*

「暗殺拳はチートに含まれますか?」感想と評価 VR格闘ゲームと暗殺拳の組合わせが面白い

「暗殺拳はチートに含まれますか?」というラノベをご存じでしょうか?

この作品は、『富士見ファンタジア文庫』で出版されているライトノベルです。

ちなみに、「第2回カクヨムWeb小説コンテスト現代ファンタジー部門」で”大賞”を受賞した作品です。

今回は、「暗殺拳はチートに含まれますか?」の評価と感想を紹介していきたいと思います。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「暗殺拳はチートに含まれますか?」の評価と感想

画像は【富士見ファンタジア文庫公式twitter】より引用

VR格闘ゲームと暗殺拳の組合わせは斬新で面白い、そしてそのゲームを一緒にするヒロインが何より可愛いし、強い!

渡葉たびびと」先生の「暗殺拳はチートに含まれますか?」。

「久しぶりに面白いバトルものを読んだなぁ~」って感じです。

まず、ゲームの設定がシンプルで面白いと思いました。

変にゲーム設定を細かくしすぎず、シンプルかつ読みやすかったっていう印象でしたし、VR格闘ゲームに暗殺拳を組み合わせている所は非常に面白かった要素ですよ!

暗殺拳を炸裂する最強ヒロインの戦闘は熱く、また、初撃においては右に出る者がいない主人公など、キャラクターもしっかりと設定されており、これからのバトルシーンが非常に楽しみで、最近のラノベの中では、新鮮に感じられましたね~

また、非日常部分としてのVR戦闘パートも熱いのですが、日常部分としてのヒロインとのイチャイチャにも注目なんです!

メインヒロインの「葵」やアイドルをしている「あかり」など、美少女の存在がこの作品には欠かせず、イラストも超絶かわいいですよ。

イラストに関して、イラストレーターは「きただりょうま」先生が担当しています。

ヒロインのちょっとエッチィ描写もあれば、「”墨式”――『色(しるし)』!」のイラストのかっこよさよ……、と感激を漏らすほど最高です。

そんな「暗殺拳はチートに含まれますか?」の評価は、10点中9点のライトノベルです。

ここから「暗殺拳はチートに含まれますか?」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「暗殺拳はチートに含まれますか?」の主なストーリー

”プラネット”は、戦いのメリットだけを人々に与えたのだ。

VR格闘ゲーム『プラネット』、『プラネット』とは、”荒廃した未来の地球”という設定のVR空間で、”人類最後の最強”の称号をかけて戦うといったゲームのことです。

そのゲーム内では、人類は滅亡しているらしく、その中でもコールドスリープしていた人が目覚め、その過去人を”覚醒者(アウェイク)”と呼ぶらしい。

『プラネット』をプレイする「平田鋭一」は、アバター名を「A1」、そしてランクはBであり、”サドンデス・ルール”において、絶対王者に君臨していた。

”サドンデス・ルール”とは、一撃で勝負が決まるルールのことであり、互いのHPが1で戦闘が開始され、初撃を当てることよって勝敗が喫します。

また、「鋭一」は、『プラネット』のプロのゲーマーであり、スポンサーもついており……。

しかし、”サドンデス”で絶対王者の「鋭一」は、”デュエル・ルール”には、参加していなかった。

”デュエル・ルール”とは、1000あるHPを先に削った方が勝利するルールで、『プラネット』をプレイする人々にとったら、”サドンデス・ルール”とは違い、王道であり、花形、プレイヤー数も圧倒的に多かった。

実質、”デュエル”の王者こそが『プラネット』の王者であり、その上位に君臨するプレイヤーこそ圧倒的な実力を持っていた。

「鋭一」が”デュエル”に参加しないのは、”サドンデス”とは違い、戦績がいまいちで、あまり勝てなかったからである。

と、そんなことで「鋭一」は、高校生活をほぼVR格闘ゲームに費やしていたわけだが……。

そんなある日、「鋭一」は、空き教室で上半身裸の女子高生「一色葵」を目撃してしまい、そんな「葵」は、「鋭一」に向かって、突如、目つぶしを炸裂しようと襲い掛かってくることになります。

その二人の出会いが、「葵」を『プラネット』へと誘うことになり、また、「葵」は、”一撃ルール”により「鋭一」の彼女となったりして……。

「暗殺拳はチートに含まれますか?」の登場人物

  • 高校生プロゲーマー、サドンデスの王者「平田鋭一(ひらたえいいち)」【アバター:A1】
  • 暗殺拳”墨式”の継承者「一色葵(いっしきあおい)」【アバター:アオイ】
  • 最強の”完全なる戦歌姫”を目指す「天野(あまの)アカリ」【アバター:AKARI】
  • 「鋭一」のクラスメイトであり、現役女子高生社長「最上珠姫(もがみたまき)」

ここまでが「暗殺拳はチートに含まれますか?」の主なストーリー、登場人物の紹介でした。

「暗殺拳はチートに含まれますか?」どんな展開のストーリー?

ここから「暗殺拳はチートに含まれますか?」のそれぞれの巻に関して、紹介していきたいと思います。

「暗殺拳はチートに含まれますか?~彼女と目指す最強ゲーマー~」1巻の主な内容

VR格闘ゲーム「プラネット」で活躍するプロゲーマーの俺は、地味で無口な同級生美少女・葵が暗殺拳継承者という秘密を知ってしまう。彼女の動きや技なら、ずっと探していた俺のライバル候補になれるはず! それでゲームに誘ったら……
「俺と(ゲームに)付き合ってくれ!」「ふ、ふつつか者ですが、よろしくお願いします」告白と誤解されて、恋人同士に!?
 一瞬で加速する瞬発力。急所をついての一撃必殺! 学校では寂しがりやで甘えてくるけど、ゲームではチート級の強さで強キャラたちを圧殺する葵。快進撃を続けた結果、俺と葵のバトルの強さはゲーム内で拡散していき、誰もが知る存在となる!?

暗殺拳”墨式”あなたを――”塗りつぶす”

「一式葵」は、”暗殺者”の家系に生まれ、古流格闘術”墨式”という人を殺すための技をかつては磨いていた。

そんな「葵」は、「平田鋭一」に『プラネット』に誘われ、「葵」は、アバター名を「アオイ」とし、黒を基調としたコスチューム、そして猫耳のアバターデザインで『プラネット』の初期設定を完了し、”覚醒者”として、未来の荒れ果てた地にて、目を覚ますことになります。

”覚醒者”は、最初Cランクからスタートし、”ランキング戦”で勝利すれば、ポイントを得ることができ、ランクが昇格していきます。

また、三枚のカードをセットして、性能を強化することができ、赤のカードをパワー、青のカードをスピード、そして緑のカードをテクニックと、それぞれの三枚のカードを自由に設定することができます。

その他にも、『プラネット』の醍醐味と言える”スキル”などもあって、それは、プレイヤーの個性が出て、多種多様であって……。

「アオイ」は、いざ”覚醒者”と格闘するわけですが、「アオイ」は、特にアジリティに優れており、また、相手の殺気を察知することもできれば、自らの殺気も消すことができる。

その上、暗殺拳”墨式”を駆使し、圧倒的な実力をいきなり発揮することになります。

そんな「葵」は、『プラネット』というVR格闘ゲームを心から楽しくプレイすることになって……。

”サドンデスの王者”「A1」VS”ゴーストキャット”「アオイ」

「平田鋭一」は、勝つことこそが全てであり、”サドンデス”において、絶対王者に君臨していた。

しかし、「A1」は、”デュエル”において、かつては圧倒的な実力の格差を痛感し、その”デュエル”の世界に飛び込めないでいた。

そんな「A1」は、ある理由によって、「アオイ」と対峙することになり、その戦いで「A1」は、サドンデスの王者が導き出した”デュエル”の戦い方を「アオイ」に示すことになります。

その他にも、「葵」とのデートや「A1」と「アオイ」のタッグ戦などもあって、日常生活、非日常生活共々面白い作品なので、ぜひ!!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★☆

「暗殺拳はチートに含まれますか?~彼女と目指す最強ゲーマー~」2巻の主な内容

 俺の彼女で、暗殺拳継承者な葵。彼女との日々は……「(窓から)遊びに来ちゃった」「ベッドに潜り込むのはいいけど、ここ4階だぞ?」相変わらず遊んで、甘えられな毎日!
 そんな俺たちが挑む、初の大会で立ちはだかるのは、実力急上昇中の大人気アイドルゲーマー・アカリ。なんと彼女は……「ずっとAIさんを追ってたんだから!」俺のファンだった!?
 特訓に割り込んできたり、デートに付いてきたりで仲がどんどん深まる俺たち。アカリに触発されて、葵の暗殺拳&恋人スキルもレベルアップ!? 強豪たちを薙ぎ倒して勝ち進む、俺ちの中で頂点に立つのは、果たして……!?

絶対的な存在”完全なる戦歌姫(パーフェクト・ディーヴァ)”を目指す「AKARI」

”覚醒者”のアイドル「天野アカリ」は、「A1」のことを尊敬していた。

なぜなら、「A1」は”サドンデス”において”絶対的存在”、「アカリ」が追い求める理想像であり、「A1」がその王者に辿り就くまで努力をし続ける姿に共感していたからだ。

そのため、「アカリ」は「A1」のように努力を重ね、”最高のヒロイン”である”完全なる戦歌姫”という絶対的な存在を目指していた。

だがしかし、「百道(ももち)」とのタッグバトルを見ていた「アカリ」は、「A1」と共に戦っていた”ゴーストキャット”こと「アオイ」が「A1」に頭を撫でられているところを目撃してしまい……。

あのストイックな「A1」にまさかの彼女!? 「何で……女の子とベタベタしてんの!?」「納得いかなーい……」「誰なんだろ……あの子」、脳裏によぎるのは「A1」と「アオイ」の関係性。

ゴールドラッシュ杯・チャレンジトーナメントの開幕! 

「鋭一」と「葵」のイチャイチャは日常茶飯事、一方、『プラネット』内ではお互いを高めあうライバルでもあった。

そんな「鋭一」と「葵」は、『プラネット』内の広場でライブをしている「AKARI」に遭遇し、「AKARI」もまた、「A1」と「アオイ」が一緒にいる所をライブ中に気付いて……。

そこからちょっとした騒動になったりして、また、この三人の出会いから毎日のように「鋭一」のもとに「あかり」が押しかけてこようとは……。

と、そんなある日、「鋭一」と「葵」は「珠姫」に『ゴールドラッシュ杯・チャレンジトーナメント』に出場するようにと告げられることになります。

『ゴールドラッシュ杯・チャレンジトーナメント』とは、”Aランク”「ゴールドラッシュ」が主催する非公式のチャレンジトーナメントであり、勝者にはランキングポイントと、上位入賞すれば公式の開催する全国大会に招待される権利を獲得することができるようだ。

その全国大会で勝てば”Aランク”への挑戦権も与えられ、このような非公式の大会は頂点への最短距離とされているとのこと。

この大会の参加資格者は”Bランク”限定ということもあって、ここから「鋭一」と「葵」によるさらなる特訓が始まることになり……。

トーナメント戦における強者同士の激突、果たして最後まで勝ち上がる者は誰になるのか!? そして何より第2巻の注目は、新しく登場するヒロイン「天野あかり」、アイドルとしての「AKARI」と”強さ”を求める「AKARI」、両方を楽しんで貰いたい!

あと、Aランク最強もちょくちょく登場するので、そこも注目ですね~

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★☆

以上、「暗殺拳はチートに含まれますか?」の紹介でした。

後の巻についても出版され次第、更新していくつもりです。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね(『カクヨム』でも読むことはできますよ)。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,252人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑