*

「楽園ノイズ」感想と評価

「楽園ノイズ」というライトノベルをご存じでしょうか?

この作品は、『電撃文庫』で出版されているライトノベルで、初版発売日が2020年5月9日です。

今回は、「楽園ノイズ」の感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「楽園ノイズ」の感想

画像は【電撃文庫公式twitter】より引用

音楽を題材としたボーイ・ミーツ・ボーイで青春のライトノベル!

杉井 光」先生の「楽園ノイズ」。

夢中になって読んでしまうくらい面白い青春ラノベでした(一日で読んでしまいます)。

音楽に関する知識がなくても、そこはかとなく読んで伝わる音楽に対する本気さ、そして青春しているということ

本当にほんっとうに面白かったです!

音楽に対する情熱、ここでは登場人物みなそれぞれの熱意を持っており、好感をもてることがポイントです。

さらに、文章から伝わる作者さんの熱さも直に伝わり、そのため読むのが非常に楽しかったです。

ちなみに、主人公とヒロインたちとの会話劇も良い味付けにもなっています(何故か性犯罪者扱いされ続ける主人公です)。

なお、最後の展開には予想していなかっただけに、ショックが大きかったです

でも、それを音楽で応えた瞬間は最高の一言でした。「音楽ってやっぱ人を変えるものなんだな」って改めて感じましたね。

最後はうるっとくるところがあります(せんせー)。

イラストに関して、イラストレーターは「春夏冬ゆう」先生が担当しています。

登場人物のイラストは全部良い! どのヒロインも文句なしに可愛いですし、特にモノクロイラストの「百合坂詩月」の手をグッとしているシーンが印象に残っていて好きです。

ちなみに真ん中の子が女装をしているムサオだと最後に気付きました……、トホホ。

「楽園ノイズ」の評価

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

【ストーリーの構成・読みやすさ】

★★★★★★★★★★

【登場人物・イラストの良さ】

★★★★★★★★★☆

〈3つの好きに共感できるのであればおすすめ!〉

#青春ラノベが好き! #音楽系ラノベが好き! #ボーイ・ミーツ・ガールが好き!

「楽園ノイズ」の主なストーリー

「女装して演れば食いつきいいんじゃないの?」

姉の一声で女装をし、演奏動画をネット上で配信すると即日で再生数が五桁を突破し、次の日には六桁をあっさりと達成していた。

本名を出しているわけでもないし、姉以外に誰も知りようがないと思っていたので、気にせず動画作成を続けた。

僕はその時、甘く見ていた。世間の広さと狭さを……。

高校に入学して音楽を選択した僕「村瀬真琴(むらせまこと)」は、現在音楽室にいる。

「きみがムサオでしょ?」

『Musa男』という名前で音楽をネット上にアップロードしていたわけだが、さらっと先生「華園美沙緒(はなぞのみさお)」に正体がバレてしまって……。

弱みを握られ、授業中のピアノ伴奏を全て担当することになった。

そんな華園先生をきっかけにして「冴島凜子(さえじまりんこ)」と呼ばれる天才ピアニストと出会うことになるのだが……。

何故か彼女は一般の普通高校にいる。どうして彼女はこんな場所に囚われているのだろう

「楽園ノイズ」どんな展開のストーリー?

「楽園ノイズ」はどんな展開なのか、簡単にそれぞれの巻について、紹介していこうかと思います。

「楽園ノイズ」1巻の主な内容

 出来心で女装して演奏動画をネットにあげた僕は、謎の女子高生(男だけど)ネットミュージシャンとして一躍有名になってしまう。顔は出してないから大丈夫、と思いきや、高校の音楽教師・華園美沙緒先生に正体がバレてしまい、弱みを握られてこき使われる羽目に……
 無味無臭だったはずの僕の高校生活は、華園先生を通じて巡り逢う三人の少女たち――ひねた天才ピアニストの凛子、華道お姫様ドラマーの詩月、不登校座敷童ヴォーカリストの朱音――によって騒がしく悩ましく彩られていく。
 恋と青春とバンドに明け暮れる、ボーイ・ミーツ・ガールズ!

なぜ、冴島凜子はこのまま音楽の道を進まなかったのだろうか。ずっと疑問に思っていた真琴は凜子に問う。

「なんでうちの高校来たの? 音楽科のある学校に行けばよかったのに。プロ目指そうとか考えなかった?」

「そういう詮索されるのが嫌だから、伴奏なんてやりたくなかったのに。目立たないようにもっとわざと下手に弾いておけばよかった」

本気でピアノを弾くのをやめてしまった凜子。なぜ、彼女は本気で弾くことをやめてしまったのか……

もっと弾いてほしい、もっと聴いていたい。

なぜ、ピアノを本気でやめてしまったにもかかわらず、技術は全然落ちていないのか……

それは毎日練習しているからであって、グランドピアノの中に心を置き忘れているからに他ならなかった

そんな凜子にある日、真琴は勝負をしかけることになる

「僕が勝ったら一度だけ100パーセント本気で僕のリクエストを弾いてよ」

音楽好きはぜひ読んで欲しい。音楽を知らない方もぜひ読んで欲しい!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

以上、「楽園ノイズ」の紹介でした。

後の巻についても出版され次第、更新していこうと思います。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサードリンク

関連記事

スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサードリンク

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑