*

「七つの大罪 天空の囚われ人」感想と評価 あんな展開あり?最後の展開は予想外すぎた!

皆さん、「七つの大罪」というアニメ・マンガをご存じでしょうか?

この作品は、『A-1Pictures』が制作したアニメであり、原作は『講談社コミックス』です。

今回は、映画化した「七つの大罪 天空の囚われ人」を見てきたので、その感想と評価を紹介していければと思います。

この機会にぜひ、この作品について知っていただければと思います。

スポンサーリンク

「七つの大罪 天空の囚われ人」の評価と感想

画像は【劇場版&TVアニメ「七つの大罪」公式twitter】より引用

戦闘シーンはいつもと変わらず迫力満点! また、最後の展開は予想外すぎた!?

鈴木央」先生の「七つの大罪」。

いつもの「七つの大罪」と変わらずの迫力ある戦闘シーン、そして、最後のシーンは予想がつかなかったですね~

完全オリジナルストーリーで展開されることになった今回の劇場版「七つの大罪 天空の囚われ人」。

敵の小物感を最後まで拭えきれなかったのですが……、映画だからこそ伝わる迫力感があって楽しめたと思います!

最後の「メリオダス」の戦闘シーンは最高でしたし、個人的には「エスカノール」が好きすぎるので、あの圧倒的な「エスカノール」の強さを劇場版でも見れて良かった……。

また、先述した通り最後のオチが予想外すぎましたね~

「あんな展開あり?」って思いましたし、とにかく最後は自然と笑ってしまいました!

あんな展開にあるなんて誰が予想できようか……、でも、ちゃんとした伏線があってストーリーが構成されているわけだから納得もしちゃいますよ。

天空という世界観も良かったし、そこで繰り広げられる『黒の六騎士』との激突、気になった方はぜひ劇場へ足を運んでみて下さいな!

そんな「七つの大罪 天空の囚われ人」の評価は、10点中9点です。

ここから「七つの大罪 天空の囚われ人」の主なストーリー、登場人物の紹介をしていきます。

「七つの大罪 天空の囚われ人」の主なストーリー

国王の誕生日を祝うため、食材探しに辺境の地へとやって来ていた『七つの大罪』たち。

そんな中でも「メリオダス」は、幻の食材“天空魚”を探していた……、のだが……。

あることをきっかけにして「メリオダス」と「ポーク」は、雲の上に存在する天空の世界『天空宮』へとやってくることになります。

『天空宮』では“天翼人”が暮らしており、「メリオダス」は「ソラーダ」という人物と間違えらえることになり、掟を破ったとし牢屋へと入れられてしまい……。

『天空宮』では三千年にかけて凶悪な魔獣を封印しており、その封印が今解かれようとしていた。

その封印の解放は、天翼人が滅びてしまうことを意味しており……。

そんな中、突如甦ることになる残虐非道な魔神族『黒の六騎士』……、伝説の騎士団『七つの大罪』率いる「メリオダス」たちはそんな彼らと激突することになる!

「七つの大罪 天空の囚われ人」の登場人物

登場人物:声優

  • メリオダス:梶裕貴
  • エリザベス:雨宮天
  • ポーク:久野美咲
  • ディアンヌ:悠木碧
  • バン:鈴木達央
  • キング:福山潤
  • ゴウセル:高木祐平
  • マーリン:坂本真綾
  • エスカノール:杉田智和
  • ソラ―ダ:代永翼
  • エルラッテ:戸松遥
  • ベルリオン:森川智之

アニメーション会社

  • A-1Pictures

以上、「七つの大罪 天空の囚われ人」の紹介でした。

皆さんもぜひ劇場に足を運んでみては? また、円盤なども購入してみてはいかがでしょうか?

「ここまで読んでくれた方、ありがとうございました<(_ _)>」

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    1,253人の購読者に加わりましょう

  • どうも、赤の魔導書の管理人です。
    私は、アニメや漫画、ラノベ、アニメ映画など、見たり読んだりするのが好きで、「一人でも知らない人にこんなすごい作品があるんだ!!」という思いを伝えたくて、このサイトを立ち上げました。

    文章力など未熟ですが、日々(多分)頑張っているのでよろしくお願います。また、いつも赤の魔導書を見てくださっている皆様本当にありがとうございます。

PAGE TOP ↑