【《捕食植物サンデウ・キンジー》効果考察】超融合内蔵の捕食植物

《捕食植物サンデウ・キンジー》の効果が判明しました。このカードは遊戯王フュージョン・エンフォーサーズに収録されるカードです。捕食植物にふさわしいカード、そしてかなり強いカードです。

スポンサーリンク

《捕食植物サンデウ・キンジー》の効果

image

《捕食植物サンデウ・キンジー》
星2 植物族 闇属性 攻600 守200
効果モンスター
「捕食植物サンデウ・キンジー」の➁の効果は1ターンに1度しか使用できない。
➀このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分が融合素材とする捕食カウンターが置かれたモンスターの属性は闇属性として扱う。
➁自分メインフェイズに発動できる。闇属性の融合モンスターカードによって決められた、フィールドのこのカードを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールド及び相手フィールドの捕食カウンターが置かれたモンスターの中から選んで墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

イラストに関しては、もはや植物の面影はないですね。

《捕食植物サンデウ・キンジー》の効果考察

  • ➀の効果は、サンデウ・キンジーが場にいて、捕食カウンターが置かれたモンスターで融合する場合、闇属性になります。
    そして➁の効果がなんといっても強い。
  • 自分メインフェイズに発動でき、《捕食植物サンデウ・キンジー》と、自分の手札、自分のフィールド、そして相手フィールドのモンスターだって融合できます。
    超融合内蔵型の下級捕食植物です。
    捕食植物は相手を捕らえて食べる植物だからこの効果はかなりかみ合っています!
  • レベル2ということは簡単に出せるし、かなり使いやすい1枚となっています。
    当然、デッキには3枚入るでしょう。
  • 基本的な候補としては《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》や《捕食植物キメラフレシア》を融合召喚します。

基本的にスターヴ・ヴェノムを出すのが多くなりりそうです。

image

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン
星8 ドラゴン族 闇属性 攻2800 守2000
癒合モンスター
トークン以外のフィールドの闇属性モンスター×2
➀このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を選び、その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をターン終了時までアップする。
➁1ターンに1度、相手フィールドのレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。ターン終了時まで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。
➂融合召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。

エルシャドール・ミドラーシュだって出せちゃいます。

  • 相手モンスターがシャドールであれば、もしくはシャドールモンスターを自分が握って入れば出せますね。
  • また、融合識別(フュージョン・タグ)があれば、簡単に出せます。 融合識別(フュージョン・タグ)の効果を使い、エクストラの《エルシャドール・ミドラーシュ》を見せて、そのカードと同名カード扱いにし、《捕食植物サンデウ・キンジー》の➁の効果で超融合すると融合召喚できます。

image

エルシャドール・ミドラーシシュ
星5 魔法使い族 闇属性 攻2200 守 800
融合モンスター
「シャドール」モンスター+闇属性モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
➀このカードは相手の効果では破壊されない。
➁このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いに1ターンに1度しかモンスターを特殊召喚できない。
➂このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

捕食カウンターを置くということも忘れてはいけない。

  • 《捕食植物フライ・ヘル》や《捕食植物スキッド・ドロセーラ》を使えば、捕食カウンターを置くことができます。
  • 超栄養太陽を用いれば、捕食カウンターを置いた後に、《捕食植物サンデウ・キンジー》を特殊召喚できます。

そこから超融合内臓の効果で、スターヴ・ヴェノムが出てきます。

実に使い勝手が良いモンスターです。気になるのはレアリティです。

果たしてスーパーレアカードなのだろうか?

今日はここまで

ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,241人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑