【神回バトルアニメ】胸が高ぶるトップバトルアニメシーンを厳選して紹介!

公開日: : 最終更新日:2017/09/24 アニメランキング

あらゆる「神回バトルアニメシーン」を紹介していこうと思います。

胸が高ぶるトップシーンの数々を紹介していければと思います。どれも迫力であるシーンをピックアップしました。個人的に好きで、胸が高ぶったシーンを厳選しています。

「みなさんはアニメを見ていて、胸が高ぶった経験はありますでしょうか?」

私は結構あります。その中でもベストシーンを紹介していきたいと思います。時間を忘れるようなあのシーンは今でも忘れられない。

スポンサーリンク

【神回バトルアニメ】胸が高ぶるベストバトルアニメシーン

私が個人的に思う胸が高ぶるシーンをそれぞれ作品別に紹介していきたいと思います。(※独断と偏見で入れている作品もあるのでそこはご了承下さい。)

※ネタバレを含みますので、これから下記のアニメを楽しみにしている人は気をつけて下さい。

 

1作品目:「魔法科高校の劣等生」

「第16話:九校戦編IX」

画像は【劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女】より引用

「司波達也」VS「一条将輝」

【管理人のゾクゾク度】

★★★★★★★★☆☆

この2人の闘いはまさに迫力がありましたね。

あの銃撃戦は今でも忘れられません。

少々「一条将輝」は油断をしており、余裕の表情を浮かべていたのですが、そこからの「司波達也」の猛攻、そして銃裁きはまさに時間を忘れるほど見ていました。

 

2作品目:「ソードアート・オンライン」

「第1期9話:青眼の悪魔」

画像は【TVアニメ「ソードアート・オンライン」オフィシャルサイト】より引用

「キリト」VS「青眼の悪魔」

【管理人のゾクゾク度】

★★★★★★★★★☆

鳥肌が立った台詞

「スターバーストストリーム」(キリト)

「キリト」は2刀流を使えることを隠していたのですが、ここから一気に力を解放します。

まさに主人公最強だと思わせるシーンでめちゃくちゃかっこいいシーンでした。生きるか死ぬかの瀬戸際、キリトのプレーヤーとしての初めての全力シーンを見ることができましたね。

 

3作品目:「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」

「第8話:英雄願望(アルゴノゥト)」

「ベル・クラネル」VS「ミノタウロス」

【管理人のゾクゾク度】

★★★★★★★★☆☆

鳥肌が立った台詞

「ここで立ち上がらなくて、ここで高みに高みに手を伸ばさないで、いつ届くって言うんだ!!」

「いかないんだ……、もうアイズ・ヴァレンシュタインに助けられるわけにはいかないんだ!!」

「僕は今日初めて冒険をする。」(ベル・クラネル)

「アイズ」と訓練したというのもあるのですが、この戦闘を通して「ベル」は急激に成長します。最初にミノタウロスに襲われた時と天と地ほど違います。しかもこのミノタウロスは「フレイヤ」の影響で強化していましたからね。

ミノタウロスの返り血を浴びながら戦う「ベル・クラネル」の姿はめちゃくちゃかっこいいし、戦い終わった後の姿もかっこよかった。

 

4作品目:「ノーゲーム・ノーライフ」

「第6話 一手《インタレスティング》」

 画像は【『ノーゲーム・ノーライフ』アニメ公式サイト】より引用

『「」(くうはく)』VS「ジブリール」

【管理人のゾクゾク度】

★★★★★★★★☆☆

人間をとことん馬鹿にする「ジブリ―ル」であったのだが……。

伏線を何重にも張っていた『「」(くうはく)』の圧倒的戦力にさすがに鳥肌が立ちました。

鳥肌が立った台詞

「最初の一手でゲームは終わっていたのですね。異世界人、いえ、イマニティ、本当にすさまじい種族」(ジブリ―ル)

正直、「アトモスフィア」だとか「クーロン力」とか私には訳の分からない単語が飛び交っていて何が何だか・・・ってなっていたのですが、それでも迫力あるシーンでした。

 

5作品目:「ワンパンマン」

「第12話(最終回):最強のヒーロー」

画像は【TVアニメ「ワンパンマン」公式サイト】より引用

「サイタマ」VS「ボロス」

【管理人のゾクゾク度】

★★★★★★★★★☆

「サイタマ」も認めた宇宙最強の手練れ「ボロス」、そして「ボロス」と対峙するのは「サイタマ」。

まさに最強と最強の闘い、今までの敵とは比べものにならないくらい迫力があり、「サイタマ」が初めてワンパンチで仕留めきれなかった敵です。

鳥肌が立った台詞

「うるせえよ、ペラペラペラペラともう終わりなのか?戦いは!」(サイタマ)

そして宇宙でも最強を誇っていた「ボロス」の口から……。

「予言などあてにならんな。お前は強すぎた。」と……。

ますます「サイタマ」の底力が分からなくなったシーンでもあります。

 

6作品目:「落第騎士の英雄譚」

「第12話(最終回):無冠の剣王Ⅱ」

画像は【TVアニメ「落第騎士の英雄譚」公式サイト】より引用

「黒鉄一輝」VS「東堂刀華」

【管理人のゾクゾク度】

★★★★★★★★★★

まさに本物の剣士同士の闘い

1刀の刀のぶつかり、そして勝負はわずか一瞬の世界。

鳥肌が立った台詞

「彼はまっすぐ飛び込んでくる。1度躱せばそれで私の勝ち・・・、そんなの冗談ではない。」(東堂刀華)

「僕(私)は己のすべてをかけてこの誇り高い騎士に勝ちたいだけ!」(黒鉄一輝)&(東堂刀華)

最強の敵と認めているからこそ、本気の闘いの世界。

 

7作品目:「NARUTO -ナルト-」

「第640話:八門遁甲の陣」

画像は【テレビ東京・あにてれ NARUTO-ナルト- 疾風伝】より引用

「マイト・ガイ」VS「うちはマダラ」 

【管理人のゾクゾク度】

★★★★★★★★★★

「開!!!!八門遁甲の陣!!!!」

大切なものを守るために・・・、命を燃やして闘う「マイト・ガイ」の姿は最高にかっこよかった!

「ガイ」が強いことは以前からも知っていたのだが、「マダラ」との闘いで一気に評価が上がりましたね。

鳥肌が立った台詞

「このチャクラ・・・! 認めてやろう!」

体術において・・・・・オレの戦った者でお前の右に出る者は一人としておらん!!」

「このマダラがお前を最強と呼んでやる!」(マダラ)

「マダラ」が体術において最強と認めた男

 

8作品目:「黒子のバスケ」

「第42話:信じてますから」「第43話:負けるかよ」(※主に43話)

画像は【黒子のバスケTVアニメ公式サイト】より引用

「火神 大我」VS「青峰 大輝」

【管理人のゾクゾク度】

★★★★★★★★★★

ゾーン同士の両者のぶつかり合い

「青峰」が自主的にゾーンを開放して、「誠凛高校」万事休すってところだったのですが・・・、土壇場で「火神」がゾーンに入りました。

今までのバスケプレイを軽く凌駕するほど1on1の迫力さに圧倒されました。

鳥肌が立った台詞

「前言撤回するぜ、火神ィ・・・」

「最高だなお前・・・!!」(青峰 大輝)

これまで全力を出していなかった、いや出す相手がいなかったのだが、「青峰」のこの台詞には鳥肌が立ちましたね。ようやく本気の本気でプレイできる好敵手を見つけた笑みは印象に残っています。

 

9作品目:「ダイヤのA」

「第1話35話:ポテンシャル」

画像は【TVアニメ「ダイヤのA」スペシャルサイト】より引用

「沢村 栄純」&「御幸 一也」VS「轟 雷市」

【管理人のゾクゾク度】

★★★★★★★★★☆

「沢村」が初の「轟 雷市」との対決・・・

「御幸」のキャッチャーとしてのリードの凄さを改めて知れたのと、「沢村」のムービングがあるからこそ生きる渾身の伸びる内角のストレートの脅威を再び思い知らされましたね。

鳥肌が立った台詞

「お前のバッター集中ってこういうことかよ・・・」

「俺のミットが見えてねえなら今後一切リードなんかしねえぞ。」(御幸 一也)

天賦の才を持つバッター「轟 雷市」から渾身のストライクを奪い、球場がどよめく。

しかし、野球はまさに一触即発のスポーツ……、1球で野球のゲームの流れが決まってしまうことを熟知している「御幸 一也」の放った一言は鳥肌が立ちました。

 

10作品目:「Fate/Zero」

「第24話:最後の令呪」

画像は【Fate/Zero-アニメ公式サイト-】より引用

「衛宮 切嗣」VS「言峰 綺礼」

【管理人のゾクゾク度】

★★★★★★★★★☆

倍速で動く「衛宮 切嗣」の動きについてくる「言峰 綺礼」

「言峰 綺礼」の順応さも凄いけど、何より2人の戦術の読み合いが凄すぎて圧倒されてしまう……。

「Fate/Zero」はすごい闘いの応酬

  • 「セイバーVSキャスター」「セイバーVSランサー」「セイバーVSバーサーカー」
  • 「アーチャーVSライダー」「アーチャーVSバーサーカー」

などなど凄い闘いが多いので、「Fate/Zero」は最高の作品です!

 

11作品目:「東京喰種」

「第1期12話(最終回):喰種」

画像は【TVアニメ『東京喰種トーキョーグール』公式サイト】より引用

「金木 研」VS「ヤモリ」

【管理人のゾクゾク度】

★★★★★★★★★☆

白カネキ誕生の場面

「ヤモリ」に拷問を受けていたのですが、「リゼ」の影響もあり、覚醒。今までの「金木」とは想像もしないような圧倒的な最強さを誇るシーンでした。

【鳥肌が立った台詞】

「僕に喰われても仕方ないよね?」(金木 研)

「ヤモリ」も「喰種」の中ではかなりの手練れだったのですが金木の前では惨敗・・・

ここのシーンの「金木」はかなりかっこよかった。

トップバトルシーン、神バトルシーンをランキング化

  • 第5位:「落第騎士の英雄譚」
  • 第4位:「ワンパンマン」
  • 第3位:「ソードアート・オンライン」
  • 第2位:「Fate/Zero」
  • 第1位:「NARUTO -ナルト-」

1ヶ月~2ヶ月くらいで随時更新していくつもりです。

【更新予定アニメ】

  • 「甲鉄城のカバネリ」(更新予定)
  • 「HUNTER×HUNTER」(更新予定)

以上、私が紹介している「【神回バトルアニメ】胸が高ぶるベストバトルアニメシーン」です。(※これから随時更新していくつもりなので気が向いたら見直して下さい。)

また皆様のおすすめの鳥肌が立ったシーンなどもコメントにて教えてくれるとうれしいです。

 

「ご視聴ありがとうございました(^_-)」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comment

  1. 兎希 より:

    ダ、ダンまちが入ってないだと、、、ミノタウロス戦見てないのか?

    • AKAMADO より:

      兎希さんコメントありがとうございます。

      すぐに入れますので、しばらくお待ち下さい。

  2. 匿名 より:

    サムライチャンプルー

  3. さすらいのアニオタ より:

    アカメが斬る!の23話のブラートとタツミの掛け合いシーンが最高にカッコいい。あとフェイトもおすすめ

    • AKAMADO より:

      アカメが斬る!もおすすめですね。
      入れておきます、コメントありがとうございます。(^_^;)

  4. masa より:

    ワンパンマンのボロスのセリフですけど

    崩星咆哮砲では?

  5. 匿名 より:

    ダンまちはないのか?
    ミノタウロスとの戦いも良かったと思うけど

    • ナツキ より:

      ダンまちのミノタウロス戦も最高でしたね。
      4月からの2期が楽しみです。

  6. Ku より:

    やっぱキャバルリィいいよね。最後の試合鳥肌すごかったw

  7. 匿名 より:

    Fateが無い事に怒りを覚えるワイ

  8. non より:

    SAOの4つ目のセリフ枠「アスナ、クレイン…」ではなく「アスナ、クライン…」ではありませんか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 弱キャラ友崎くんの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    皆さん、「弱キャラ友崎くん」という作品を知っていますか?個人的には、最近のラノベの中で4本の指に入る作品と言っても過言ではないくらい面白い作品です。 今回はその作品の評価や感想、またアニメ化したとすれば、どんな展開で話が […]

    ほのぼのアニメ・日常アニメ 癒やされる名作アニメ19選

    「ほのぼのアニメ」「日常アニメ」を紹介していきます! ここで紹介したいと思っているのは、見ていて癒やされる作品、ストーリー関係なく、登場人物の日常が描かれている作品、登場人物全員がほぼ魅力的な作品です。以上を踏まえ紹介し […]

    政宗くんのリベンジの評価と感想 アニメの続き(2期)はどんな展開

    「政宗くんのリベンジ」、アニメが終わって結構経ちますが、面白かったですよね。 アニメの前から漫画は、かなり売れていたのですが、アニメに拍車がかかり、さら多くの漫画が売れ、大人気作品となったと思います。アニメもかなり良かっ […]

    友人キャラは大変ですか?の評価と感想 アニメ化を期待している作品

    皆さん、「友人キャラは大変ですか?」という作品を知っていますか?この作品を知らない人のために、この話の大枠はどうなっているのか、どんな登場人物が出てくるのか、また話の展開はどうなっていくのか、簡単に説明していこうと思いま […]

    ホラーアニメ シリアスで怖くなるアニメ7選

    「ホラーアニメ」を紹介していきます。 とにかく怖くて、シリアスで、グロくて、それでも何か見てしまうようなアニメを集めてみました。また、最近のアニメ中心に紹介していきます。 早速紹介していきますね。

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑