渡かざみ イラスト:Aちき〉

「佐藤さんは高嶺の花で誰に対しても塩対応。でも、意外と隙だらけだって俺だけが知ってる。写真を撮るのが下手。そのくせドヤ顔しがち。そして、へにゃっと笑う顔がすごく可愛い」「押尾君は誰に対しても優しい。でも、意外といじわるなところもあるって私だけが知ってる。SNSを使うのが上手。オシャレなカフェの店員さん。そして、悪戯っぽく笑う顔にすごくドキドキする」――これは内緒だけど、俺(私)はそんな彼女(彼)のことが好きだ。初々しくて、もどかしい二人の初恋の物語。尊さ&糖度120%! 両片思いな甘々青春ラブコメ!

糖度120%青春ラブコメラノベ! 塩対応の佐藤さんがとにかくカワイイ!!

タイトルにもある通り、他人と接する時は、いつも塩対応の佐藤さん。しかし、主人公と接する時は、何故か甘々な佐藤さん両思いから始まる青春ラブコメで、何もかもうまくいかない佐藤さんがとにかく可愛いですよ。

なお、須藤凜香っていう女の子がいるのですが、この女の子もこの物語のキーを握っており、より青春さを醸し出してくれます。読んでいたら自然と応援したくなりますよー。

―『塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い』の青春ポイント―

総合青春ポイント 27点
青春度 ★★★★★★★★★☆
ストーリー ★★★★★★★★★☆
登場人物 ★★★★★★★★★☆

『塩対応の佐藤さんが俺にだけ甘い』のハッシュタグ

#ポンコツヒロインが可愛い
#甘々な青春ラブコメラノベ
#両思いから始まるラブコメ

電撃文庫からの青春マシマシライトノベル

『楽園ノイズ』〈著者:杉井 光 イラスト:春夏冬ゆう〉

 出来心で女装して演奏動画をネットにあげた僕は、謎の女子高生(男だけど)ネットミュージシャンとして一躍有名になってしまう。顔は出してないから大丈夫、と思いきや、高校の音楽教師・華園美沙緒先生に正体がバレてしまい、弱みを握られてこき使われる羽目に……
 無味無臭だったはずの僕の高校生活は、華園先生を通じて巡り逢う三人の少女たち――ひねた天才ピアニストの凛子、華道お姫様ドラマーの詩月、不登校座敷童ヴォーカリストの朱音――によって騒がしく悩ましく彩られていく。
 恋と青春とバンドに明け暮れる、ボーイ・ミーツ・ガールズ!

音楽を題材としたボーイ・ミーツ・ボーイの青春ライトノベル!

夢中になって読んでしまうくらい面白い青春ラノベでした。音楽に関する知識がなくても、そこはかとなく読んで伝わる音楽に対する本気さ、そして青春しているということ

ここでは登場人物みなそれぞれの熱意を持っており、好感をもてることがポイントです。さらに、文章から伝わる作者さんの熱さも直に伝わり、そのため読むのが非常に楽しかったです。

ちなみに、主人公とヒロインたちとの会話劇も良い味付けにもなっています。

なお、最後の展開には予想していなかっただけに、ショックが大きかったです。でも、それを音楽で応えた瞬間は最高の一言でした。「音楽ってやっぱ人を変えるものなんだな」って改めて感じましたね。

―『楽園ノイズ』の青春ポイント―

総合青春ポイント 30点
青春度 ★★★★★★★★★★
ストーリー ★★★★★★★★★★
登場人物 ★★★★★★★★★★

『楽園ノイズ』のハッシュタグ

#ド直球の青春ラノベ
#音楽系青春ラノベ
#ボーイ・ミーツ・ボーイ
『声優ラジオのウラオモテ』〈著者:二月 公 イラスト:さばみぞれ〉

「夕陽と~」「やすみの! せーのっ!」 「「コーコーセーラジオ~!」」
 偶然にも同じ高校に通う仲良し声優コンビが教室の空気をそのままお届けしちゃう、ほんわかラジオ番組がスタート!
「あーあ、何であんたみたいな根暗女と」
「うるさいお猿さんね。私だって嫌よ」
 ――でもパーソナリティふたりの素顔は、アイドル声優とは真逆も真逆、相性最悪なギャル×根暗地味子で!?
 オモテは仲良し、ウラでは修羅場、収録が終われば罵倒の嵐! こんなやつとコンビなんて絶対無理、でもオンエアは待ってくれない…! プロ根性で世界をダマせ! 第26回電撃小説大賞、堂々の“大賞”受賞の青春声優エンタテインメント、NOW ON AIR!!

主人公たちの頑張る姿に心揺さぶられるザ・青春ラノベ!

アイドル声優としての表の顔と、プライベートとしての裏の顔って……??? 方やギャル、方や根暗。そんな相性最悪な二人でラジオ番組を届ける展開なのですが、正反対だからこその良さがたくさん詰まった作品でした。最初喧嘩に始まりどうなることやらと読み進めていたのですが、徐々に友情が芽生え、互いに互いを認め合っていくシーンはかなり感動的でした。

特に中盤~後半にかけての展開は胸アツですよ!

また、二人とも言動は悪いですが、声優に対する本気度は本物で好感を持てるのもポイント劣等感を感じながらも挫けず頑張る姿に共感し、声優を本気で目指す姿にきっと応援したくなります。

―『声優ラジオのウラオモテ』の青春ポイント―

総合青春ポイント 29点
青春度 ★★★★★★★★★★
ストーリー ★★★★★★★★★☆
登場人物 ★★★★★★★★★★

『声優ラジオのウラオモテ』のハッシュタグ

#声優を題材としている
#夢を追いかける青春ラノベ
#主人公たちが成長していくラノベ
『三角の距離は限りないゼロ』〈著者:岬鷺宮 イラスト:Hiten〉

 人前でどうしても「偽りの自分」を演じてしまう僕。そんな僕が恋に落ちた相手は、どんなときも自分を貫く物静かな転校生、水瀬秋玻だった。けれど、彼女の中にはもう一人―優しくて、どこか抜けた少女、水瀬春珂がいた。
「一人」の中にいる「二人」……多重人格の「秋玻」と「春珂」。僕は春珂が秋玻を演じる学校生活がうまく行くように手を貸す代わりに、秋玻への恋を応援してもらうようになる。
 そうして始まった僕と「彼女たち」の不思議で歪な三角関係は、けれど僕が彼女たちの秘密を知るにつれて、奇妙にねじれていき――不確かな僕らの距離はどこまでも限りなく、ゼロに近づいていく。これは僕と彼女と彼女が紡ぐ、三角関係恋物語。

三角関係で始まる綺麗な青春恋愛ラノベ!!

この作品は、いくつものを自分を演じ続ける矢野四季(やのしき)と多重人格者である水瀬秋玻(みなせあきは)との出会いから物語は始まります。青春や恋愛といった甘くて綺麗な世界が広がっていますが、唐突に訪れる”三角関係”というパワーワード。

三角関係という鍵が否応でも彼らの行く末を見守りたくなります。また、多重人格とうまく絡ませることによって、タイトルにもあるゼロって最終どのゼロを示すのか気になります。

あと、表紙は言うまでもなく”神”

―『三角の距離は限りないゼロ』の青春ポイント―

総合青春ポイント 27点
青春度 ★★★★★★★★★☆
ストーリー ★★★★★★★★★☆
登場人物 ★★★★★★★★★☆

『三角の距離は限りないゼロ』のハッシュタグ

#三角関係から始める青春恋愛ラノベ
#多重人格
#表紙が神イラスト
『ぼくたちの青春は覇権を取れない。』〈著者:有象利路 イラスト:うまくち醤油〉

「どんな人間であれ、一日でアニメを約57本しか観ることが出来ない」
 ぼく、こと坂井九太郎が所属するアニ研は、上記のような世迷言を乱発する部長をリーダーとするダラダラ部活動だ。(ちなみに30分アニメからCMを抜くとOPED含め実質25分だからそれで計算して57本らしい。なんてアニメバカなんだろう)。部員はぼくと部長と、部長の幼馴染さん(女性。現実にいるんだ……なんてアニメキャラっぽいんだろう)の3人のみ。
 生徒会にも目をつけられてるようだし、果たして今後どうなるのかなと思っていたところに、来訪者が現れた。それはぼくの学年で一番注目を集めている美少女・岩根美弥美さん。彼女の出現を皮切りに、部には「アニメ」にまつわるちょっとした事件が次々と巻き起こり――?

様々な視点でアニメを交えて物語が展開していくのは個人的に好きな所で面白い!

最初は、アニメ+ミステリーって感じで部長の推理中心に物語は展開していきます。そして、後半の展開はアニメ+人間味溢れるドラマがあってマジで読み応えがあり、なんか様々な視点でアニメを交えて物語が展開していくのは個人的に好きな所でした。

また、最後の展開の持っていき方は大満足の作品で、「まさか主人公があんな台詞を言うなんて」って思うかもしれませんよ。最後まで納得のできる作品でしたし、一巻完結だけど続きも少し読んでみたいかなと思わせるそんな作品でもありました。

―『ぼくたちの青春は覇権を取れない。』の青春ポイント―

総合青春ポイント 26点
青春度 ★★★★★★★★★☆
ストーリー ★★★★★★★★★☆
登場人物 ★★★★★★★★☆☆

『ぼくたちの青春は覇権を取れない。』のハッシュタグ

#アニメ好きには嵌まる
#こんな青春もありなんだ!
#人間味溢れる青春ラノベ

MF文庫Jからの青春マシマシライトノベル

『ぼくたちのリメイク』〈著者:木緒なち イラスト:えれっと〉

僕、橋場恭也はしがないゲームディレクター。会社は倒産、企画もとん挫して実家に帰ることになる。輝かしいクリエイターの活躍を横目にふて寝して目覚めると、なぜか十年前の大学入学時に巻き戻っていた!? 墜ちたはずの大学に受かっていて憧れの芸大ライフ、さらにはシェアハウスで男女四人の共同生活と突如、バラ色の毎日に!
ここから僕の人生を作り直すんだ――後の超有名クリエイター(の卵)と共に送る新生活がいま始まる! と、意気揚々と始めてみたもののそんなにうまくはいかないみたいで……。木緒なち×えれっとの超強力タッグによる、青春リメイクストーリー!

夢に向かって努力しているあなたに読んで欲しい。明日も頑張ろうっていう気持ちにさせてくれます!

「悔しさって大事だなぁ~」って改めてこの作品を読んで感じましたね~

人生というのは何が正しくて何が正しくないのかなんて分からないし、後悔してなんぼだと個人的に思っています。その中で『ぼくたちのリメイク』は人生をやり直すとしたらという題材で、登場人物が夢に向かっていきいきと青春している所は胸が熱くなってきますよ!

夢に向かって努力する大切さや人と競いあって自分を高めていく向上心、そして悔しいと思える感情など色々な物が詰まった作品です。

”悔しさ”って本気でやっているからこそこみ上げてくる感情であって、『ぼくたちのリメイク』を読んでいるとそういう気持ちが直に伝わってきてなんか明日も頑張ろうっていう気持ちにさせてくれますよ!

―『ぼくたちのリメイク』の青春ポイント―

総合青春ポイント 27点
青春度 ★★★★★★★★★★
ストーリー ★★★★★★★★★☆
登場人物 ★★★★★★★★☆☆

『ぼくたちのリメイク』のハッシュタグ

#ザ・青春まっしぐらなラノベ
#人生やり直し、主人公成長ラノベ
#業界ラノベ
『西野』〈著者:ぶんころり イラスト:またのんき▼〉

学園カーストの中間層、冴えない顔の高校生・西野五郷は、界隈随一の異能力者だ。ダンディズムを愛する彼の毎日は、異能力を使ったお仕事一筋。常日頃から孤独な生き様を良しとしてきた。シニカルなオレ格好いいと信じてきた。
だが、その日々も永遠ではない。高校二年の秋、童貞は文化祭を通じて青春の尊さに気付く。異性交遊の大切さを知る。これはそんな西野少年が、過去の淡白な人生から心機一転、日々の生活態度を改めると共に、素敵な彼女を作って高校生活を謳歌する為、あの手この手を用いて学園カーストを駆け上がらんと奮闘するも、一向に登れそうにない、なんちゃってハードボイルド物語(異能バトル付き)。

「何なんだこの作品は!?」って思うくらい尖った作品! 驚愕もありつつもそのストーリーに引き込まれてしまう!?

この作品は裏社会では最強、でも学園生活ではカースト最底辺のフツメン西野が青春を謳歌するため学園カーストを駆け上がっていく物語です。

とにかく西野というキャラの強い個性に大注目です。バーで酒を飲んでいるし、至って冷静だし、異能力が使えて最強だし……、顔さえ良ければ完璧な西野だったのですが、そこがかえってこの作品の魅力へと変わり、なかなか学園生活で報われない西野の姿を見ていたら、自然と嵌まってしまいますよ。

なお、裏社会の「西野」はマジでとてつもない奴だと読んでいたらそのまま伝わってきます。

―『西野』の青春ポイント―

総合青春ポイント 26点
青春度 ★★★★★★★☆☆☆
ストーリー ★★★★★★★★★★
登場人物 ★★★★★★★★★☆

『西野』のハッシュタグ

#異能力青春ラブコメ
#主人公最強フツメンラノベ
#金髪ロリ

スニーカー文庫からの青春マシマシライトノベル

『スーパーカブ』〈著者:トネ・コーケン イラスト:博〉

山梨の高校に通う女の子、小熊。両親も友達も趣味もない、何もない日々を送る彼女は、中古のスーパーカブを手に入れる。初めてのバイク通学。ガス欠。寄り道。それだけのことでちょっと冒険をした気分。仄かな変化に満足する小熊だが、同級生の礼子に話しかけられ――「わたしもバイクで通学してるんだ。見る?」1台のスーパーカブが彼女の世界を小さく輝かせる。ひとりぼっちの女の子と世界で最も優れたバイクが紡ぐ、日常と友情。

ないない尽くしの主人公がカブを手に入れたことによって世界を広げていく!? 一風変わった青春物語に共感してほしい!

スーパーカブを通して主人公の世界が広がっていくような展開は、凄く良かったとしか言いようがないです。スーパーカブに限らず言えるかもしれませんが、初めて何かを購入した時ってワクワクしますよね? ワクワク感を伝えてくれるライトノベルで、スーパーカブを手に入れた彼女の行動一つ一つが新鮮で、これも青春の一つなんだなぁと心から思いました。

そんな主人公の成長が描かれており、カブを購入したことで彼女の人生が変わっていくシーンは本当に読み応え抜群ですよ。

―『スーパーカブ』の青春ポイント―

総合青春ポイント 30点
青春度 ★★★★★★★★★★
ストーリー ★★★★★★★★★★
登場人物 ★★★★★★★★★★

『スーパーカブ』のハッシュタグ

#一風変わった青春ラノベ
#ないない尽くしの主人公成長ストーリー
#1巻だけでも楽しめる
『6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。』〈著者:大澤めぐみ イラスト:もりちか〉

やりたいことが見つからず、漠然と都会を夢見る優等生の香衣。サッカー部のエースで香衣の彼氏のはずの隆生。香衣に一目惚れする学内唯一の不良・龍輝。ある秘密を隠すため、香衣の親友を演じるセリカ。4人が互いに抱く、劣等感。憧れ。恋心。後悔。あの駅で思いはすれ違い、一度きりの高校生活はとどまることなく進んでいく。「どうしてすべて手遅れになってからでないと、一番大事なことも言えないんだろう」これは、交錯する別れの物語。

現実味にありふれていて、読んだ後が切なく、しかしそれでいて納得のいく”別れ”を描いている!

この作品は、高校生活の”出会い”と”別れ”に注目し、その中でも、”別れ”によりピックアップした作品となっています。

四人の高校生活に焦点を当てた青春群青劇で、それぞれの四人のエピソードを高校三年間の中に収められています。なかなか現実味があって、共感できる部分が多かったですよ。というのも、それぞれ四人が抱いている様々な感情がダイレクトに伝わってきて、感情移入してしまいまうからです。

また、ありふれた高校生活の”別れ”を身近に感じる部分があったからこそ、最後まで納得のできる作品でしたし、読んでいない方は絶対に読んで欲しいと思いましたね。

―『6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。』の青春ポイント―

総合青春ポイント 26点
青春度 ★★★★★★★★★☆
ストーリー ★★★★★★★★★☆
登場人物 ★★★★★★★★☆☆

『6番線に春は来る。そして今日、君はいなくなる。』のハッシュタグ

#切ない青春ラノベ
#泣ける青春群像劇
#クオリティが高い1巻完結のラノベ

ファミ通文庫からの青春マシマシライトノベル

『放課後の図書室でお淑やかな彼女の譲れないラブコメ』〈著者:九曜 イラスト:フライ〉

母子家庭で育った十七歳の少年真壁静流は、事故で母を亡くし一人途方に暮れていた。そんな彼の元に父親と名乗る人物から「私の娘と三人で一緒に暮らさないか?」と提案され、一ヶ月だけ一緒に住むことに。そして数日後、静流を出迎えたのは、同じ高校に通う人気No.1と呼び声が高い美少女の蓮見紫苑だった!! 医者である父は家に帰ることが少ないため、静流は学園一の美少女との同棲という新しい生活を送ることになり……。大人気シリーズ『佐伯さんと、ひとつ屋根の下』のスペシャルストーリーも収録!!

先輩とのラブコメラノベ、図書カノ! 焦れったい青春ラブコメをぜひッ!!

グイグイくるヒロイン「瀧浪(たきなみ)」先輩と、急な同棲により少しもどかしい関係となった「蓮見(はすみ)」先輩。そんな二人による年上ラブコメで、グイグイくるヒロインと同様、ストーリーもグイグイと読み進められるほど面白い

「甘酸っぱい青春ラブコメはこうでないと!」と思えるほど、ヒロインの感情変化にも注目です!

瀧浪先輩は最初から好感度Maxで「付き合えー、付き合えー」ってグイグイですが、その一方で蓮見先輩との関係が少しずつではありますが、変わっていくシーンは読みどころポイント。図書室でのラブコメ展開と、屋根の下でのもどかしい展開……、これからどうなっていくのか非常に楽しみな一冊です。

―『放課後の図書室でお淑やかな彼女の譲れないラブコメ』の青春ポイント―

総合青春ポイント 27点
青春度 ★★★★★★★★★☆
ストーリー ★★★★★★★★★☆
登場人物 ★★★★★★★★★☆

『放課後の図書室でお淑やかな彼女の譲れないラブコメ』のハッシュタグ

#甘酸っぱい青春ラブコメ
#年上ヒロインとのラブコメ
#フライ先生が描くイラストが好き!

オーバーラップ文庫からの青春マシマシライトノベル

『美少女と距離を置く方法』〈著者:丸深まろやか イラスト:シソ〉

『選択的ぼっち』を自称する高校生の楠葉廉(くすばれん)はある日、クールな同級生の橘理華(たちばなりか)が強引に迫られている現場に遭遇し、気紛れに彼女を助けてしまう。理華とはそれきりで、平凡な日常が帰ってくる――はずが、関係は続くことになる。
理華もまた友人が少なく、さらには行きつけのお店が同じで、マンションも隣で――。行動を共にするうちに心を開き、距離を縮めてくる理華と、彼女からの好意に戸惑う廉。人との関わり合いを避けてきた二人は不器用ながらも、お互いを意識して、少しずつ惹かれあっていく……。
クールで可愛い同級生と紡ぐ甘々で焦れ焦れな恋愛物語。

ぼっちとリア充、似たもの同士の恋愛を描いた青春ラノベ。

ぼっちでいたい主人公とクールな美少女との関係を描いたラノベです。

二人が友達になるまでの経緯と、友達から恋人に変わる瞬間が読み所ポイント。似たもの同士の二人がどこにいっても何をしても、偶然に出会い、距離を縮めていきます。その中で、ヒロインが徐々に”想いを寄せている”と分かる仕草には着目してもらいたいです。

恋愛をあまり経験していない二人だからこそ、あれほどの甘酸っぱさが醸し出されており、まさに青春、青春しているライトノベルでした。最初から最後まで、1巻だけでも納得できる作品でしたので、ぜひとも手に取っていただきたいです。

―『美少女と距離を置く方法』の青春ポイント―

総合青春ポイント 28点
青春度 ★★★★★★★★★☆
ストーリー ★★★★★★★★★☆
登場人物 ★★★★★★★★★★

『美少女と距離を置く方法』のハッシュタグ

#甘くて焦れったい青春恋愛ラノベ
#小説家になろう
#クールな美少女と選択的ぼっち系主人公
『生ポアニキ』〈著者:アサウラ イラスト:赤井てら〉

半不登校で孤独な生活を送る木村ユースケは、カウンセラーの勧めで新たに設けられた『恋愛生活保護』を申請した。これで相性の良い自分好みの女の子が現れて、幸せになれる…はずだったのだが、約束の日、家に来たのは女の子ではなく、一糸まとわぬマッチョな“アニキ”だった! 一方で本来現れるはずの鳳来寺ユリは転校生として現れるも、ユースケの好みとはことごとく違う。家に住み着いたアニキ、ユースケを拒絶する転校生、そして秘密を抱えて近づくクラスメイト・松笠アザミ…。謎が謎を呼び、アニキの汗がほとばしる! 果たしてユースケに恋人は出来るのか!? 全ての答えは筋トレの先にある! 少年少女と一人のマッチョが織りなす健全なる物語。ハイテンション・マッスル・ラブコメここに交付!!

男気あふれるアニキの”強さ”に心から心酔してしまうちょっと変わった青春ラブコメラノベ!

最高の筋肉を見せてくれる作品。筋肉は全てを解決するという言葉が何より似合う作品だと思います。

”恋愛扶助”とは、相性のいいパートナーを用意してくれる制度である。その恋愛扶助を木村ユースケが活用したところ、何故か筋肉バッキバッキのマッチョが来たという所からストーリーは展開していきます。

でも、このマッチョことアニキの男気あふれる彼の”強さ”には自然と心酔してしまいます。あんなアニキを見せられたらどうしても魅了されてしまいますし、読み進めたくなっちゃいますね。

―『生ポアニキ』の青春ポイント―

総合青春ポイント 27点
青春度 ★★★★★★★★★☆
ストーリー ★★★★★★★★★☆
登場人物 ★★★★★★★★★☆

『生ポアニキ』のハッシュタグ

#筋肉
#アニキ
#青春

その他の青春マシマシライトノベルもCHECK!

青春マシマシライトノベルの紹介を振り返って

やっぱ青春といえば、ガガガっていうイメージが強いですね。なんか普通のラブコメとは違い、青春寄りのラブコメ・恋愛を読ませていただけるのが良きなんですよね。個人的には、『俺ガイル』→『弱キャラ』→『チラムネ』→『ラブだめ』といった”ガガガフロー”が好きですね~

『俺ガイル』は異なりますが、第15回の小学館ライトノベル大賞は今からでも楽しみです!

他のレーベルも負けず劣らずで、電撃文庫の『楽園ノイズ』やMF文庫Jの『ぼくたちのリメイク』、そして、スニーカー文庫の『スーパーカブ』もぜひ読んでいただきたい青春ラノベとなっています。

青春を感じるのと同時に、今一度頑張ろうという気持ちにさせてくれますので、気になった方は読んでみて下され!

ちなみに、下記URLでアンケートをとっていますので、暇な方は投票していただけますと幸いです。

以上、ここまで読んでくれた方ありがとうございました。

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

Comment

  1. 青春 より:

    現実でラブコメできないとだれが決めた?は読んでみたい

  2. とあるん より:

    すごくまとめられていて見やすい!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑