【遊戯王 値下がり:召喚師アレイスター】そろそろ買い時かな?

公開日: : 遊戯王 値下げ

遊戯王の相場情報です。今回値下がりしているカードは《召喚師アレイスター》です。このカードは、「フュージョン・エンフォーサーズ」に収録されたカードです。

初動価格は1200円~1300円くらいだったのですが、今では1000円を切っています。
→【遊戯王 初動価格:《召喚師アレイスター》《召喚魔術》】今回のトップレアカード!

スポンサーリンク

召喚師アレイスターの平均価格(2月15日現在)

1枚約800円~900円くらいです。
ヤフオクよりメルカリの方が安いのかなと思います。

捕食植物サンデウキンジー》がトップレアになってしまいましたね。ちなみに《捕食植物サンデウキンジー》は1枚約1100円~1200円くらいです。

image召喚師アレイスター
  星4 魔法使い族 闇属性 攻1000 守1800
➀このカードを手札から墓地へ送り、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。
➁このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。デッキから「召喚魔術」1枚を手札に加える。

召喚魔術の平均価格(2月15日現在)

1枚約400円くらいです。
このカードはかなり値下がりしていますね。初動はかなりしていたのですが、グングン値下がりしてこの価格に至っています。

image

召喚魔術
  通常魔法
「召喚魔術」の➁の効果は1ターンに1度しか使用できない。
➀融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。「召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合、自分フィールド及び自分・相手の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。
➁このカードが墓地に存在する場合、除外されている自分の「召喚師アレイスター」1体を対象として発動できる。墓地のこのカードをデッキに戻し、対象のモンスターを手札に加える。

召喚獣は強いんですけどね・・・

「十二獣召喚獣」とか以前は流行ったけど、今では全然見なくなりましたね。
わたしは《SRベイゴマックス》が規制されて、渋々「ww召喚獣」を使っています。これがまた強いんですよ!

今回は《召喚士アレイスター》と《召喚魔術》の値下がり情報でした。

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 青春ブタ野郎シリーズの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「青春ブタ野郎シリーズ」というラノベをご存じでしょうか? この作品は『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「青春ブタ野郎シリーズ」の評価や感想を書いていこうかと思います。 この作品を知らない人はぜひとも […]

    転生したらスライムだった件の評価と感想

    「転生したらスライムだった件」という漫画を知っていますか? この作品は”小説家になろう”で投稿されており、それが小説として書籍化され、さらにその作品が漫画となって書籍化されました。 今回はこの作品を知らない人のために、こ […]

    りゅうおうのおしごと!の評価と感想 アニメの展開はどうなる

    「りゅうおうのおしごと!」に関する評価や感想を述べていきたいと思います。 また、アニメの展開はどうなっていくのかもネタバレ要素ほぼほぼなしで書いていこうと思います。 アニメは2018年1月8日からとこれから楽しみであり、 […]

    やがて恋するヴィヴィ・レインの評価と感想

    「やがて恋するヴィヴィ・レイン」というライトノベルを知っていますか。 この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 『このライトノベルがすごい!2018』でも第11位にランクインしています。 今回はこの作品を知ら […]

    ワンパンマンの評価と感想 アニメの続きはどんな展開!?

    「ONE PUNCH-MAN(ワンパンマン)」という作品をご存じでしょうか? 管理人はアニメから見始めたのですが、予想外の面白さで、アニメの続きも漫画で読んでいます。 今回は、そんな「ワンパンマン」のアニメの感想と評価を […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑