魔法科高校の劣等生の評価と感想 2期があるとしたらどんな展開!?

「魔法科高校の劣等生」は、映画化され、今でも人気沸騰中ですね。今回は、「魔法科高校の劣等生」に関する簡単な評価と感想と第2期があるとしたら、どんな展開を見せていくことになるのかネタバレ要素ほぼほぼ無しで書いていこうと思います。

では、紹介していきますね。

スポンサーリンク

「魔法科高校の劣等生」アニメの評価と感想

アニメの評価としてはかなり高く、10点中10を付けたい作品ですね。2014年に放送された中でも、トップクラス級に面白かったです。私は、「小説家になろう」での投稿や書籍された時も読んでおらず、アニメから見始めたのですが、この作品は1話見たときから嵌まりましたね。

魔法とありますが、実際には、ファンタジー風なのではなくて、SFファンタジーで描いているところは、高評価でした。話の仕組み、魔法の仕組みもしっかりと考えられており、凄い勉強している雰囲気が伝わってきました。

「さすがはお兄様です」と言わざるを得ない最強さ!!

そして何より、一番目を見張るのは、主人公の最強っぷりさですよね。

戦略級魔法師』としての称号、体術においても「九重八雲」と対等に渡り合える技量、そして技術者としても『トーラス・シルバー』として世間に名が広まっているなど、通常の魔法が劣っているという部分以外において、全てが完璧すぎるお兄様です。

アニメの続き(2期)はどんな展開?

「魔法科高校の劣等生」第2期が制作されるとしたら、アニメはどんな展開になっていくのか、簡単に述べていこうと思います。アニメの続きは、ライトノベル8巻からですが、9巻からでも別に良いと管理人は思っています。

「魔法科高校の劣等生」8巻の主な内容

 今から三年前。司波深雪にとって、忘れられない『出来事』があった。それから、深雪は変わった。兄との関係も。兄に向ける、彼女の心も――。
 中学一年生の司波深雪は、自分の兄が苦手だった。一体何を考えているのか分からないから。家族でありながら使用人同然の扱いを受けているにもかかわらず……全く意に介さない。兄と目が合えば、深雪の口からは、不機嫌な声が出てしまう。
 そんな妹に、『ガーディアン』として完璧に付き従う兄。そこには一切の油断もミスも無い。そして、一切の『感情』も。
 理不尽だとは分かっていても、深雪は兄に苛立ちをぶつけることしか出来なかった。自分の、ただの我が儘だと分かっていても。
 今とは全く異なる、達也と深雪の関係と、その心の中――。三年前、沖縄で起きた『出来事』によって、二人の心と、その運命が、大きく変わっていく。

「司波達也」と「司波深雪」の過去について明かされる!?

主に、「司波深雪」がお兄様認定した過去が描かれています。その他にも、何故「達也」は妹に対するそれ以外の感情を失ったのか、『特尉』となった経緯、そして『戦略級魔法師』としての才覚に目覚めたことなど過去について明かされます。

「魔法科高校の劣等生」9巻の主な内容

 深雪のクラスメイトである北山雫が、USNA(北アメリカ大陸合衆国)に留学することになった。この時代、ハイレベルの魔法師は、遺伝子の流出=軍事資源の流出を避ける為に、政府によって海外渡航を制限(禁止)されている。にもかかわらず許可された理由、それは『交換留学』だからだ。
 アンジェリーナ=クドゥ=シールズ。
 雫がアメリカに渡り、入れ替わりで魔法科高校に入学したのは、金髪碧眼の留学生。彼女を見た達也は、瞬時に彼女の『正体』に気付く。
 リーナの本当の姿、それは大規模破壊兵器に匹敵する戦略級魔法師「十三使徒」の一人、USNAの魔法師部隊『スターズ』総隊長、アンジー・シリウス少佐。
 魔法科高校にやってきた米国最強の魔法師という『火の粉』を、達也はどう振り払うのか―。

新しく「アンジェリーナ=クドゥ=シールズ(愛称:リーナ)」という登場人物が出てきます。TVアニメでは登場していないのだが、劇場版では登場しましたね。声優さんは「日笠陽子」さんでした。

「北山雫」の交換留学生という形で、アメリカの「USNA」から「第一高校」に入学した「リーナ」。しかし、彼女は、単に留学してきたわけでもなく、本来の目的は、『戦略級魔法師』を探し出すこと。そう、「マテリアル・バースト」を放った人物を……。

吸血鬼による傷害事件が多発!?

そんな中、東京では、ある事件が起きていた。それは、吸血鬼が出没し、魔法師達が次々に衰弱死させられているということ。その事件を解決すべく3つの勢力が動き出す中、それに妨害する形で『スターズ』の総隊長「アンジー・シリウス」が吸血鬼と激突する。そんな彼女は、「千葉エリカ」・「司波深雪」とも対峙することになる。

「アンジー・シリウス」の強さについて

彼女は、『十三使徒』と呼ばれる『戦力級魔法師』です。ほぼほぼ世界の頂点に君臨する魔法師13人の内の1人と捉えても良いでしょう。

彼女は分解と再成を得意とする「司波達也」の『精霊の眼(エレメンタル・サイト)』から正体を隠し、なおかつ『雲散霧消(ミスト・ディスバージョン)』からも逃れられ、「達也」とほぼ互角の実力を兼ね備えています。

以上、魔法科高校の劣等生についてでした。

後の巻についても随時更新していくので、しばらくお待ち下さい。

「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」のパッケージの予約が開始されているそうですよ。Amazonの特典は、「深雪」の布ポスターらしいです。発売日は2018年1月24日です。

 

「ご視聴ありがとうございました(T_T)」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • ほのぼのアニメ・日常アニメ 癒やされる名作アニメ15選

    「ほのぼのアニメ」「日常アニメ」を紹介していきます! ここで紹介したいと思っているのは、見ていて癒やされる作品、ストーリー関係なく、登場人物の日常が描かれている作品、登場人物全員がほぼ魅力的な作品です。以上を踏まえ紹介し […]

    政宗くんのリベンジの評価と感想 アニメの続き(2期)はどんな展開

    「政宗くんのリベンジ」、アニメが終わって結構経ちますが、面白かったですよね。 アニメの前から漫画は、かなり売れていたのですが、アニメに拍車がかかり、さら多くの漫画が売れ、大人気作品となったと思います。アニメもかなり良かっ […]

    友人キャラは大変ですか?の評価と感想 アニメ化を期待している作品

    皆さん、「友人キャラは大変ですか?」という作品を知っていますか?この作品を知らない人のために、この話の大枠はどうなっているのか、どんな登場人物が出てくるのか、また話の展開はどうなっていくのか、簡単に説明していこうと思いま […]

    ホラーアニメ シリアスで怖くなるアニメ6選

    「ホラーアニメ」を紹介していきます。 とにかく怖くて、シリアスで、グロくて、それでも何か見てしまうようなアニメを集めてみました。また、最近のアニメ中心に紹介していきます。 早速紹介していきますね。

    SFアニメ もっと評価されるべきアニメ12選

    「SFアニメ」を紹介していこうと思います。 「SFアニメ」と言っても、どう定義すればSFなのか…と難しい議論になってきますが、私が思う「SFアニメ」を紹介していきます。とりあえず科学的だなと思った作品、科学の発展で未来に […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑