《DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドン》効果考察 まさかのエクシーズ化

公開日: : 最終更新日:2017/04/24 遊戯王 最新情報

遊戯王の効果考察です。今回考察していくカードは《DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドン》です。このカードは「コレクターズパック2017」に収録されるカードです。

ヘル・アーマゲドン》も昇進しましたね。しかもエクシーズ化、「DD」使いとして歓喜ですね。
でもテキストが長い・・・

スポンサーリンク

DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドンの効果

DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドン
ランク8  悪魔族 闇属性 攻3500 守3000
ペンデュラム効果 スケール1
➀1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「DD」カードが存在する場合に発動できる。EXデッキから「DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドン」以外の「DDD」Xモンスター1体を特殊召喚する。
モンスター効果
レベル8「DDD」モンスター×2
➀このカードがX召喚に成功した時に発動できる。自分のEXデッキの表側表示の「DD」Pモンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。
➁自分フィールドのPモンスターは効果では破壊されない。
➂1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、自分フィールドのPモンスターの数だけ相手フィールドのモンスターを対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。
➃モンスターゾーンのこのカードが破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。

DDD超死偉王ダークネス・ヘル・アーマゲドン の効果考察

ペンデュラム効果

  • 片方に「DD」カードがPゾーンに存在すれば、EXモンスターゾーンからこのカード以外の「DDD」モンスターをSS

モンスター効果

  • X召喚に成功したら、EXモンスターゾーンの「DD」Pモンスター1体をX素材にできる。
  • 自分フィールドのPモンスターは効果で破壊されない
  • ターン1で、X素材を1つ使い、自分フィールドのPモンスターの数だけ、相手フィールドのモンスターを対象に破壊します。
  • モンスターゾーンで破壊されたらPゾーンに

EXモンスターゾーンから特殊召喚は強い

ランク8だから出す機会も多いでしょう。
ペンデュラム効果は強いですね。置くまでは難しいですが、Pゾーンに置き、片方に「DD」カードがあれば、《エグゼクティブ・シーザー》などを出せますね。
モンスター効果としては、素材一つで相手のカードを破壊だから、使う場面も多いのかなと思います。

「DD」デッキに入ると思っています。手札4枚で並べられるルートがあるので・・・

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 青春ブタ野郎シリーズの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「青春ブタ野郎シリーズ」というラノベをご存じでしょうか? この作品は『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「青春ブタ野郎シリーズ」の評価や感想を書いていこうかと思います。 この作品を知らない人はぜひとも […]

    転生したらスライムだった件の評価と感想

    「転生したらスライムだった件」という漫画を知っていますか? この作品は”小説家になろう”で投稿されており、それが小説として書籍化され、さらにその作品が漫画となって書籍化されました。 今回はこの作品を知らない人のために、こ […]

    りゅうおうのおしごと!の評価と感想 アニメの展開はどうなる

    「りゅうおうのおしごと!」に関する評価や感想を述べていきたいと思います。 また、アニメの展開はどうなっていくのかもネタバレ要素ほぼほぼなしで書いていこうと思います。 アニメは2018年1月8日からとこれから楽しみであり、 […]

    やがて恋するヴィヴィ・レインの評価と感想

    「やがて恋するヴィヴィ・レイン」というライトノベルを知っていますか。 この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 『このライトノベルがすごい!2018』でも第11位にランクインしています。 今回はこの作品を知ら […]

    ワンパンマンの評価と感想 アニメの続きはどんな展開!?

    「ONE PUNCH-MAN(ワンパンマン)」という作品をご存じでしょうか? 管理人はアニメから見始めたのですが、予想外の面白さで、アニメの続きも漫画で読んでいます。 今回は、そんな「ワンパンマン」のアニメの感想と評価を […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑