【遊戯王 デッキ紹介:「D-HERO」〈融合軸〉デッキ】ダスクユートピアガイを出す構築!

公開日: : 遊戯王 デッキ紹介

「D-HERO」デッキの紹介していきます。「コレクターズパック2017」で登場した《ダスクユートピアガイ》、ひどい言われようですが、しょうがないですね。

「リンク召喚」がなくても、ただでさえ手札消費がひどいのに、その上リンクモンスターを展開した上で、効果を発揮しないといけないのですから・・・

今回は、《ダスクユートピアガイ》を頑張って出す構築を考えたので、それを紹介していきます。ただし《ダスクユートピアガイ》を中心としたデッキ構築ではないのでそれはご了承ください。【※5回に1回はでるかもの程度です。】

スポンサーリンク

「D-HERO」デッキの紹介

基本的に先行をとっています。【※フリー対戦構築なので手札誘発などは入れていません。】

モンスターカード(19枚)

D-HERO ディアボリックガイ×3枚
D-HERO ディバインガイ×3枚
D-HERO ダイナマイトガイ×1枚
D-HERO ドリームガイ×3枚
D-HERO ディシジョンガイ×1枚
E・HERO オネスティ・ネオス×1枚
E・HERO シャドーミスト×1枚
E・HERO エアーマン×2枚
V・HERO ヴァイオン×1枚
月光黒羊×3枚

魔法カード(18枚)

マスクチェンジ×3枚
融合×3枚
ヒーローアライブ×3枚
デステニー・ドロー×3枚
大欲な壺×1枚
貪欲な壺×1枚
死者蘇生×1枚
ブラック・ホール×1枚
おろかな埋葬×1枚
増援×1枚

罠カード(3枚)

戦線復帰×3枚

エクストラデッキ(15枚)

D-HERO ダスクユートピアガイ×1枚
D-HERO ディストピアガイ×2枚
D-HERO デッドリーガイ×1枚
M-HERO ダーク・ロウ×2枚
M-HERO 闇鬼×1枚
永遠の淑女 ベアトリーチェ×1枚
彼岸の巡礼者 ダンテ×1枚
デコード・トーカー×1枚

ミセス・レディエント×1枚
十二獣ワイルドボウ×1枚
十二獣ライカ×1枚
十二獣ブルホーン×2枚

「D-HERO」デッキの考察をしていきます!

モンスターカード・魔法カード・罠カードそれぞれの採用理由を説明していきます。

その前に、このデッキの特徴として、回るときはかなり回りますのでデッキに「モンスターがいなくなった」っていうのは珍しくないです。また、あまり手札事故になるといったデッキ構築でもないような気がします

エクストラに「十二獣」を採用していますが、「十二獣HERO」ではないです。多分・・・

モンスターカードの採用に関して

「D-HERO」モンスターに関して

  • D-HERO ディアボリックガイ×3枚
  • D-HERO ディバインガイ×3枚
  • D-HERO ダイナマイトガイ×1枚
  • D-HERO ドリームガイ×3枚
  • D-HERO ディシジョンガイ×1枚

そこまで述べることはないのですが、メインデッキの軸はなんといっても《ディアボリックガイ》でこれがないと始まりませんね。また今回新たに収録された《ドリームガイ》、このカードをデッキに入れようか迷っていたのですが、入れたかなり使えるカードだったので3枚投入。

「D-HERO」はデッキに枯渇しやすかったのでなるべく多めの採用にしています。

その他のHEROと月光

  • E・HERO オネスティ・ネオス×1枚
  • E・HERO シャドーミスト×1枚
  • E・HERO エアーマン×2枚
  • V・HERO ヴァイオン×1枚
  • 月光黒羊×3枚

オネスティ・ネオス》は単純に今の環境だと強い。頑張ってマスターPを突破したいところです。また《黒羊》の採用理由として、「十二獣」を立てると《黒羊》を2枚サーチできる上にまたデッドリーガイの融合素材としても活用できるので重宝しますね。

以上モンスターカードに関してはこんな感じです。

魔法カード・罠カードに関して

必須の魔法カード(※これがないと始まらないだろう)

  • マスクチェンジ×3枚
  • 融合×3枚
  • ヒーローアライブ×3枚
  • デステニー・ドロー×3枚

マスクチェンジ》は別に採用してもしなくても良いのですが、個人的には《ダークロウ》は強いので、また良く出るので採用しています。

このデッキの一番強い流れは《ヒーローアライブ》からの展開です。

展開例として、《ヒーローアライブ》発動→《エアーマン》SS→《ヴァイオン》サーチ&NS→《ヴァイオン》効果で《シャドーミスト》落とす、「HERO」サーチ→《ブルホーン》をエクシーズ召喚→《ブルホーン》効果で《黒羊》サーチ→《ワイルドボウ》SS→《ブルホーン》SS&効果→《黒羊》サーチ→《ライカ》SS&効果→場の《ライカ》と《ブルホーン》でリンク召喚し《ミセス・レディエント

手札1枚でここまでの展開をし、さらに《ダスクユートピアガイ》まで頑張って狙っていきます。【※ここは本当に手札次第って感じです。】

その他の魔法・罠カードに関して

  • 大欲な壺×1枚
  • 貪欲な壺×1枚
  • 死者蘇生×1枚
  • ブラック・ホール×1枚
  • おろかな埋葬×1枚
  • 増援×1枚
  • 戦線復帰×3枚

大欲な壺》《貪欲な壺》の採用理由としてこのデッキは、モンスターがかなり枯渇しやすく、また「D-HERO」モンスターも墓地へいくとほぼほぼ除外するので1枚づつ採用。

一方で《融合回収》を採用していたこともあったのですが、「D-HERO」は墓地へ行くと除外ばかりで手札で腐ってしまったという場面もあったので採用せず・・・

戦線復帰》は使って見た感じかなり強かったですね。基本的には《シャドーミスト》を使い回しています。

エクストラデッキに関して

エクストラはかなりかつかつでした。正直どれを入れようかかなり迷いましたね。迷った結果上記のカード達に・・・

「十二獣」セットはこのデッキの軸でもあるので5枚、そして《デコード・トーカー》の採用としては、《ディアボリックガイ》や《ドリームガイ》などSS可能なモンスターが多いので、《ミセス・レディエント》とリンク召喚しています。

あとのカードはボチボチですね~、皆さんも頑張って《ダスクユートピアガイ》を出しましょう。

以上が管理人が使っている「D-HERO」のデッキです。

良かったら、いいね推してくれとうれしいです!

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    アライブからの展開例でブルホーンの重ねるエクシーズを2回やってますね
    エアーヴァイオンでブルホーンss&efで黒羊サーチ→ワイルドボウを重ねてss→ブルホーンを重ねてss&ブルホーンかワイルドボウ切ってef、黒羊サーチ→ライカを重ねてss&efでさっき切ったやつを蘇生→ライカと蘇生した十二獣でミセスssでは?

    • AKAMADO より:

      色々と訳のわからないことを書いてしまっていたので訂正しました。

      皆様、指摘ありがとうございますm(_ _)m

  2. 匿名 より:

    十二獣による展開が色々とおかしいですよ
    ワイルドボウは素材5体ですしブルホーンの重ねてX召喚を2回していますし見直してみては?

  3. 匿名 より:

    ヒーローアライブからの展開の説明のところ
    ヴァイオンでダークロウを落としちゃってますよ。

  4. 匿名 より:

    月光彩雛を採用してみてはいかがでしょうか?(黒羊やデッドリーガイとの相性も良いですし)
    ダークロウと相性が良く、エクストラモンスターゾーンを空けられるのでゾンビキャリアとPSYフレームロードΩの採用もオススメです

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 最果てのパラディンの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「最果てのパラディン」というラノベをご存じでしょうか? この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルです。 ちなみに、『このライトノベルがすごい!2018』で第14位にランクインしています。 今回はこの […]

    青春ブタ野郎シリーズの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    「青春ブタ野郎シリーズ」というラノベをご存じでしょうか? この作品は『電撃文庫』で出版されているライトノベルです。 今回は、「青春ブタ野郎シリーズ」の評価や感想を書いていこうかと思います。 この作品を知らない人はぜひとも […]

    転生したらスライムだった件の評価と感想

    「転生したらスライムだった件」という漫画を知っていますか? この作品は”小説家になろう”で投稿されており、それが小説として書籍化され、さらにその作品が漫画となって書籍化されました。 今回はこの作品を知らない人のために、こ […]

    りゅうおうのおしごと!の評価と感想 アニメの展開はどうなる

    「りゅうおうのおしごと!」に関する評価や感想を述べていきたいと思います。 また、アニメの展開はどうなっていくのかもネタバレ要素ほぼほぼなしで書いていこうと思います。 アニメは2018年1月8日からとこれから楽しみであり、 […]

    やがて恋するヴィヴィ・レインの評価と感想

    「やがて恋するヴィヴィ・レイン」というライトノベルを知っていますか。 この作品は『ガガガ文庫』で出版されているラノベです。 『このライトノベルがすごい!2018』でも第11位にランクインしています。 今回はこの作品を知ら […]

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑