【遊戯王デッキ紹介:SR幻影十二獣】十二獣は幻影騎士団とも相性が良い!

image

今回は十二獣を出張させた「SR幻影十二獣」のデッキ紹介をしていきたいと思います。

SR幻影十二獣の特徴

  • 特徴としては「幻影騎士団」投入より《インヴォーカー》につなげやすくなる。
  • 打点が低い十二獣の打点の補強

それらを踏まえて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

十二獣デッキ【SR幻影十二獣】の紹介

SR+幻影騎士団+十二獣の構成です。基本、先行をとっています。

メインデッキ(40枚)

image

モンスターカード(19枚)

SRベイゴマックス×3枚
SRタケトンボ―グ×1枚
幻影騎士団サイレントブーツ×3枚
幻影騎士団ダンディーローブ×3枚
幻影騎士団ラギッドグローブ×2枚
十二獣モルモラット×3枚
十二獣ヴァイパー×1枚
増殖するG×3枚

魔法カード(13枚)

十二獣の会局×3枚
RUM‐幻影騎士団ラウンチ×1枚
ハーピィの羽箒×1枚
ツインツイスター×2枚
貪欲な壺×1枚
死者蘇生×1枚
増援×1枚
おろかな埋葬×1枚
ソウルチャージ×1枚
皆既日食の書×1枚

罠カード(8枚)

幻影霧剣×3枚
次元障壁×2枚
神の警告×1枚
狡猾な落とし穴×1枚
底なし落とし穴×1枚

image

エクストラデッキ(15枚)

ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン×1枚
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン×1枚
幻影騎士団ブレイクソード×2枚
M.X-セイバー インヴォーカー×1枚
十二獣ドランシア×2枚
十二獣ブルホーン×1枚
十二獣タイグリス×1枚
十二獣ワイルドボウ×1枚
FNo.0 未来皇ホープ×1枚
トーテムバード×1枚
ヴェルズ・オピオン×1枚
フレシアの蠱惑魔×1枚
鳥銃士カステル×1枚

十二獣デッキ【SR幻影十二獣】の考察

image

「SR幻影十二獣」のデッキ考察です。モンスターカード、魔法カード、罠カード、そしてエクストラデッキとそれぞれの採用理由を話していきます!

モンスターカードに関して

十二獣出張セット

  • SRベイゴマックス×3枚
  • SRタケトンボ―グ×1枚
  • 十二獣モルモラット×3枚
  • 十二獣ヴァイパー×1枚
  • 十二獣の会局×3枚

十二獣ヴァイパー》は1枚は必須だと思います。

  • 十二獣の会局》が腐ってしまう時があるので、ヴァイパーをデッキからSSするときがあります。
  • 後に詳しく話すのですが、2枚目の《ドランシア》を有効活用できる。
  • エクシーズ素材になる、そして攻撃力アップは使えます。
  • たいして手札にきても腐らない。

その他は「幻影騎士団」の構成です。

  • 幻影騎士団サイレントブーツ×3枚
  • 幻影騎士団ダンディーローブ×3枚
  • 幻影騎士団ラギッドグローブ×2枚

これらのカードの特徴

  • インヴォーカーをさらに立てやすくなる。(ほぼほぼ初ターンでインヴォーカーが立ちます。)
  • 打点補強が一番の目的です。《ラギッドグローブ》の1000アップも侮れないし、《ブレイクソード》からの《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》、そしてRUMマジックからの《ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン》とかなりの攻撃力アップを期待できます。

その他の汎用モンスター

  • 最近、《増殖するG》を入れていなかったのですが十二獣が活躍しているため再び投入です。

魔法カードに関して

魔法カードに関しては特に目立った部分はないと思いますが少しふれておきます。。

  • ハーピィの羽箒》や《ツインツイスター》に関して、このデッキは持久力が高いわけではないので、勝負を早々に決めるためこのデッキにおいては必須です。
  • 「十二獣」を使っていると墓地にモンスターがたまるため、《貪欲な壺》と《ソウルチャージ》を採用しています。「幻影騎士団」を使っていても《貪欲な壺》はあまり気になりません。

罠カードに関して

罠も大して目立つカードはないのですが少し触れていおきます。

  • 狡猾の落とし穴》と《底なし落とし穴》は《フレシアの蠱惑魔》で先行制圧するためです。
  • 次元障壁》を入れるか入れないかで迷ったんですけど、やはり「十二獣」のデッキが最近多すぎるので2枚入れています。

以上がメインデッキの考察です。

エクストラデッキに関して

「十二獣」のエクストラ事情

  • 十二獣ドランシア×2枚
  • 十二獣ブルホーン×1枚
  • 十二獣タイグリス×1枚
  • 十二獣ワイルドボウ×1枚

ドランシア》の2枚採用に関しては《増殖するG》をケアするためです。このデッキは《増殖するG》をうたれたらそこまで展開できません。打たれたら《ドランシア》を最終的には1枚は立てておきたいので2枚入れています。

その他のエクストラ事情

ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン》×1枚と《ヴェルズ・オピオン》×1枚は《RUM-幻影騎士団ラウンチ》で出すエクシーズモンスターです。
トーテムバード》と《フレシアの蠱惑魔》は先行制圧するためのカードです。

その他は諸々です。
以上が十二獣【SR幻影十二獣】のデッキ紹介でした。
ぜひ参考にしていただければと思います。

分からないことがあれば、コメントやtwitterなどからでも気軽に聞いてください。
赤の魔導書twitter

フォローしてくれるとうれしいです(●´ω`●)

今日はここまで
ではでは!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


スポンサーリンク

  • 「赤の魔導書」をよろしくお願いします。

    管理人はとにかくアニメとマンガとライトノベル、そして遊戯王カードのイラストを見るのが大好きです。

    好きだからこそ、伝えていきたくて「赤の魔導書」というブログを開設しました。

    「相互リンク」受付中です。

  • 遊戯王あんてな
  • ロゴ

  • ロゴ

PAGE TOP ↑