【遊戯王 値上がり:皆既日蝕の書】十二獣の対策カードとして需要が高いカード!

公開日: : 最終更新日:2016/11/01 遊戯王 高騰情報

皆既日食の書》が値上がりしています。このカードは「ザ・デュエリスト・ジェネシス」に初めて収録されたカードです。《スターダスト・ドラゴン》が収録されたパックですね。今から約8年前と少し懐かしいパックです。

そこにノーマルカードとして収録された《皆既日蝕の書》が値上がりしています。
皆既日蝕の書》といえばマドルチェ戦を思いだします。

→これからは闇の護封剣より皆既日食が台頭してくるのかな?

スポンサーリンク

皆既日蝕の書の平均価格(10月31日現在)

1枚というよりかは3枚の落札が多く、ヤフオク・メルカリ問わず3枚400円~500円くらいです。
ストラクなどで再録されているのに1枚100円以上しますね。

IMG_7262 (2)

皆既日蝕の書
速攻魔法
➀フィールドの表側表示モンスターを全て裏側守備表示にする。このターンのエンドフェイズに、相手フィールドの裏側守備表示モンスターを全て表側守備表示にし、その後、この効果で表側守備表示にしたモンスターの数だけ相手はデッキからドローする。

なぜ高騰したのか?

サイドだけに関わらず、最近メインにも投入されているのをよく見かけます。
わたしもメインでよく採用しているのにですが・・・

とにかく十二獣が多い!
先行で《ドランシア》や《フレシア》をとにかく突破しづらいです。その対策として《皆既日蝕の書》を使っています。地味に対象を取らないのもいいところ!

また相手ターンに《モルモラット》を裏側にしてしまえば、相手の動きをかなり止めれます。
神の通告》などでも止めれるのですが、墓地にいったら《貪欲の壺》があるし、蘇生されたら困りますから( ゚Д゚)

月の書》でもいいのですが、わたしは《皆既日蝕の書》派です。
月の書》だと今の環境は物足りない気がします。
というか2枚とも入れている人も最近ではちょこちょこ見ますね。

メインに採用されずともサイドには必須カードになりつつカードになってきていますね。次元障壁も最近よく見る(‘_’)

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comment

  1. スタースター より:

    出た直後もレモンとのコンボで高かった記憶が……
    あとどっかの動画で見ましたがインフェノイドで使えます。裏だとレベルやランクをカウントしないので

    • ナツキ より:

      スタースターさん、コメントが久しぶりな気がします∑(゚Д゚)

      確かにインフェルノイド対策でも使えそうですね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 最果てのパラディンの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「最果てのパラディン」というラノベをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、『このライトノベルがすごい!2018』で第14位にランクインしています。 今回はこの […]

    青春ブタ野郎シリーズの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「青春ブタ野郎シリーズ」というラノベをご存じでしょうか? この作品は『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「青春ブタ野郎シリーズ」の評価や感想を書いていこうかと思います。 この作品を知らない人はぜひとも […]

    転生したらスライムだった件の評価と感想

    「転生したらスライムだった件」という漫画を知っていますか? この作品は”小説家になろう”で投稿されており、それが小説として書籍化され、さらにその作品が漫画となって書籍化されました。 今回はこの作品を知らない人のために、こ […]

    りゅうおうのおしごと!の評価と感想 アニメの展開はどうなる

    「りゅうおうのおしごと!」に関する評価や感想を述べていきたいと思います。 また、アニメの展開はどうなっていくのかもネタバレ要素ほぼほぼなしで書いていこうと思います。 アニメは2018年1月8日からとこれから楽しみであり、 […]

    やがて恋するヴィヴィ・レインの評価と感想

    「やがて恋するヴィヴィ・レイン」というライトノベルを知っていますか。 この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 『このライトノベルがすごい!2018』でも第11位にランクインしています。 今回はこの作品を知ら […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑