*

「五等分の花嫁(アニメ)」感想と評価 どストライクすぎる”ラブコメ”に完全に嵌まってしまう!?

「五等分の花嫁」というアニメをご存じでしょうか?

この作品は、『手塚プロダクション』が制作したアニメであり、原作は『講談社コミックス』です。

今回は、「五等分の花嫁」の評価と感想を紹介していきます。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「五等分の花嫁」の評価と感想

画像は【TVアニメ『五等分の花嫁』公式twitter】より引用

どストライクすぎる”ラブコメ”に完全に嵌まってしまう!? 個性豊かな可愛い五つ子にだいちゅーもく!

春場ねぎ」先生の「五等分の花嫁」。

五つ子が本当に可愛い……、漫画と比べ若干劣ってしまう面もありますが、一人一人の五つ子のパートにドキドキしてしまいますよ。

とにかく五つ子のイラストが何とも可愛いんです!

好感を持てる五つ子ばかりだし、個性豊かっていうところも見どころだと思いますよ。

特に、最終話の「三玖」のあの顔は忘れられそうにないです!

この作品は、全く勉強のできない五つ子の家庭教師を貧乏高校生である「上杉風太郎」が務めることになるのだが、その五つ子は勉強ができないだけでなく、なかなかの問題児たちであって……。

でも、そこから恋愛・ラブコメに発展していくんですよね~

その五つ子の距離がだんだんと縮まっていくシーン……、そして、見ていくうちに必ず気付くこと。それは「誰と最後くっつくことになるのだろうか」ということ。

タイトルにもある通り、「五等分の花嫁」ですから絶対に気になりますよね。

ラブコメが好きな方は絶対に嵌まるはず! 気になった方はぜひ読んでみて下さいな!

そんな「五等分の花嫁」の評価は、10点中8点です。

ここから「五等分の花嫁」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「五等分の花嫁」の主なストーリー

家が貧乏な男子高校生「上杉風太郎」のもとに、好条件の家庭教師のアルバイトの話が舞い込むことになって……。

ところがその教え子は最悪な出会いを果たした同じクラスの転入生「中野五月」であった。

何とか「五月」のご機嫌を取ろうと近づく「風太郎」だったが、行く先々に現れる四人の女の子たちに振り回されてしまう。

そう、彼女たちは五つ子の姉妹であり、「風太郎」は家庭教師として彼女たち全員を教えることになっていて……。

しかも、彼女たちは「風太郎」が思っていた以上の問題児であり、全然勉強ができなくて……。

「五等分の花嫁」の登場人物

登場人物:声優

  • 上杉風太郎(うえすぎふうたろう):松岡禎丞
  • 中野一花(なかのいちか):花澤香菜
  • 中野二乃(にの)竹達彩奈
  • 中野三玖(みく):伊藤美来
  • 中野四葉(よつば):佐倉綾音
  • 中野五月(いつき):水瀬いのり
  • 上杉らいは:高森奈津美

アニメーション会社

  • 手塚プロダクション

以上、「五等分の花嫁」の紹介でした。

気になった方はぜひアニメの配信や円盤を借りるなどをして見てみて下さい!

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,229人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑