弱キャラ友崎くんの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

皆さん、「弱キャラ友崎くん」という作品を知っていますか?個人的には、最近のラノベの中で4本の指に入る作品と言っても過言ではないくらい面白い作品です。

今回はその作品の評価や感想、またアニメ化したとすれば、どんな展開で話が進むのか簡単に説明していこうと思います。当然ネタバレなどはしません。

では、早速紹介していきます。

スポンサーリンク

「弱キャラ友崎くん」の評価と感想

「弱キャラ友崎くん」の感想としては、かなり面白い学園ものだなと思いました。読んでいて、共感できる部分が数多く出てきて、次々にページをめくることができ、かなり読みやすい印象で、ストーリーもなかなか考えられている作品だと思いました。

また、登場人物もかなりかわいいと思いましたし、アニメ化したら人気が出そう…っていう潜在性ある登場人物もいるので、ぜひ読んで頂きたい。(※管理人は「みみみ」推しですw)

評価は10点中10です。文句なしです。

「弱キャラ友崎くん」の簡単な話の紹介

画像は【ガガガ編集部ログ】より引用

「弱キャラ友崎くん」を読む上でどんな話なのか、どんな登場人物が出てくるのか、簡単にまとめていこうと思います。

どんなストーリー展開?

この話のストーリーの大枠として…、人生は生まれた瞬間から決まっているとクソゲー呼ばわりしている「友崎文也」は、ある一人の少女「日南葵」と運命的な出会いとはいかないものの…、その出会いを通して、人生を神ゲーだと思う話しです。

つまりは、人生努力次第でかえられるというわけでして…、「日南葵」が毎回「友崎文也」に課題を課し、「友崎文也」は、何とかその課題をクリアし、リア充になっていきます。リア充って言い過ぎかもしれませんが、とにかく人間関係に鈍かった「友崎文也」が人間関係を築けるようになっていきます。

ちなみに「俺ガイル」と同じっていう意見がちらほらありますが、話の内容は全然違います。

登場人物の紹介〈「友崎文也」のクラスメイト〉

  • 『アタファミ』というゲームのNo1プレイヤー「友崎文也
  • 『おにただ』が口癖で、努力の鬼「日南葵
  • 少女にセクハラ行動をいつも起こしている元気な少女「七海みなみ(愛称:みみみ)
  • 「みみみ」と仲良しで、本音でいつも話す「夏林花火(愛称:たまちゃん)
  • 『アンディー』という作家の本が好きな少女「菊池風香
  • 「中村」に想いを寄せる少女「泉優鈴
  • 負けず嫌いで「友崎文也」を敵対視する「中村
  • 将来の夢は美容師、リア充の中のリア充「水沢孝弘
  • クラスの女王、「日南葵」とは対極的な女性「紺野エリカ

とまぁ、だいたいこんな感じの登場人物が出てきて、弱キャラの「友崎文也」と関わっていくわけで…。大枠としてこんな感じです。

「弱キャラ友崎くん」がアニメ化されるとしたらどんな展開でストーリーは展開する?

もし、アニメ化されるとしたらどんな展開で話が進むのか、ネタバレ要素無しで簡単に説明していこうと思います。

この作品は、話の内容も共感できるし、何より面白いので、アニメ化して欲しい作品です。と言ってもまだ4巻までしか出版されていないので、アニメ化云々の話では無いか…、でもいつかはアニメ化して欲しい…。

「弱キャラ友崎くん」Lv.1の主な内容

人生はクソゲー。このありふれたフレーズは、残念ながら真実だ。日本屈指のゲーマーである俺が言うんだから間違いない。だけどそいつは、俺と同じくらいゲームを極めてなお、人生は神ゲーと言いきった。生まれついての強キャラ、学園のパーフェクトヒロインこと「日南葵」。挙句、「この人生のルールを教えてあげる」だって?…普通はそんなの信じない。だけど「日南葵」は、普通なんて枠にはまったく嵌まらないやつだったんだ! 第10回小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作。弱キャラが挑む人生攻略論ただし美少女指南つき!

『アタファミ』は神ゲー、『人生』はクソゲー

「nanashi」というのは、『アタファミ』1位のプレイヤーだ。そのプレイヤーの名前は「友崎文也」。彼は、人生なんて先天的なもので決まっていると断言し、人生をクソゲー呼ばわりしている。そんな彼は、ある日、『アタファミ』の日本人プレイヤー第2位の「NO NAME」から会ってくれないかという依頼がやってくる。

しかし、会ってみるとその正体は、同じクラスメイトの「日南葵」。彼女は学校でアイドル並みの人気で、誰にでも気軽に話す美少女だった。がいきなり罵声を浴びせられることになる。しかし、「友崎文也」も黙っておらず、人生をクソゲーだと言い放つのだが…。

その一言は軽く論破され、『人生』という『ゲーム』に本気に向き合うことになる。「日南葵」の指導の下で…。

「三年に進級するまでに、彼女を作ること」

様々な課題を課されていくのだが、最大の課題は、「三年に進級するまでに、彼女を作ること」、それが一応目標らしく、ここから様々な人間関係を構築していくことになります。

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

「弱キャラ友崎くん」Lv.2の主な内容

人生はクソゲー、ではないのかもしれない。少なくても良いゲーではありそう。
最強プレイヤー日南との出会いは、俺、友崎文也の価値観を根底からひっくり返すようになった。以来、ありがたくもスパルタな指導を受ける日々である。季節は夏。生徒会選挙の時期だ。日南が会長に立候補するのは当然として……
え、みみみも出るの!?みみみをサポートすることになった俺は、これまでの経験をもとに日南に挑むが―?ねえ、この人ちょっとボスキャラすぎません?
ちょっぴりレベルアップした弱キャラが挑む人生攻略ラブコメ第2弾!

「中村」の誕生日プレゼントを買いに行くことになった4人

「日南葵」「友崎文也」「泉優鈴」「水沢孝弘」の4人で、「中村」の誕生日プレゼントを購入しに行くことになったのだが…、そこで『水沢メソッド』と命名された集団の中で、提案を通す重要な二つの事を学ぶことになる。

また、「日南葵」と「水沢孝弘」は付き合っているかもしれないという噂を「泉優鈴」から聞かされ、課題に集中できない「友崎文也」もいた。

「日南葵」VS「七海みなみ」

『生徒会選挙』の時期がやってくる。当然、「日南葵」は『生徒会長』に立候補するのだが、そこに同じクラスの「七海みなみ」も立候補することになる。「七海みなみ」の協力をする形で、「友崎文也」は、「日南葵」の下で学んだことを彼女にぶつけることとなる。

そこで初めて、「友崎文也」は、「日南葵」の怖ろしさ、努力の凄さを知ることとなる。一方で、頑張りすぎる「七海みなみ」、何故彼女は、「日南葵」にそこまで競争心を向けるのかも知ることとなる。

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

以上、「弱キャラ友崎くん」に関してでした。

後の巻については、後日紹介していきます。ここまで読んで頂き、ありがとうございました。「弱キャラ友崎くん」は、非常に面白い作品なのでぜひ読んでみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • 弱キャラ友崎くんの評価と感想 アニメ化して欲しい作品

    皆さん、「弱キャラ友崎くん」という作品を知っていますか?個人的には、最近のラノベの中で4本の指に入る作品と言っても過言ではないくらい面白い作品です。 今回はその作品の評価や感想、またアニメ化したとすれば、どんな展開で話が […]

    ほのぼのアニメ・日常アニメ 癒やされる名作アニメ19選

    「ほのぼのアニメ」「日常アニメ」を紹介していきます! ここで紹介したいと思っているのは、見ていて癒やされる作品、ストーリー関係なく、登場人物の日常が描かれている作品、登場人物全員がほぼ魅力的な作品です。以上を踏まえ紹介し […]

    政宗くんのリベンジの評価と感想 アニメの続き(2期)はどんな展開

    「政宗くんのリベンジ」、アニメが終わって結構経ちますが、面白かったですよね。 アニメの前から漫画は、かなり売れていたのですが、アニメに拍車がかかり、さら多くの漫画が売れ、大人気作品となったと思います。アニメもかなり良かっ […]

    友人キャラは大変ですか?の評価と感想 アニメ化を期待している作品

    皆さん、「友人キャラは大変ですか?」という作品を知っていますか?この作品を知らない人のために、この話の大枠はどうなっているのか、どんな登場人物が出てくるのか、また話の展開はどうなっていくのか、簡単に説明していこうと思いま […]

    ホラーアニメ シリアスで怖くなるアニメ7選

    「ホラーアニメ」を紹介していきます。 とにかく怖くて、シリアスで、グロくて、それでも何か見てしまうようなアニメを集めてみました。また、最近のアニメ中心に紹介していきます。 早速紹介していきますね。

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑