月とライカと吸血姫の評価と感想

「月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)」というライトノベルを知っていますか?

この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。

ちなみに、『このライトノベルがすごい!2018』で第3位に輝いた作品です。

今回は、この作品を知らない人に向けて、少しでも知っていただけるような内容を書いていこうかと思います。

スポンサーリンク

「月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)」の評価と感想

画像は【ガガガ編集部ログ】より引用

”傑作のラノベ”だと思います。

あまりこのようなジャンルのライトノベルを読んだことがないので、新鮮に感じられました。

宇宙開発のお話なのですが、宇宙開発の裏側では、欲にまみれたものがいっぱいあって、その中で、宇宙に焦がれる一人の青年と吸血鬼の少女の想いに共感しました。

この作品を読んでいて、一番思ったことは、必死で夢を追いかける彼らを応援したくなるような気持ちにさせてくれます。

また、登場人物の対人距離がどんどん縮まっていくシーンなども見所だと思います。

評価は10点中10点を付けたい作品です。

ここから、「月とライカと吸血姫」の簡単なストーリー展開であったり、どんな登場人物が出てくるのか、紹介していこうかと思います。

「月とライカと吸血姫」の主なストーリー

東の『ツィルニトラ共和国連邦』、西の『アーナック連合王国』、二つの超大国は、誰の領土でもない宇宙を狙い、熾烈な宇宙開発競争を繰り返していた。

そして、両大国の最大の悲願は、”先に人類を宇宙へ到達させること”へと変わっていった。

そんな宇宙開発競争が繰り広げられる時代を『共和国連邦』側視点と『連合王国』側視点で物語は語られていきます。

『ライカ44』、そこは『共和国連邦』が機密で宇宙開発をしている拠点である。

宇宙飛行士補生生の補欠である「レフ」は、「スラヴァ・コローヴィン」から呼び出しを受けることになる。

「スラヴァ・コローヴィン」は、ロケット開発主任であり、そんな彼の口から”吸血鬼”のマネージャーをするよう言い渡される。

人類を打ち上げる計画『ミェチタ計画』を進める前に、”吸血鬼”を実験体として無重力空間に送り込む『ノスフェラトゥ計画』が決定したからだ。

それは、『共和国連邦』の西隣に住む”吸血鬼”を実験の”モノ”として宇宙に送り込むという計画であった。

そして、その計画に選ばれたのが「イリナ・ルミネクス」という”吸血鬼”の少女であった。

人間を嫌う「イリナ」と「吸血鬼」を恐れる「レフ」といういびつな関係であったが、彼らは互いのことを知っていくにつれて距離を縮めていくことになる。

そして「イリナ」は「レフ」の指導の下、過酷な特殊訓練を受け、宇宙へと飛び立つ運命の日に直面することになる。

「月とライカと吸血姫」の登場人物

『ツィルニトラ共和国連邦』の登場人物

  • ある事件で宇宙候飛行士補生生の補欠となった「レス・レプス」
  • ”吸血鬼”の少女「イリナ・ルミネクス」
  • 「イリナ」のデータ採取係「アーニャ・シモニャン」
  • ロケット開発主任「スラヴァ・コローヴィン」
  • 宇宙飛行士候補性の指導教官「ヴィクトール中将」
  • 宇宙飛行士候補性のエース「ミハエル・ヤシン」
  • 女性の宇宙飛行士候補性「ローザ・ブレヴィツカヤ」
  • 共和国の最高指導者「フョードル・ゲルギエフ」
  • 「ゲルギエフ」の側近「リュウドミラ・ハルロヴァ」

『アーナック連合王国』の登場人物

  • 『国立宇宙局(ANSA)』の新人「バート・ファイフィールド」
  • ”新血種族”である「カイエ・スカーレッド」

ここまでが簡単なストーリー展開、登場人物の紹介でした。

「月とライカと吸血姫」アニメ化されるとしたらどんな展開?

「月とライカと吸血姫」はアニメ化して欲しい作品です。

個人的には、かなり気に入っているライトノベルです。

ここからそれぞれの巻について、簡単に説明していこうかと思います。

「月とライカと吸血姫」1巻の主な内容

いまだ有人宇宙飛行が成功していなかった時代。ツィルニトラ共和国連邦の最高指導者は、人間をロケットで宇宙に送り込む計画を発令。その裏では、実験飛行に人間の身代わりとして吸血鬼を使う『ノスフェラトゥ計画』が進行していた。閉鎖都市で訓練に励む宇宙飛行士候補生のレフは、実験台に選ばれた吸血鬼の少女、イリナの監視係を命じられることになる。上層部のエゴや時代の波に翻弄されながらも、ふたりは命懸けで遙か宇宙を目指す。宇宙に焦がれた青年と吸血鬼の少女が紡ぐ、宙と青春のコスモノーツグラフィティ。

最大の難関、高度7000メートルからのパラシュート降下!?

「イリナ」が宇宙へ向かう過程で、彼女は様々な過酷な特殊訓練をしていくことになる。

その中でも、7000メートルからのパラシュート降下は高所恐怖症である「イリナ」にとって、厳しいことであって…。

また、「イリナ」の特殊訓練に同席する「サガレヴィッチ副長官」は、彼女を完全に”もの”として扱う偏屈な人間であり、そのことが後に大きな問題となってしまう。

なんとしてでも宇宙へ行きたい「イリナ」の想い

宇宙へ飛ばされた後は、成功したとしても後の人生は約束されていない。

しかし、そんな彼女は宇宙へ行きたいという確かな秘めたる想いがあった。

そんな宇宙へ飛び立つ運命の日がやってくるまで、刻一刻と日にちが過ぎ去っていく中、「イリナ」と「レフ」は悲惨な出来事を目にしてしまうことになる。

宇宙へ飛び立つ前に起きた、二人への精神的な大きなダメージ…。

「イリナ」は果たして無事宇宙へたどり着き、そして地球に戻ってくることができるのだろうか。

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

「月とライカと吸血姫」2巻の主な内容

『ノスフェラトゥ計画』の一件を評価されたレフは、実験体の吸血鬼イリナを監視する任務から解かれ、晴れて宇宙飛行士候補性に復帰。「人類史上初の宇宙飛行士」の座をかけた選抜試験に挑む、ライバル達と鎬を削る。一方、イリナに不穏な空気が忍び寄る。「実験体は用済みであろう。廃棄処分を」。昼と夜、すれ違う二人の運命は。―宇宙開発の黎明期であり、最前線。様々な思惑に翻弄されながらも、命懸けで遙か宇宙を志すふたりがいた。宇宙に焦がれた青年と吸血鬼の少女が紡ぐ、宙と青春のコスモノーツグラフィティ第二幕。

史上初の宇宙飛行士になるために!!

『ノスフェラトゥ計画』の結果から、「レフ・レプス」は宇宙飛行士候補性に再昇格し、”選抜試験”に挑むことになる。

その試験で『ミェチタ計画』に参加する正式な宇宙飛行士を6人『夢の六人(ミェチタ・シェステ)』を決定し、うち上位3名は春に予定されている有人飛行の搭乗者候補として選定されることになります。

そして「レフ」は、”選抜試験”に挑むことになるのだが、史上初の宇宙飛行士という『共和国』が思い描く”英雄”の本質をまるで理解出来ないということを後に知ることになる。

史上初の宇宙飛行士になるということは、『共和国』のために人生をなげうち、大切な人を犠牲にするという選択を迫られることがあるということを…。

「イリナ・ルミネクス」はこれから『設計局』の技師になることに!!

「イリナ」が『ノスフェラトゥ計画』を完遂し、「レフ」の脳裏によぎるのは”実験体の廃棄処分”、すなわち、「イリナ」の”死”を意味していた。

「レフ」が不安に思う中、「イリナ」の功績が認められ、彼女は『設計局』に勤めることになると「レフ」は告げられる。

しかし、そのことは”真実”ではなかった、「レフ」が”選抜試験”で集中して臨むためについた”嘘”であった。

「レフ・レプス」は果たして、宇宙飛行士に選ばれ、そして夢の宇宙へと辿り着くことはできるのだろうか? また、「イリナ・ルミネクス」のこれからはどうなっていくのだろうか?

葛藤する「レフ・レプス」の姿、そして「イリナ・ルミネクス」の想い、感動の2巻をぜひ!!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

以上、「月とライカと吸血姫」についてでした。

後の巻は、出版され次第更新していきます。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 最果てのパラディンの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「最果てのパラディン」というラノベをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、『このライトノベルがすごい!2018』で第14位にランクインしています。 今回はこの […]

    青春ブタ野郎シリーズの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「青春ブタ野郎シリーズ」というラノベをご存じでしょうか? この作品は『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「青春ブタ野郎シリーズ」の評価や感想を書いていこうかと思います。 この作品を知らない人はぜひとも […]

    転生したらスライムだった件の評価と感想

    「転生したらスライムだった件」という漫画を知っていますか? この作品は”小説家になろう”で投稿されており、それが小説として書籍化され、さらにその作品が漫画となって書籍化されました。 今回はこの作品を知らない人のために、こ […]

    りゅうおうのおしごと!の評価と感想 アニメの展開はどうなる

    「りゅうおうのおしごと!」に関する評価や感想を述べていきたいと思います。 また、アニメの展開はどうなっていくのかもネタバレ要素ほぼほぼなしで書いていこうと思います。 アニメは2018年1月8日からとこれから楽しみであり、 […]

    やがて恋するヴィヴィ・レインの評価と感想

    「やがて恋するヴィヴィ・レイン」というライトノベルを知っていますか。 この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 『このライトノベルがすごい!2018』でも第11位にランクインしています。 今回はこの作品を知ら […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑