「魔女の旅々」感想と評価 魔女の「イレイナ」が旅する短編小説

「魔女の旅々」というライトノベルズをご存じでしょうか?

この作品は、『GAノベル』で出版されているライトノベルズです。

ちなみに、「このライトノベルがすごい!2018」ノベルズ部門で第9位にランクインした作品です。

今回は、「魔女の旅々」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「魔女の旅々(まじょのたびたび)」の評価と感想

画像は【GA文庫公式twitter】より引用

ずっとこの物語を読んでいたい、浸っていたい、「イレイナ」の旅を見ていたい!

白石定規」先生の「魔女の旅々」。

ここから「魔女の旅々」を絶賛したいと思います、それくらい面白かったですし、本当に魅せられました!

まず、旅をする魔女「イレイナ」のキャラクターが良かった、本当に良かったと思います。

可愛いっていうのもあるんですけど、やはり個人的に一番良かった所は、「イレイナ」の”性格”だったと思います。

文章中のシーンで、「イレイナ」の取った行動がいちいち面白く、なんだか笑っちゃうシーンもいくつかありましたね~

「『イレイナ』さん、ちょっと腹黒い感情が出ていますよ~」というシーンもあれば、優しさを見せるところもあったり、女の子らしい所も多々あります。

やはりそれだけ「イレイナ」に魅力を感じましたし、これからの「イレイナ」の旅をずっと読んでいたい、浸っていたいという気持ちにもさせてくれました。

また、読みやすいですし、一つ一つの物語が面白いというのも良かった所だと思います。

「イレイナ」が色々な国や様々な人と出会う物語なのですが、そこに「あれ、ここからどういう展開を見せるのだろう?」と疑問に思う所もありますし、その疑問があったからこそ、ページをめくりたくなる気持ちも強かったと思います。

読者に最初疑問を与えて、そこから「こういうことだったのね」と起承転結の持っていき方が本当にうまい作者さんだなと読んでいて思いました。

本当に最高の作品であり、読んでいない人はぜひ読んで欲しいところです!

イラストに関して、イラストレーターは「あずーる」先生が担当しています。

「あずーる」先生、「『イレイナ』を生み出してくれてありがとうございますっ!!」ってただただ感謝を述べたいです。

それくらい「イレイナ」のイラストが素晴らしく、全てにおいて、最高の作品だったのではないでしょうか。

そんな「魔女の旅々」の評価は、当然10点中10点です。

ちなみに、『電撃文庫』の「キノの旅」を読んでいる方ならおそらく嵌まる作品なのではないかと思います。

ここから「魔女の旅々」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「魔女の旅々」の主なストーリー

ほうきを操るのは、一人の麗しい少女。

黒のローブと三角帽子を身にまとい、灰色の髪は風に揺られていました。

その少女の名前は「イレイナ」、彼女は『平和国ロベッタ』と呼ばれる国で育ち、弱冠十五歳という年齢で最高位の”魔女”になった天才少女であった。

そんな最高位の”魔女”になるためには、いくつかの段階があります。

まず、”魔道士”とは、魔法が使える人間のことを指し、遺伝によって受け継がれるらしいです。

その”魔道士”の上位互換として、”魔女見習い”という女性にのみ与えられる称号があり、その”魔女見習い”になるためには、死ぬほど厳しい試験に合格し、”魔女見習い”であるコサージュを貰うことで”魔女見習い”になることができます。

”魔女見習い”になった後は、”魔女”に値する人物になるための修行が待っており、本物の魔女の下で、認めてもらうまで努力の日々を送るらしく……。

そして、正式な”魔女”と認められれば、裏に名前が刻まれた星のブローチと、”魔女”としての名が先生より与えられることになります。

「イレイナ」に与えられた名は、”灰色の魔女”であり、また、彼女は旅人でもあった。

「イレイナ」は、幼少の頃から本が大好きで、昔読んだ『ニケの冒険譚』に憧れ、”魔女”になってからは、長い長い旅の日々を送っていました。

その長い旅で、「イレイナ」は色々な国を訪れ、様々な人たちと出会い、そしてその人たちと別れる、そんな物語……。

「またいつか会いましょう。そのときまで、さようなら」

次に行く国はどんな国でしょう? 次に出会うひとはどんな人でしょう?

「魔女の旅々」の登場人物

  • 様々な国を旅する、灰色の魔女「イレイナ」
  • 「イレイナ」の師匠、星屑の魔女「フラン」

ここまでが「魔女の旅々」の主なストーリー、登場人物の紹介でした。

「魔女の旅々」アニメ化したらどんな展開?

「魔女の旅々」は、いずれアニメ化して欲しいですね~

さて、「魔女の旅々」はどんな展開なのか、簡単にそれぞれの巻について紹介していこうかと思います。

「魔女の旅々」1巻の主な内容

あるところに旅の魔女がいました。彼女の名はイレイナ。
旅人として、色々な国や人と出逢いながら、長い長い旅を続けています。
魔法使いしか受け入れない国、筋肉が大好きな巨漢、死の淵で恋人の帰りを待つ青年、滅んでしまった国に独り取り残された王女、そして魔女自身のこれまでとこれからのこと。わけのわからない可笑しな人や、誰かの美しい日常に触れながら、今日も今日とて魔女は出逢いと別れの物語を紡いでいきます。
「構わないでください。私、旅人なものですから。先を急がなければならないのです」

「イレイナ」が”魔女”になったきっかけ、”旅人”になったきっかけ

幼少の頃、本が大好きであった「イレイナ」は、『ニケの冒険譚』という小説に憧れを持っていました。

その『ニケの冒険譚』とは、”魔女”の「ニケ」が世界各地を旅して体験したことを綴った冒険の物語でした。

その「ニケ」に憧れを持ち、「ニケ」みたいに旅をすると言い出した幼少の頃の「イレイナ」、母親は”魔女”になったら、旅をさせてくれると約束してくれました。

そうして、「イレイナ」は”魔女”を目指し、”魔女見習い”になった時も、正式な”魔女”として、星屑の魔女「フラン」のもと、雑用あり、「イレイナ」の性格が少しねじ曲がってしまうところもありと、とにかく”魔女”になることができました。

そうして、黒の三角帽子に、黒のローブを身にまとい、「行ってきます」と旅に出るのでした。

「イレイナ」が訪れる様々な国、そして彼女が出会う個性溢れる人たち!

「イレイナ」は様々な国、そして個性溢れる人たちと出会うことになります。

そんな国々や人たちはというと……。

魔法使いの国であったり、物価がとてつもなく高い国東洋と西洋の文化がそれぞれはっきりと存在する国不細工を虐げる国、そして、すでに国自体が滅んでしまっている場所に訪れてみたり……。

はたまた、花に魅せられた人であったり、筋肉もりもりの巨漢言い争っている兄弟の手品師、そして、幸せを探している少年女の子を取り合う二人の男であったりと……。

出会いもあれば、別れもある、そして奇妙な国に驚きもあれば、大事な思い出ができたりと色々な体験をして「イレイナ」は旅をしていくのであった。

管理人が一番面白いと思ったエピソードは、”物価が高い国”ですね~、気になった方は、ぜひ読んで欲しいです!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

以上、「魔女の旅々」の紹介でした。

後の巻についても読み終わり次第、更新していこうと思います。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑