「生ポアニキ」感想と評価 男気あふれるアニキの強さに心酔してしまうラブコメ作品!?

「生ポアニキ」というライトノベルをご存じでしょうか?

この作品は、『オーバーラップ文庫』で出版されているライトノベルです。

今回は、「生ポアニキ」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「生ポアニキ」の評価と感想

画像は【オーバーラップ文庫公式twitter】より引用

男気あふれる「アニキ」の”強さ”に心から心酔してしまうちょっと変わったラブコメ作品!? 「アニキ」がとにかくかっこよす……。

アサウラ」先生の「生ポアニキ」。

最高の筋肉を見せてくれる作品でしたね~、筋肉は全てを解決するという言葉が何よりふさわしい作品だと思いました。

この作品は、”恋愛扶助”という形で国が相性のいいパートナーを用意してくれるという制度を確立し、その恋愛扶助を「木村ユースケ」が活用したところ、何故か筋肉バッキバッキのマッチョが来たという所からストーリーは展開していきます。

でも、このマッチョこと「アニキ」の男気あふれる彼の”強さ”に心から心酔してしまいますよ。

あんな「アニキ」を見せられたらどうしても魅了されてしまいますし、読みたくなっちゃいますね~

その中でラブコメの展開もあり、筋トレして少しずつ生まれ変わっていく「ユースケ」に果たして恋人はできるのだろうか……、そこもかなり気になってくるところだと思います。

イラストに関して、イラストレーターは「赤井てら」先生が担当しております。

特に1巻の最期の「アニキ」のイラストはかっこよすぎて鳥肌が立ちましたね~、あれはもう最高の瞬間でした!

そして、そこはかとなくモノクロのイラストで登場するエッチィ美少女のイラストたち……。

何と言っても「ユリ」や「アザミ」といったキャラクターをはじめ可愛くて魅力的なキャラクターたちが登場しますので、気になった方はぜひ読んでみて下さいな!

そんな「生ポアニキ」の評価は、当然10点中10点です。

ここから「生ポアニキ」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「生ポアニキ」の主なストーリー

「木村ユースケ君、生活保護、というものを知っているかな?」

数年前までは、八つしかなかった扶助であったのだが、最近になって九つ目の扶助が追加され、それは”恋愛扶助”というものであった。

それは、「ユースケ」にとってピッタリなかわいい子が扶助されるとのことであって……。

そうしてカウンセラーからの勧め通り『恋愛生活保護』を申請した「ユースケ」、そんな彼は来る自分好みの恋人に胸をときめかせていた。

しかしやって来たのは美少女なのではなく、”マッチョ”であり、ターミネーターの音と共に姿を現わすことになります。

そして、そのマッチョが来るやいなや「ユースケ」はとんでもない目にあってしまうことになり……。

そんなマッチョとは別に「ユースケ」宅にもう一人の赤毛の美少女「鳳来寺ユリ」もやって来ていたのだが……。

「ユリ」が「ユースケ」宅で見たのは、決して見てはいけない場面であり……、そ、そ、それは「……ガ、ガチホモ……」と言わざるをえない状況であった。

「うん、これはムリ!」

こうして「ユリ」は現実から逃げるように「ユースケ」宅を後にするのだが、後に「ユースケ」のクラスの転校生として彼と出会うことになります。

一方、マッチョが来たことに納得のいかない「ユースケ」には来るはずの美女性「鳳来寺ユリ」という名前だけは知っており……。

しかし、このマッチョ……、いや「アニキ」が来たおかげで「ユースケ」は筋トレを通して徐々に変わっていくことになります。

「生ポアニキ」の登場人物

  • 家族から見放された半不登校児「木村(きむら)ユースケ」
  • 「ユースケ」の元に現れた謎のマッチョ「アニキ」
  • 「ユースケ」の恋愛生活保護として現れた美少女「鳳来寺(ほうらいじ)ユリ」
  • いつもぬぼーっとしている「ユースケ」のクラスメイト「松笠(まつかさ)アザミ」
  • 「アザミ」の同居人、相性は「オナミ―」「枲耳(おなもみ)まき」

ここまでが「生ポアニキ」の主なストーリー、登場人物の紹介でした。

「生ポアニキ」どんな展開のストーリー?

「生ポアニキ」はどんな展開なのか、簡単にそれぞれの巻について、紹介していこうかと思います。

「生ポアニキ」1巻の主な内容

半不登校で孤独な生活を送る木村ユースケは、カウンセラーの勧めで新たに設けられた『恋愛生活保護』を申請した。これで相性の良い自分好みの女の子が現れて、幸せになれる…はずだったのだが、約束の日、家に来たのは女の子ではなく、一糸まとわぬマッチョな“アニキ”だった! 一方で本来現れるはずの鳳来寺ユリは転校生として現れるも、ユースケの好みとはことごとく違う。家に住み着いたアニキ、ユースケを拒絶する転校生、そして秘密を抱えて近づくクラスメイト・松笠アザミ…。謎が謎を呼び、アニキの汗がほとばしる! 果たしてユースケに恋人は出来るのか!? 全ての答えは筋トレの先にある! 少年少女と一人のマッチョが織りなす健全なる物語。ハイテンション・マッスル・ラブコメここに交付!!

マッチョな「アニキ」と美少女である「鳳来寺ユリ」……、恋愛生活保護としてやって来た二人であったのだが……。

「アニキって呼んでくれてもいいんだぜ?」

突如やって来たパンツ一丁のマッチョ「アニキ」は、「ユースケ」宅に住みつくことになり何故だか「ユースケ」に栄養のある食事を作ったり、掃除までしてくれており……。

一方、同じクラスに転校してきた「鳳来寺ユリ」はというと、「ユースケ」の期待に応える美少女とは違うものの綺麗な女性であった、……のだが……。

「ユリ」が「ユースケ」に向けるのは好意ではなく、”ガチホモ”ということであり、「……一ヶ月が憂鬱……仕方ないといえば、そうだけど……」という言葉を吐露することになります。

何故「ユリ」が”一ヶ月”と言ったのか、「ユースケ」には分からなかったのだが……。

この『恋愛生活保護』とはあくまで国が相性がいいと思われる人間を配置したり、連絡先を教えるだけであって、どちらかが相手を嫌だと思ったらその時点で関係はおしまいということを「ユリ」は「ユースケ」に告げることになります。

「筋トレは、全てを解決する」、自分の姿に別れを告げるため「ユースケ」は”筋トレ”をする!

「……自分が嫌いか? なら、尚更見ろ。そして……別れを告げろ」

「ユースケ」は自分のヒョロヒョロな体と出張った腹を見たくなかったし、こんなにも劣っている自分を今更変えられないと思っていたのだが、「アニキ」は決してそうは思っていなかった。

「筋肉だ。いいか、ユースケ、大事なのは筋肉だ。筋肉は差別しない。誰にも等しく、自らの手で、勝ち取れるものだ。気まぐれな神様なんてものが与えてくれる運否天賦の結果じゃねぇ。全て、自分の努力で作り上げるものだ! 顔付きだの身長だの、そんなゴミみてぇなのは関係ねぇ!」

ただ「アニキ」は「ユースケ」に”筋肉は差別しない”ということだけを強く伝えることになり、「アニキ」のとっておきを「ユースケ」に教えてやることになります。

そのような事を「アニキ」が言うのにはとある理由があって……、その理由を聞いた「ユースケ」は「アニキ」と共に少しずつ筋トレをしていくことになっていきます。

「アニキ」と共に筋トレに励む「ユースケ」……、そして、彼らを見守る「ユリ」の姿もあって……。全ては筋肉で解決する作品、気になった方はぜひ読んでみて下さいな!

【管理人のオススメ度】

★★★★★★★★★★

「生ポアニキ パンプアップ」の主な内容

ユリが好きだという気持ちを抱えながら、相変わらずマッチョなアニキとの健全な二人暮らしを続けるユースケの元に、さらに妹系美少女が給付されてくる。そしてユリの前にも、100万人超のフォロワーを有する人気動画配信者ジュンイチが現れ、彼女に一目惚れをしたと告げる。
「君は彼女にとって相応しい男なのか?」ジュンイチに問われ言葉を失うユースケ。恋愛生活保護の解消とユリへの想いを賭けた「男勝負」が幕を開ける!本当の男らしさとは、人を愛するということは――? 全ての答えは筋トレの先にある! 更にタフでホットになったハイテンション・マッスル・ラブコメ、待望の第2巻!

今、読んでいる途中です。

以上、「生ポアニキ」の紹介でした。

後の巻についても出版され次第、更新していこうと思います。

気になった方はぜひ、読んでみて下さいね。

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,147人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑