【遊戯王 デッキ紹介:「サイバース」デッキ構築】「サイバース・リンク」で大幅強化したよ!

公開日: : 遊戯王 デッキ紹介

ストラクチャーデッキ サイバース・リンク」が6月17日本日発売ということで、早速、私の「サイバース」デッキを強化してみました。

「サイバース」デッキの構築スタイルとして

  • スターターデッキ2017のカード
  • ストラクチャーデッキ サイバース・リンク
  • +αのカード

のカードの構築にしています。ですがほぼほぼ上記のカードで揃えられるカードばかりなのでそこはご安心を・・・

では、紹介していくぜぇ~

スポンサーリンク

サイバースデッキ【スターターデッキ+ストラクチャーデッキ+α】

モンスターカード(25枚)

  • リンクスレイヤー×3枚
  • ブート・スタッガード×3枚
  • バックアップ・セレクター×3枚
  • ドラコネット×3枚
  • サイバース・ガジェット×2枚
  • ビットロン×1枚
  • デジトロン×1枚
  • RAMクラウダー×1枚
  • ROMクラウディア×1枚
  • バックリンカー×1枚
  • バランサーロード×3枚
  • ドットスケーパー×1枚
  • スタックリバイバー×1枚
  • BF-朧影のゴウフウ×1枚

魔法カード(8枚)

  • サイバネット・バックドア×3枚
  • スケープゴート×2枚
  • 死者蘇生×1枚
  • ブラック・ホール×1枚
  • 貪欲な壺×1枚
  • ソウル・チャージ×1枚

罠カード(6枚)

  • リコーデッド・アライブ×3枚
  • リビングデッドの呼び声×3枚

エクストラデッキ(15枚)

  • ファイアウォール・ドラゴン×2枚
  • デコード・トーカー×2枚
  • エンコード・トーカー×1枚
  • トライゲート・ウィザード×1枚
  • 電影の騎士ガイアセイバー×1枚
  • プロキシー・ドラゴン×1枚
  • 星杯神楽イヴ×1枚
  • ハニーポッド×2枚
  • バイナル・ソーサレス×1枚
  • リンク・ディサイプル×1枚
  • リンク・スパイダー×2枚

エクストラはまだまだ改善点がありそうな気がします。

サーキット・ブレイク」で登場するリンクモンスターもいれたいしね。

「サイバース」デッキの考察

基本的に私は先行をとって、戦っていますね。といってもこのデッキはまだまだ改善点が多いので暫定のデッキでちょくちょく変えるかもしれません。

モンスターカードについて考察

サイバース族で必要なカード達

  • リンクスレイヤー×3枚
  • ブート・スタッガード×3枚
  • バックアップ・セレクター×3枚
  • ドラコネット×3枚
  • サイバース・ガジェット×2枚
  • バランサーロード×3枚

ここなへんのカードは複数枚入れておいても良いのかなと思います。「サイバース」デッキは何よりモンスターを並べないと始まらないのでそこなへんを意識したいところですね。

1枚は欲しい「サイバース族」のカード達

  • ビットロン×1枚
  • デジトロン×1枚
  • RAMクラウダー×1枚
  • ROMクラウディア×1枚
  • バックリンカー×1枚 
  • ドットスケーパー×1枚
  • スタックリバイバー×1枚

複数枚あったら、逆に事故になりかねないので、ここなへんのカードは1枚採用。《ゴウフウ》は単純にパワーカードなので1枚投入しています。

 

魔法・罠に関して考察

 

新規カード

  • サイバネット・バックドア×3枚
  • リコーデッド・アライブ×3枚

強そうだから今のところ3枚投入しているカード達です。《サイバネット・バックドア》は2枚にするかもしれません。

でも私が思っていたより《リコーデッド・アライブ》が強力です。墓地対応もしているのでかなり使い勝手が良いカードです。「これは3枚投入だわ」って思いました。

その他は諸々ですね。

ぐだぐだと最後は「サイバース」に関して少し感想

サイバース」デッキは現状だと「代行」を入れたデッキも強いだとか・・・、ほぼほぼ「星杯」とかぶる形になるのですが、そのようなデッキも流行っているらしいです。

私はもうほぼほぼ純構築の「サイバース」を貫き通すつもりなのですが、これからもっともっと「サイバース」族のカードが出てくるのでそれそれは楽しみですね。

ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    (サイバース・ガジェットですよ)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑